テック企業の「勝てば官軍負ければ賊軍」はどこまで許されるか?

勝者総取りのテクノロジー業界で勝つためには他のすべてを無視したスケールの追求が優先されると、リード・ホフマンは説きますが、この手法はこの数年間、テクノロジー企業の不祥事という形で露見しています。

テック企業の「勝てば官軍負ければ賊軍」はどこまで許されるか?

数年で数百億ドル規模の会社を作る方法を専門家リード・ホフマンが書いた『ブリッツスケーリング 苦難を乗り越え、圧倒的な成果を出す武器を共有しよう』。目標がそのような会社を作ることであるならば、著者が正しい戦略を持っていることを疑うことはできませんが、この本は、このようにして構築された企業がしばしば従業員と社会全体の両方で、実質的な外部性を生むことは当然のことである、と暗に想定されています。

本書の指摘を整理するとこのようになります。

  1. ブリッツ(電撃)スケーリングは速度と引き換えに効率を犠牲にすることについてである。目標は、規模を拡大し、ウィナー・テイク・オールの市場で勝者になること、つまり独占的な利益を享受する企業になることです。
  2. その過程で、"海賊 "のように軽快に動く必要があります。そのような動きは、いくつかの法令を無視することを意味しているのかもしれません(とある会社のように)。著者は、人は決して非倫理的なことをすべきではないと戒めていますが、悪い法律を無視することは倫理的であると主張しています。法律が悪いかどうかは誰が判断するのかは明言されていません
  3. また、その間は「悪しき経営を容認する」必要があります。他のことをしている暇はありません。
  4. 喫緊の火種と戦うだけで、他のことはすべて無視しなければならない。指数関数的に成長している限り、顧客サービスを無視してもいいことが多いと露骨にアドバイスし、PayPalでもそうだったと主張している。
  5. 迅速に採用するために(面接の時間を無駄にすることなく)、パートナー企業が採用している戦略についても積極的に語っている。
  6. 面接の時間すら無駄にせずに早く採用するため、現在の従業員のネットワーク内でトップブランド(大卒)の名前を持つ者のみを採用し、スキルの面接はわざわざ行わない。これは彼のパートナー企業が採用している戦略です。

ホフマンは最後の方に文化についてのセクションを持っていて、どのようにして多様な候補者を雇うべきかについて書かれています。例えば、ルーニー・ルール(要職の人選の際に、黒人や少数民族の候補者を必ず含めなければならない規則)を採用するとか、ブログラマーの文化がマイノリティ、家族を持つ人、お酒が嫌いな人などを追い出さないようにするなどが取り上げられています。

しかし、本書の残りの部分に書かれているアドバイスが、スピードの名の下に無数の犠牲を払っていることが、多様な文化や従業員基盤を支えることや、外部への害(負の外部性)を防ぐことと両立していないのではないかということについては、真剣に取り組んでいません。特に、スピードのために効率性を犠牲にするだけでなく、顧客や従業員など、お金から離れた人々に影響を与える問題を発見し、修正する能力も犠牲にしているのではないでしょうか。

同様に、最後の近くには、適切で倫理的な行動についてのセクションがあり、また、規模自体が悪いことになり得るかどうかについても書かれています。彼が大企業を支持する論点は、よくあるものです。規模があれば効率が上がり、より大きなデータがあれば、より小さな規模では不可能なアプリケーションが可能になるというものです。

『ブリッツスケーリング 苦難を乗り越え、圧倒的な成果を出す武器を共有しよう』(リード・ホフマン、日経BP)

彼らはさらに、現在のテック企業は独占企業ではないと主張しています。この議論は、企業が勝者がすべてを取るか、勝者がほとんどを取る市場で市場の勝者になる必要があるから、現在のような振る舞いになる、と主張しています。

最後に、著者は、政府がその国に拠点を置く企業を規制したり制限したりすることは自滅的であると主張しています。彼らは、米国議会がマーク・ザッカーバーグを呼んで彼が来るのと、欧州政府が証言を求めて彼が拒否するのとを例に挙げた。言い換えれば、もし強力なグローバル企業が存在するのであれば、他の国に拠点を置くのではなく、自分の国に拠点を置いてもらった方が良いということだ。

彼らの戦略は、ポジティブな企業文化の構築とは全く相容れないように思えます。おそらく最も決定的なのは、過去数年間に私たちが目にした様々なテック企業の不祥事は、経営の不備の産物ではなく、むしろ、勝利の名の下に行われた必要な犠牲という名の巻き添え被害を受け入れた結果だったことを示唆していることだ。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)