米国時間の19日、Appleの株式が昼間の取引で468.65ドルに達し、2兆ドルの時価総額に到達した最初の米国企業になった。しかし、株価はその後減少し、フラットのまま終了した。

3月中旬には、コロナウイルスの恐怖で株式市場が急落した後、Appleの価値は1兆ドル以下になっていた。株式市場が底を打った3月23日、米連邦準備制度理事会(FRB)は投資家を落ち着かせるための積極的な新たな措置を発表した。それ以来、株式市場は、特にアップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、フェイスブックなどの株が大きく上昇し、S&P500は火曜日に新高値を更新した。これらの5つの企業の合計の価値は、3月23日以来、ほぼ3兆ドル膨らんでいる。

Appleが1兆ドルに到達するのに42年かかったが、そこから2兆ドルに到達するのには2年しかかからなかった。世界経済はコロナウイルスの大流行でこれまで以上に速く縮小しているにもかかわらず、アップルはこの21週間で時価総額を1兆ドル伸ばした。

バークシャー・ハサウェイ, ウォルマートとディズニーを含むS&P 500の最も価値のある企業50を合計したのとほぼ同じ時価総額の成長を5社で享受している。市場分析会社S&Pグローバルによると、アップルの時価総額だけで約6.8億ドル/日に上昇しており、一日の上昇幅だけで、アメリカン航空の価値以上になる。

1976年にスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックによって設立された同社は、Macintoshコンピュータ、iPod、App Store、iPhoneなどの世界を変える製品を生み出した。それ以来、アップルWatch Series 5やAirPods Pro、iPhone 11 Pro Maxなどのガジェットを販売している。

ハードウェアの販売だけでは成長に限りが見えた近年は、音楽のストリーミング、映画やテレビ番組のストリーミング、ニュースの提供などのサービスにも力を入れており、それらの購読料を徴収するビジネスに拡大している。

Appleはまた、iPhoneのアプリ上でビジネスを実行する企業からより多くのお金を抽出することによっても多大な収益を上げてきた。フォートナイトの開発者エピックゲームズのようなベンダーは、アプリの収益の30パーセントを徴収する「アップル税」は不公平であるとして提訴しているが、それはアップルの支配力の裏返しでもある。

アップルとグーグルがフォートナイトをストアから排除
アップルは13日、開発者がアップルの標準的な30%の手数料を回避する独自のアプリ内課金システムを実装したため、Epic Gamesのバトルロイヤルゲーム「Fortnite」をApp Storeから削除した。

アップルはまた、自社株買いで株主に利益を還元してきた。会社の価値が1兆ドルに達して以来、アップルは株主に1756億ドルを還元してきたが、その中には1410億ドルの自社株買いも含まれている。Appleは2012年以降、3600億ドル以上の自社株買いを実施しており、これは他のどの企業よりも圧倒的に多く、少なくとも数百億ドル以上の自社株買いを実施する計画を発表している。

アップルは、海外に保持していた2520億ドルのほとんどを持ち帰るため、トランプ政権の税法の抜け穴を使用して以来、自社株買いを増加させている。ワシントンの研究グループ「Institute on Taxation and Economic Policy」によると、トランプの税制は移動中に430億ドルの税金を節約するのに貢献した。

株式の買い戻しは一般的に企業の株価を上昇させるが、これは売りに出される株式の数を減らすことができる。

アップルは、2兆ドルを突破した2番目の上場企業である。サウジアラビアの国営石油会社であるサウジアラムコは12月に公開され、わずかにマークを超えた。アップルが先月追い抜くまで、サウジアラムコは世界で最も価値のある企業のままだった。

Photo by Apple