NLP

自然言語処理は、人間が日常的に使っている自然言語をコンピュータに処理させる一連の技術であり、人工知能と言語学の一分野である。形態素解析、N-gram解析、構文解析、意味解析・意味理解、格文法などの他、近年ではディープラーニングの活用により急速な進歩を遂げている。

吉田拓史
無料会員 公開

新参UAEが言語AIでMeta超え 一躍「民主化」の旗手に

大流行の言語AIをめぐる競争で、アラブ首長国連邦(UAE)が突如として最も優れたモデルを発表し、広く公開した。AI界を席巻し続けた米国勢に、新参の中東勢が先行し、「民主化」を主導する異例の展開だ。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国は生成AIでどこまでやれるか?[英エコノミスト]

北京とワシントンの宣伝文句を聞けば、米国と中国は技術的な覇権をめぐって全面的な競争を繰り広げているようだ。ジョー・バイデン大統領の国家安全保障顧問であるジェイク・サリバンは、昨年9月、「基本的に、今後10年間は一部の技術が非常に重要な役割を果たすと我々は考えている」と宣言した。2月には、中国の最高指導者である習近平が、「国際的な科学技術競争に対処し、高いレベルの自立と自己改善を達成する」ために、「基礎研究を強化し、重要な技術問題を解決することが緊急に必要」と述べて、この気持ちを代弁した。 人工知能(AI)ほど、今、太平洋の両岸の政策立案者を夢中にさせているテクノロジーはないように思える。ChatGPTのような「生成型」AIは、ウェブ上にある人間のテキスト、画像、音声を分析し、ますます通用するシミュラークルを作成することができるが、その能力は急速に向上しており、その強迫観念はさらに強くなっている。もし生成AIが、その支持者たちが主張するような変革をもたらすとしたら、このテクノロジーは、21世紀の地政学的競争において、それを操る者に経済的・軍事的優位性をもたらすかもしれない。欧米と

吉田拓史
無料会員 公開

Google、25製品にAI投入でMicrosoftとOpenAIに反攻

「検索の牙城においてOpenAIとMicrosoftの連合に侵略をされている」というのが最近のGoogleの評判である。同社のアンサーは、年次開発者会議での25製品のAI化宣言だった。熾烈なAI戦争は新たな一幕を迎えようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

オープンソースのゲリラ勢がAI開発競争でGoogleとOpenAIを圧倒する?

コンサルティング会社SemiAnalysisが手に入れたGoogleの社内文書が波紋を広げている。文書は、GoogleとOpenAI/Microsoftの双方が、オープンソース陣営の「ゲリラ兵」に圧倒される可能性を示唆している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Bing AIチャットボットはユーザーが画像を投稿し、その画像について質問できるようになる

Microsoft Corp.は、OpenAIベースの新しいBing検索とチャットを試すための待ち行列をなくし、画像リクエストや投稿機能などの機能を追加して、市場で再び盛り上がりを見せるBingを持続させようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

いかにして生成AIはゲーム産業を変えているか

生成AIはゲーム業界を変えている。ゲーム全てをAIが生成するのは難しいが、ユースケースは多くあり、独立系から大手までがこぞってベストプラクティスを探している。

吉田拓史
無料会員 公開

ブルームバーグ独自AIの衝撃:金融・メディア業界に激変の兆し、ドメイン特化型LLMの可能性拡張も

ブルームバーグ独自の大規模言語モデル(LLM)は金融とメディア業界を震撼させようとしている。これまで人手を費やしていた仕事が機械に巻き取られ、人類はよりクリエイティブな仕事を要求され得る。同時にLLMを様々なドメインに特化させることが示す莫大な利益の新たな証拠となった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国、ChatGPTのようなAIサービスにセキュリティ審査を義務化

中国は、生成型AIサービスの運用を許可する前にセキュリティーの審査を義務付ける計画で、バイドゥを含む国内最大のハイテク企業が発表したChatGPTのようなボットに不透明感を与えている。

編集部
無料会員 公開

GPT-4、5年分の日本の医師の国家試験に合格

ワシントン大・札幌心臓血管クリニック・東北大・イェール大学の研究者グループによる未査読論文では、過去5年間にわたる試験で複数の大規模言語モデル(LLM)をテストしたところ、GPT-4は5年分全てに合格した。

編集部
無料会員 公開

AI界重鎮とマスクら、大規模言語モデル(LLM)開発の6カ月休止を求める

AI界の重鎮とイーロン・マスク、業界幹部のグループは、OpenAIが新たに発表したGPT-4よりも強力な大規模言語モデル(LLM)のトレーニングを、社会と人類に潜在するリスクを排除するため、6カ月間休止するよう公開書簡で呼びかけた。

吉田拓史
無料会員 公開

トヨタ、Alexaを廃止しChatGPTへの移行を模索

トヨタが人気車種でAlexaのサポートを打ち切った。大規模言語モデル(LLM)駆動のChatGPTが、最近までもてはやされていたAlexaやSiriのようなバーチャルアシスタントをあっという間に駆逐した格好だ。

吉田拓史
無料会員 公開

GPT-4の一部データが秘匿され、他社の追随が懸念される

話題沸騰のGPT-4の「論文」がモデルに関するデータを公開せず、批判が湧き上がっている。オープン性はAIの安全性と技術革新の点で社会的意義があったと考えられるが、他社が追随すればそれらは失われるだろう。