Apple、メタの引き抜き対策の臨時ボーナス支給
This file is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license.Attribution: Joe Ravi

Apple、メタの引き抜き対策の臨時ボーナス支給

ビッグテックの中でも控えめな報酬体系のAppleは、メタによる引き抜きでエンジニアを失っているが、最近、引き抜き対策と観られる一部のエンジニアに臨時ボーナスを提供した。

編集部

要点

ビッグテックの中でも控えめな報酬体系のAppleはメタによる引き抜きでエンジニアを失っているが、最近、引き抜き対策と観られる一部のエンジニアに臨時ボーナスを提供した。


Appleは昨年末、シリコン設計、ハードウェア、および一部のソフトウェアとオペレーションの部署に所属する一部のエンジニアに、周期外のボーナスを通知したとブルームバーグが報じた。このボーナスは、譲渡制限株式ユニット(RSU)として発行されているとのこと。RSUは付与後3、4年で権利が確定するため、Appleに留まるためのインセンティブとなる。

このボーナスは約5万ドルから最大で18万ドルに及ぶ。エンジニアの多くは、およそ8万ドル、10万ドル、12万ドルに相当するRSUを受け取ったと、ブルームバーグが引用した関係者は述べている。この特典は、管理職が高い業績を上げた人への報酬として提示したものだという。

Appleは、シリコンバレーやその他の地域の企業と人材争奪戦を繰り広げており、特にメタが脅威となっている。報道によると、メタはここ数ヶ月の間にAppleから約100人のエンジニアを採用している。これは一方通行ではなく、Appleもメタの主要社員を引き抜いている。

今回の報酬は、基本給、RSU、キャッシュボーナスを含む通常のAppleの報酬パッケージの一部ではない。Appleは従業員に追加の現金ボーナスを支給することがあるが、今回の株式交付の規模は非典型的であり、驚くべきタイミングであったという。該当する部門のエンジニアの約10%から20%に与えられたという。

このボーナスプログラムは、株式を受け取っていないエンジニアや、選考プロセスが恣意的であると考えるエンジニアたちを苛立たせている。一部のボーナスの価値は、一部の技術管理者に与えられる年間株式付与額に匹敵する。また、Appleの株価が上昇し続ければ、その価値は高まる。今年、Appleの株価は36%上昇しており、同社の時価総額は約3兆ドルに達している。

Appleの報酬体系は他のビッグテックと比較すると、派手さに欠けると言われている。ビッグテックの中でも最も若い企業であるメタは、対照的に報酬の気前がいいとされている。

両社はAR(拡張現実)・VR(仮想現実)ヘッドセットやスマートウォッチの分野で、今後2年間に大規模なハードウェアのリリースを予定しており、熾烈なライバルとなる可能性がある。

メタは、Appleの拡張現実、人工知能、ソフトウェア、ハードウェアのエンジニアリング部門からエンジニアリングの人材を引き抜こうとする動きを強めている。Facebook、Instagram、WhatsAppを運営するソーシャルメディアの巨人は、ハードウェアといわゆるメタバースに焦点を絞るために、大幅な昇給を提示しているという。

また、Appleの自動運転車チームなど、他の分野でも人材の流出が起きている。Appleは、自動車、VRおよびARヘッドセット、iPhoneの将来のバージョンなど、複数の次世代デバイスの開発に取り組むにあたり、エンジニアリングの能力を維持する必要がある。

Apple自動車部門に暗雲漂う
Appleの自動車プロジェクトはこの数週間で3人の主要エンジニアを失った。それ以前から上級職の離職が続いており、秘密主義のベールに隠されたプロジェクトに懐疑の視線が注がれている。

一方で、Appleのオフィス復帰への鼓動は、一部の従業員には耳障りで、エンジニアリングの離反につながっている。アップルは、社員の復帰期限を延期したものの、他のテクノロジー企業よりも対面での仕事に対して厳しい態度をとっている。

Appleは、企業の従業員には少なくとも週3日はオフィスで仕事をしてほしいとしているが、ハードウェアのエンジニアは週4〜5日の勤務が求められる。メタや他の企業は、もっと緩い方針をとっているようだ。

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま