Epic Gamesは23日、Appleはフォートナイトの訴訟に関して、Unreal EngineのiOSとMacのサポートを停止することで、ゲーム開発者のエコシステム全体を脅していると主張する申立書を裁判所に提出した。

この申立書と同時にマイクロソフトは、Appleが停止すると脅す、Epic Gamesの開発者ツールへのアクセスを継続しないと広範なゲーム開発者に損失が及ぶ、と訴える準備書面を提出していた。

マイクロソフトがUnreal EngineのAppleツールへのアクセス継続を支持
マイクロソフトは23日、Epic GamesのUnreal EngineのサポートをAppleが打ち切るのを阻止するため、Epic Gamesを支援する準備書面を提出した。マイクロソフトは、Project xCloudをiOS上でアプリとして提供を試みたが、Appleは最終的にそれを拒否していた。

Epic は、この訴訟が進行中の間、Apple がこのアクセスを取り消すことを差し止めるよう裁判所に求めている。Appleは金曜日にこの要請に応じ、以前に述べたポリシーを実施していることを強調しているが、iOSのサポートが危険にさらされていることは否定していない。

Epicは、申立書の中で、サポートを削除することは、不必要に懲罰的であると主張している。 Epicの「Unreal Engine」上に構築されているが、この事件に直接の関心を持っていない開発者に影響を与える。「Appleの報復の広範さは、それ自体がその独占を維持し、Appleに反対する勇気がある可能性がある他の人による行動を取りやめさせるための違法な努力だ」と申立書は記述している。

申立書は、Appleの開発者ツールへのEpicのアクセスを取り消すことがどのように悲惨なことになるかを強調しており、同時に提出されたゲーム開発者の側面をもつマイクロソフトの準備書面がこの主張を支持する形をとっている。

Unreal Engineを使用している開発者は、アクセス権が剥奪されると、セキュリティ上の欠陥を修正したり、バグを修正したりすることができなくなり、マイクロソフトの『Forza』を含む幅広いゲームのサポートが事実上停止してしまうことになる。

マイクロソフトのゲーム開発者エクスペリエンス担当ゼネラルマネージャーであるKevin Gammill「また、Unreal Engine と、Unreal Engine を使用してゲームを開発している、または開発中であり、Unreal Engine を使用してゲームを開発する可能性のあるゲーム クリエイターは、かなり不利な立場に置かれることになります」と準備書面の中で述べている。

Appleは21日、Epic Gamesの訴えに反論し、Epicの申し立てを却下するよう裁判所に求めた。Appleは、EpicがAppleのルールに違反してフォートナイトを通じて直接支払いを受け入れることで、誤った「緊急事態」を作り出したと主張している。裁判所の申し立てによると、Appleは、Epicがサイドレターによる自分自身にだけ特別な取引を求めたメールを開示し、一律のルールを捻じ曲げようとしているとEpicを非難した(ただし、下院での独占禁止に関する公聴会で、Apple App Storeは、アマゾンとアマゾンプライムビデオのアプリに対して、特別な条件を認めていることが明らかにされている)。

「Epicがここで行ったように、Appleを欺こうとする開発者は解雇されます」とAppleの準備書面は述べている。「Epicが行ったように、開発者がAppleのデジタルチェックアウトを回避する方法を見つけた場合、万引きされた製品の代金を支払わずにAppleの小売店を出た場合と同じです。Appleは支払いを受けません」とAppleは、万引と「同等の行為」との主張を展開している。

Photo: "Tim Sweeney, Founder, Epic"by Hot Grill is licensed under CC BY-NC-SA 2.0