新型AIチャットボットChatGPTの高性能が評判に
Licensed under the Unsplash+ License

新型AIチャットボットChatGPTの高性能が評判に

30日、OpenAIは、同社の大規模言語モデルGPT-3の対話ベースのAIチャットインターフェイスChatGPTを発表した。現在、テスト期間中で、OpenAIのアカウントで無料で使用できる。

吉田拓史

30日、OpenAIは、同社の大規模言語モデルGPT-3の対話ベースのAIチャットインターフェイスChatGPTを発表した。現在、テスト期間中で、OpenAIのアカウントで無料で使用できる。ChatGPTはユーザーフレンドリーな会話型インターフェースを提供している。

OpenAIの2年前に発表されたOpenAIのGPT-3は、欠陥はあるものの非常に高性能で、AIが人間のように説得力のある文章を書けることを示した最初の例と言える。OpenAIはGPT-3の改良版である未発表の「GPT-3.5」をベースにした一連のAIモデルを展開しているが、ChatGPTもその一つだ。

GPT-3の後継となるGPT-4は、近い将来、おそらく2023年にも発表される予定だ。GPT-3の後継となるGPT-4は、近い将来、おそらく2023年にも発表される予定だ(12月9日まで米国で開催されているる機械学習分野における世界最高峰の国際会議の一 つであるNeurIPS 2022で発表されるという噂もある)。

ChatGPTはまた、多くの潜在的に有害な質問(ヘイトスピーチ、暴力的な内容、爆弾の作り方などのトピックに関連する)に対する回答を拒否する。その回答は、その「プログラミングと目的」に反するからだ。OpenAIは、すべての入力の前に配置される特別なプロンプトと、人間が生成した回答をどう評価するかによってAIモデルを微調整できるRLHF(Reinforcement Learning from Human Feedback)という手法の両方によってこれを実現した、とブログで説明している。

ChatGPTは日常的な質問に回答してくれる一方、コードの誤りを修正したり、コードを書いたりというGitHub Copilotの機能も実現している。

これまでのところ、人々はChatGPTを使いこなし、さまざまな潜在的用途を見つけると同時に、その脆弱性を探っている。ChatGPTは、詩を書いたり、コーディングの間違いを詳しい例で訂正したり、AIアートのプロンプトを生成したり、新しいコードを書いたり、1940年代のギャング映画に出てくる早口の賢人のスタイルで、バブルソートアルゴリズムの最悪の場合の複雑性を説明したりできることが確認されている(下記ツイート)。

早速、私もChatGPTにいろいろなことを尋ねてみた。ChatGPTの反応はシャープで、しかも、回答に違和感がない。GPT-3の文章生成と比較すると、雲泥の差である。

色々いたずらのようなこともやってみた。様々なアプリケーションの基盤とできる大規模なAIモデルを指す「Foundation Model」(基盤モデル)であるGPTに対して、Foundation Modelが人工知能の未来どう影響するか聞いてみると、やはり楽観的な見方をしていることがわかった。もしかしたらポジショントークなのかもしれない。

次に検索の代替になるかを探るため、「会社休眠」のやり方を訪ねてみた(弊社は最悪の場合来年4月に会社休眠する可能性がある。ChatGPTの言葉に従うだけでそれが実現できるなら最高だ)

悪くはないが、この回答では追加の検索が必要になってしまう。楽をしたいので、「必要な手続き」に的を絞って再度尋ねてみた。

ChatGPTは似たような回答をし、地方自治体に問い合わせるよう求めている。ChatGPTは打ち出の小槌ではなく、追加の検索や情報収集が必要になることは明白だ。そもそも、検索器ではなく自然言語処理(NLP)モデルなので当たり前である。しかし、嘘は言わず、探すべき情報の範囲は明確に狭めてくれているため、何かを知りたい時に最初に尋ねる相手としては問題がない。

NLPモデルが検索を行う別のモデルとの協力によって、我々に質問に対し、より効果的な回答を返すように進化する可能性は否定できないだろう。

GPT-3と同様、GPT-3.5は権威あるように聞こえる方法で、存在しない本やその内容に関する詳細などを完全にでっち上げるようだ(下記ツイート)。それでも、ChatGPTの出力品質は、以前のGPT-3モデルよりも顕著な改善を示していることのコンセンサスは取れている。