鳴り物入りの仮想通貨ゲームAxie Infinityが崩壊した経緯
「プレイ・トゥ・アーン(遊んで稼ぐ)」ゲームの代表格だったAxie Infinityが崩壊。Image via Axie Infinity.

鳴り物入りの仮想通貨ゲームAxie Infinityが崩壊した経緯

「プレイ・トゥ・アーン(遊んで稼ぐ)」ゲームの代表格だったAxie Infinityが崩壊した。「デジタル小作農」を続出させるネズミ講的なゲームデザインからユーザーが離反する中、巨額の窃盗に合い、持続不能になってしまった。

吉田拓史

ストリーミングが発達する前からゲームで稼ぐ方法はあった。アカウントやアイテムを取引したり、ゲーム内の資源を「養殖」して他のプレイヤーに販売したり、タスクを自動化するボットを提供したりと、プレイ時間を現金に換える地下市場は長い間栄えてきた。

ゲームが仮想通貨(暗号通貨)を報酬システムに組み込むだけでなく、トークンやNFTなどのデジタルアセットを中心に完全に構築し始めたのは、ここ1年ほどのことだ。 プレイヤーはビデオゲームをプレイすることで直接収益を得ることができ、デジタル資産を獲得し、それを取引することができる、と喧伝された。

Redditの共同設立者であるAlexis Ohanianは、今年の初めにポッドキャストで、「90%の人は、その時間に適切な評価がされない限り、ゲームをプレイしないでしょう」と語っている。「5年後には、自分の時間を実際に適切に評価し、広告のために収穫されたり、実際には所有していない愚かなハンマーを買うためにドルを騙し取られたりする代わりに、同じように楽しいが、実際に価値を獲得し収穫者となる、オンチェーン同等のゲームをプレイすることになるでしょう」

Axie Infinityは間違いなく、このプレイ・トゥ・アーン・ゲームの旗手である。ベトナムのゲームスタジオSky Mavisが開発したAxieは、Axiesと呼ばれるモンスターのNFTを中心にチームを形成し、そのバトルでSmooth Love Potion(SLP)トークンを獲得するゲームだ。このゲームは、SLP、Axieのガバナンストークン(AXS)、Roninのネイティブトークン(RON)の高速かつ安価な取引を促進するために、Roninと名付けられた独自のブロックチェーンを備えている。Axieやその他のゲーム内アイテムはNFTで表現され、ゲーム内マーケットで売買することができる。

しかし、「プレイ・トゥ・アーン」(遊んで稼ぐ)の台頭は、一部の人が言うほど明確なものではない。Axie Infinityのコア・トークンやAxie NFTの取引価格は、昨年のピーク時から一貫して下落を続けている。最近のハッキングは、価格下落の圧力をさらに強める恐れがある。Axieのゲーム内経済はいま破綻の危機に直面しているのだ。

Axie Infinityのプレイ画面
Axie Infinityのプレイ画面

「奨学生」という名の小作農

Axie Infinityを始めるには、Axie NFTを3つ購入する必要がある。この投資は、暗号通貨市場が強かった時代には、1000米ドルを優に超える額だった。現在では、300ドル前後で購入できる。Axieはまた異なる形質の選択とランダムな並べ替えを行い、その都度増える手数料で繁殖させることができる。より新しく、より強いAxies NFTは、チームで使用するために鋳造したり、マーケットプレイスで販売したりすることができる。

しかし、誰もが十分な資金を持っているわけではない。そのため、自分のAxiesを買えないプレイヤーに貸し出し、そのプレイヤーが生み出す利益の20~50%を分配することもできる。Axie Infinityの共同設立者であり最高執行責任者のAleksander Larsenによれば、「毎月の報酬に基づき、プレイヤーごとに30~75%の割合でカット」されるという。これらのプレイヤーは「奨学生」と呼ばれ、その支援者は、数人の奨学生を雇用する場合もあれば、何十人、何百人もの奨学生を働かせて大規模な運営を行う場合もあり、自らを「マネージャー」と呼んでいる。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

奨学金は正式な仕様ではなく、コミュニティが開発したプログラムだ。一部のプレイヤーは単にAxiesを繁殖させたり、Axiesを持ちすぎたりしているが、多くのプレイヤー、特にフィリピン、ベネズエラ、タイといった国のプレイヤーは、ゲームのプレイヤーベースの半分以上を占めており、Axieチームを購入する余裕がないと推定される。

Axie Infinityのマネージャーで、暗号取引を記録するYouTuberのConor Kennyは、9月の動画では「私は奨学生を雇っている」と熱っぽく語っている。「今のところ、Axie Infinityはポンジ・スキームだ。新しいプレイヤーが入ってくることで成り立っている」と語っている。

Axie Infinityでは、トークンの価値が下がれば下がるほどリターンが少なくなるため、ポンジスキームに似ているという考えは昨年から唱えられてきた。Axie Infinityの経済は、以前からいた人たちに利益を提供するために、新しい人たちが参加する必要がある。この新しい人たちは「奨学生」と呼ばれる小作農にならなければならず、利益を増やすためには新しい「奨学生」を引き込まないといけない。

「小作農プレイヤー」を束にするビジネスモデルが登場

Axie Infinityに大量の奨学生を送り込むグループがいる。2021年4月に発足したフィリピンのプレイヤーギルド「Yield Guild Games(YGG)」は、発足一ヶ月で奨学生が1,000人になり、1万人以上の奨学生で年を越したと2021年の回顧録で明らかにしている。3月にはVCのDelphi Digitalが参加したシードラウンドで130万ドルを調達し、その後BITKRAFTが主導する400万ドルのシリーズAラウンド、さらに米VCのアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が主導する460万ドルのラウンドを経て、現在に至っている。また、YGGは7月に公開トークンセールを行い、31秒で1,250万ドルを調達し、2021年12月には他の暗号トークンの保有を経て自立分散組織(DAO)で8億2,400万ドル相当の資産を保有している。

2021年9月のCoinbaseのブログ記事には、YGG創業者のGabby Dizonは、Yield Guild Gamesは「一部Berkshire Hathawayで一部Uberだと言うのが好きだ」とある。

Axie Infinity, Yield Guild Games & the play-to-earn economy
Exploring the growth of NFT games and the play-to-earn economy. Plus, a look at NFT marketplace activity and the Poly Network exploit.

Coinbaseは続けてこう付け加えている。「バークシャー・ハサウェイが多数の事業の持株会社であるように、YGGは本質的にプレイ・トゥ・アーンのゲーム資産の持株会社である。2020年から、利回りを生み出すNFTやガバナンストークン、有望なゲームプロジェクトやプロトコルのオーナーシップステークスを購入している。Uberが運転で稼ぎたい人と乗り物を必要としている人をペアにしているのと同様に、YGGはゲームで稼ぎたい人と、プレイ・トゥ・アーンのゲームで稼ぐために必要なNFTをペアにしている。世界の多くの地域で、人々はUberよりもYGGで働くことを選んでいる。給料が高いからだ」。

言い換えると、YGGが抱える奨学生はUberの最低賃金以下で働くギグワーカーと遜色ないといえる。

ギグワーカーとは 実態が捕捉されない低賃金労働者
ギグワークは、伝統的な長期的な雇用主と雇用主の関係の外で収入を得る活動で構成されている。米国の労働者の20〜30%はギグワーカーとして労働した経験があるが、その実態の公的な記録が残っていないため、労働者の権利保護などに課題がある。

崩壊寸前のゲーム内経済

Axie Infinityの経済は、今こそ抜本的かつ決定的な対策を講じなければ、完全かつ永久的な経済崩壊を招く恐れがある。

例えば、Axie InfinityのNFTは、取引量が見事に崩壊している。4月に400万ドルだった取引高は8月に8億4800万ドルに急増し、11月の7億5300万ドルの第二のピークを前に崩れ落ち、ついに2月には8200万ドルまでコンクリートブロックのように落ち込んだ。3月に入っても出来高は回復していないようで、取引額はさらに減少し、3,000万ドルにも満たない。Axie NFTのフロア価格は、史上最高値の0.24ETHから96%下落し、現在は0.01ETH付近に位置している。

7月に0.39ドルの史上最高値を記録して以来、SLPはほぼ100%暴落し、2月まで0.01ドルにとどまっていた。開発チームは、トークンやNFTの価格とユーザーベースを救済するために必死になって経済モデルの重要な根本的変更を発表した。これは、コインが0.039ドルの最近のピークまで上昇するきっかけとなったが、それでも過去最高値の10分の1であった。この復活劇はその後消滅し、価格は0.02ドル前後で数週間推移している。

2月3日のSubstackの投稿で改革の数々を発表したSky Mavisは、2月9日から、SLP報酬を一部のゲームモードから完全に削除し、他のゲームモードでは大幅に削減すると述べている。その目的は、SLPの日々の生産を減速させ、上限を設け、最終的に膨らませ、トークンの価格を低落のスパイラルから救い出すことだった。

Upcoming Season 20 & Economic Balancing Adjustments
Key Points Adventure mode SLP will be sunset (reduced to 0). This includes rewards for first time completion. Daily quest SLP will be sunset (reduced to 0). Arena reward structure will be changed dramatically (reduced SLP rewards and AXS leaderboard massively expanded).

「私たちは、これが痛みを伴う薬であることを知っている」とブログ投稿は述べている。「Axieの経済は今、思い切った決定的な行動を必要とし、さもなければ完全かつ永久的な経済崩壊の危険がある。それははるかに痛みを伴うだろう」

この苦境は、Axieのエコシステムを揺るがした最近の大規模なハッキングによってさらに複雑になっているかもしれない。3月23日にRonin Networkから17万3,600ETH(約5億8,800万円)とUSDCというステーブルコイン2,550万枚が盗まれたが、気づいたのは3月29日のことだった。Roninはいわゆる「サイドチェーン」で、行動のたびにイーサリアムで高額な手数料を負担することなく、Axie を利用できるように設計されている。ハッカーは、イーサリアムとRoninの間で資産を移動させることができるRoninの「ブリッジ」から流動性を抜き取り、ブリッジとその提携するKatana分散型取引所がともに機能停止に追い込まれるに至った。これは、Binanceを含め、入出金が一時停止され、このゲームのコアトークンが過去1年間でその価値のほとんどを失ったにもかかわらず、このゲームに賭けてきた人々の資金が足止めされることを意味する。

Roninのネイティブ暗号通貨であるRONは、ハッキングのニュースを受けて29%も暴落した。SLPの価格は14%も下落した。AXSはピーク時で11%の下落を記録した。

ゲーミング調査・コンサルティング会社Naavikの調査報告書では、低レベルのプレイヤーや始めたばかりのプレイヤーにとって、Axieを毎日プレイしても、フィリピンの最低賃金の仕事よりも少ない収入しか得られないと結論づけている。しかも、これは、価格が0.06ドルから0.08ドルの間で変動していた11月のことだ。

Axie Infinity: Infinite Opportunity or Infinite Peril? — Naavik
This is a sample report from Naavik’s brand new Blockchain Games research service. Part 1 is a Monthly Market Update that covers notable data, industry developments, and great resources. Part 2 is our definitive deconstruction of Axie Infinity, which includes analysis on the game design, tokenomics,

「つまり、Axieのビジネスモデルは、今のところ、ユーザーベースの継続的な成長と、Axies、AXS、SLPの価値を支えるためにシステムに入る新規参入者のお金の継続に依存している」と、Naavikは書いている。「新規ユーザーの増加ペースも重要で、Axiesの育成や新規プレーヤーへの販売が減速すれば、収益の減少につながるからだ。今後数カ月は、新規ユーザーの急増がない限り、このような結果になる可能性が高い。これは持続不可能だ」

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する