BYD、販売台数の急伸でテスラのライバルに

中国EVメーカーである比亚迪(BYD)は、EV販売台数の驚異的な伸びを報告し、注目を浴びている。2020年以降の同社の成長と、最近の海外市場への進出をみると、BYDは販売台数ではテスラを凌駕するシナリオを歩んでいる。

BYD、販売台数の急伸でテスラのライバルに
出典:BYD

中国EVメーカーである比亚迪(BYD)は、EV販売台数の驚異的な伸びを報告し、注目を浴びている。2020年以降の同社の成長と、最近の海外市場への進出をみると、BYDは販売台数ではテスラを凌駕するシナリオを歩んでいる。


BYDは香港証券取引所への提出書類で、9月の最新のEV販売台数を公開した。BYDは、先月、中国でなんと9万4,941台のバッテリーEV(BEV)を販売し、2021年9月(3万6,306台)と比較して214.45%増加したとしている。

BYDは全体として、9月だけで20万1,259台の新エネルギー車(NEV)を販売し、これは中国の自動車メーカーにとって記録的なことで、初めて単月で20万台を突破したメーカーとなった。さらに、9月の販売台数は7ヶ月連続で過去最高を記録している。BEVの総販売台数は、2021年9月と比較して185%以上増加している。

BYDの生産、販売台数。香港証券取引所提出書類
BYDの生産、販売台数。出典:BYD香港証券取引所提出書類
BYDの生産、販売台数。香港証券取引所提出書類
BYDの生産、販売台数。出典:BYD香港証券取引所提出書類

9月はBYDの新エネルギー車「DINASTY(王朝)」シリーズと「海洋家族」が販売の牽引役だった。 上海証券報によると、王朝シリーズの「漢」は9月に3万1497台を販売し、累計販売台数が33万台を突破、「唐」は1万5,058台で累計38万台、「宋」は4万6,475台で累計134万台、「秦」は3万9,515台で累計76万台、「元」は2万3,503台で累計37万台、「海洋家族」の「印」は7,473台で累計38万台と、いずれも販売台数が伸びている。「海洋家族」の9月の販売台数は、「SEAL(海豹)」が7,473台、「護衛艦05」が9,101台、「DOLPHIN(海豚)」が2万4,956台だった。

テスラも、第3四半期の納車台数を発表している。2022年第3四半期のテスラの世界累計販売台数は34万3,830台で、前年同期比3%増となった。発表によると、モデル別では、テスラは第3四半期にモデル 3 / Yを32万5,200台、モデル S / Xを1万8,700台納車した。

テスラの生産・納車台数。出典:Tesla
テスラの生産・納車台数。出典:Tesla

プラグイン・ハイブリッドを含むNEVのものさしでは、BYDはテスラに勝っている。BYDの第3四半期までのNEVの累積販売台数は53万7164台で、前年同期比187.01%増となる。20万台近い圧倒的な差をつけて世界のNEV市場をリードしているとも言える。

BEVでは依然としてテスラの独走が続いているが、BYDの価格帯はテスラのそれより低く、市場のボリュームゾーンに当たり、また本拠地の中国市場がEV販売を牽引していることからも、販売台数ではいずれテスラを抜くシナリオはありうる。

BYDは急速な生産能力増強を進めている。生産能力については、現在、深圳、西安、長沙、常州、福州、合肥、済南、鄭州の8拠点で、合計300万~350万台を計画している。 上海証券報が引用した業界専門家の分析によると、BYDの2022年の実際の年間生産能力は、試運転や工場建設の進捗状況などを考慮すると、170万台となる可能性がある。

BYDは年末までに月28万台の納車を目指すというが、この専門家は10月は20万6,000台、11月は21万9,000台、12月は24万台と予想している。

先月末、BYDはEU市場向けにHan(漢)、Tang(唐)、Atto 3の3種類のEVを正式に発表した。 現在、これらの市場には、ベルギー、デンマーク、ドイツ、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、スウェーデンが含まれている。また、BYDは、日本での販売計画も発表している。BYDの販売台数は2022年まで増加傾向にあり、特に70万台の販売残があると報告されている。

欧州は中国EVメーカーの世界戦略の試金石
中国のEVメーカーは欧州で地盤を築いている。中国本土と比べると欧州はまだEV市場としては小さいが、欧州はEVの導入に積極的であり、中国メーカーの世界戦略の試金石となっている。 BYDは9月下旬、ヨーロッパ向けの電気自動車(EV)モデル「Atto 3」「Han」「Tang EV」のラインアップを発表し、同時に事前販売価格も明らかにした。 新型の小型スポーツ・ユーティリティ車「Atto 3」の基本価格は3万8,000ユーロ。これは国別の補助金前の価格で、店頭ではより安くなる。フォルクスワーゲン(VW)のID4やテスラのModel Yも含むEVのカテゴリーにおいて、最も手頃な価格の製品になる予定…

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)