米国と中国の間で緊張が高まるにつれて、 数百万人のAppleの顧客と同社の製造プロセスを含むAppleの中国事業が危険にさらされる可能性がある。Appleは他の企業と異なり、中国政府のライセンスや中国国内の現地パートナーを介さずに、App Storeをはじめとする多くのサービスを運営することに成功しているが、The Informationの報道は、中国政府はその抜け穴を塞ごうとしていると明らかにしている。

Appleは今月初めに中国のApp Storeから47,000以上のアプリを削除した。中国の同社の動向を追跡するメディアAppInChinaの報道によると、Appleは7月1日までに政府からゲームライセンスを確保していない有料ゲームを中国のApp Storeから削除すると宣言し、8月1日からライセンス未取得のゲームの排除を開始した。

中国のApp Storeから削除されたゲームアプリ(デイリートレンド)。 8月の最初に26593のアプリが削除された。Source: AppleChina.

Appleは以前は、たとえそれが中国政府の許認可を得る前であったとしても、有料ゲームやアプリ内購入を含んだゲームを販売することを事実上、許可していた。

中国の法律では、アプリストアは中国のパートナーが過半数を所有し、運営するジョイントベンチャーとされている。また、サードパーティの開発者によるすべてのアプリケーションは、現地の法律に従うように審査されなければならない。

報道によると、Appleはこのガイダンスに従ったことがなかったという。Appleはアプリを事前にスクリーニングしておらず、サードパーティの開発者は「中国のビジネスライセンスやコンテンツライセンスを取得する必要はない」としてきた。中国の他のアプリストアはこのガイダンスに従っている。

Appleは2013年に中国でApp Storeの法人設立を検討していたが、Appleの幹部は「そのような行為はApp Storeのコントロールを失うことになる 」と考え、その時点ではそれを退けた。しかし、2018年の米中貿易戦争の中で、Appleは事業体を登録したものの、「過去2年間、中国当局に申請を承認してもらうことができなかった」と報道は伝えている。

規制当局がApp Storeに入るものを承認する権限を求めていることが事業体に認可が降りない理由だという。

この問題に精通している人々によると, 中国当局は、Appleが規制当局がApp Storeに入るものを承認できるようにするより多くの譲歩を行うまで、彼らはそれを付与しないだろうと述べている。 しかし、Appleの幹部は、それが北京にそれが中国で公開しているアプリをより多くの力を与えるだろうとして、その現在の慣行を変更することに消極的である、と彼らは言った。(吉田抄訳)

"この問題が解決されるまでは、中国の規制当局が150万個近くのアプリを含むChina App Storeを閉鎖する危険性がある "と記事は指摘している。

このような理由から、Appleは中国政府の意向をくんで最近これを変更し、ゲームアプリを削除している。

これはAppleが中国政府からの強制に応じた最初の例ではない。 例えば, 中国の規制当局は、Appleがサービスを開始したわずか6ヶ月後、2016年4月に中国でiBookstoreとiTunesの映画をシャットダウンするようにAppleに命じたことがある。

しかし、中国でのApp Storeの運営は依然として独自の抜け穴に依存している、と報道は主張している。中国における海外のApp Storeは通常、過半数の所有者と運営者である中国のパートナーとの合弁事業であることが求められているが、Appleは独自にApp Storeを運営している。Appleはまた、どうやらこれまで中国とiOSのソースコードを共有することを避け、そうする必要がないように中国政府と免除を交渉してきた。

最近、トランプ政権は中国のテック企業に対して攻撃的な行動をとっており、一部の企業が米国でビジネスを行うことを困難にしている。トランプ大統領は今月初め、中国のテック大手ByteDanceとTencentが所有するTikTokとWeChatを米国内で禁止する執行命令を出した。また、トランプ政権は中国の携帯電話メーカーHuaweiに対する規制を強化している。

中国側でも同様の動きが生じ、Appleの特権が失われる日が来るかもしれない。

Photo by Apple