中国のコンピュータ大手Lenovo Groupの元チーフエンジニアは、北京がNvidiaのソフトバンク所有のチップアーキテクチャ会社Armの買収をブロックする可能性があると考えていると、技術が米国の輸出規制の下に落ちることを懸念している。

「私は中国の商務省が買収を拒否すると信じている」と、中国の最高研究機関である中国工程院の倪光南が、鄭州で開かれた会議で発言した、と中国のニュースポータルSina.comが報じた。

倪光南氏は、中国の主要技術の自給自足を強く主張しており、もし米国企業がArmを所有している場合、中国はArmチップアーキテクチャを「快適に」使用することはできないだろうと述べている。

今月初め、ソフトバンク傘下のArmは、GPUやAIコンピューティングチップのリーダーであるNividaが400億ドルでArmを買収することで合意したと述べた。しかし、中国の独禁規制当局は、チップ設計ツールの供給で独占を生み出す可能性があることを前提に、この取引をブロックする可能性がある。中国の多くのウォッチャーによると、北京の主な懸念は、Armの技術が米国の輸出規制の下に置かれるリスクであるという。

中国と米国の関係は、長引く貿易摩擦が本格的な技術戦争に発展した後、ここ数十年で最も低い地点に達している。中国の通信業界の覇者である華為技術(Huawei Technologies)が世界のサプライヤーから半導体を購入するのを阻止した後、ワシントンは中国の大手ウェハーファウンドリーである中芯国際集成電路製造(SMIC)を攻撃している。

上海に拠点を置くチップメーカーは、中国軍との関係を疑われていることから、米国の技術へのアクセス制限に直面しており、同社はこれまで繰り返し否定してきた。

Armは2002年に中国に進出し、現在は市場で圧倒的な地位を占めており、収益の約20%を中国の顧客から得ているという。Arm UKの子会社であるArm Chinaのウェブサイトによると、Huaweiを含む200社の中国のライセンシーは、9月中旬の時点で190億台以上のデバイスを出荷している。

倪光南氏は、中国が半導体で「できるだけ早く」世界に追いつくことができると確信している」と述べた。しかし、彼はチップ技術が中国の弱点であると指摘した。「我々が直面している課題は、単一の製品や技術ではなく、独自の情報エコシステムを構築することである」。

倪光南氏はRISC-Vにも触れた。RISC-Vは完全にオープンソースでフリーなので、誰でも使える比較的自由で自由なライセンスを採用しており、誰でも独自に開発を行うことができ、産業化や商用化にかなり貢献している。

Arm買収でRISC-Vに漁夫の利
Armの持ち主の変化は一部の市場参加者から疑問視され、それはArmのライバルであるRISC-Vへの注目を高めることとなり、投資が活発化すると信じられている。
NvidiaによるArm買収の分かりやすい解説
Nvidia-Armの取引が認められた場合、スマホのエコシステムと学術機関が代替を探し始めるだろう。RISC-VはARMと同等の性能を持っていないため、業界は数年の間苦しむことになる。それでも、ARMが何年もかけて閉鎖的になっていく中で、RISC-Vをより良くする方法を見つける人が出てくることは間違いないはずだ。
RISC-VがArmに取って代わる 命令セットオープン化の衝撃
RISC-VはARMの牙城を崩しかねない。チップデザイナーは、CPUの性能改善の速度が遅くなったいま、アプリケーション固有のプロセッサを作成して速度の低下を補うように圧力を受けている。RISC-Vコミュニティが提示する「ISAのオープンソース化」は、ARMのIPビジネスモデルに疑問を投げかけている。

Image via https://seuaa.seu.edu.cn/2019/0307/c1657a264799/pagem.htm