Baidu、広告が復調・クラウドが成長、2020年第4四半期決算

中国の検索の巨人Baiduは17日、第4四半期の決算報告を発表した。広告の販売が回復し、クラウドサービスが成長し、前年同期比5%の収益増加を報告した。総収益は前年同期比5%増の303億人民元(約5,100億円)に達した。

Baidu、広告が復調・クラウドが成長、2020年第4四半期決算

中国の検索の巨人Baiduは17日、第4四半期の決算報告を発表した。広告の販売が回復し、クラウドサービスが成長し、前年同期比5%の収益増加を報告した。

総収益は前年同期比5%増の303億人民元(約5,100億円)に達した。そのうちコア事業の収益は231億人民元に達し、前年比6%増となった。コア事業のオンライン・マーケティング収益は189億人民元で、前年比横ばいとなった。コア事業のうち、非マーケティング収益は42億人民元に達し、クラウドなどのサービスが牽引し、前年比52%増となった。

Baiduの主力である検索事業からのオンラインマーケティング収益は189億元で、2019年同期と基本的には横ばいだった。非検索事業の収益は前年同期比52%増の42億元に跳ね上がり、クラウドやその他のサービスの売上に牽引されたと報告書は述べている。

しかし、Baiduの四半期の登録純利益は52億元で、前年同期比18%減となった。2020年に70%以上上昇した同社のナスダック上場株は、報告書発表後の水曜日の市場後取引で3.57%上昇し、319.70ドルとなった。

Baiduの動画ストリーミングユニットiQiyiは、四半期の売上高が前年同期比1%減の75億元となった。その加入者は第三四半期の終わりと比較されたときに310万人減り、1億170万人となった。

ロビン・リー最高経営責任者(CEO)は、Baiduがオンラインマーケティングサービスへの依存度を下げるために「クラウドサービス、自律運転、スマート交通、その他のAIなどの巨大な市場機会をつかむ」と述べた。

Photo: "baidu"by keso is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

700円/月の支援

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

https://www.paypal.com/paypalme/axionyoshi?locale.x=ja_JP

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou, 太郎, bantou.