public

菜烏網絡 (Cainiao) アリババのスマート物流プラットフォーム

菜鳥網絡(Cainiao、ツァイニャオ)は中国スマート物流骨幹ネットワーク(CSN)を構築し、アリババのビジネスの四角であった物流を保管するための事業。Cainiaoは宅配業者への支配力を高め、本体の事業拡張の基礎を提供した。

2 months ago

Latest Post デジタル通貨「リブラ」は死んでいない Axion Podcast #23 by Takushi Yoshida public

菜鳥網絡(Cainiao、ツァイニャオ)2013年5月に、アリババ、リテール大手の銀泰集団、工業大手の富春集団、不動産大手の復星集団、及び物流会社の順豊、中通、円通、申通、韵逹の出資により、正式にスタートした。当時は「中国スマート物流骨幹ネットワーク(中国知能物流骨幹網、China Smart Logistic Network、略称CSN)」プロジェクトとして電子商取引に絡む物流の高度化を謳っていた。

Cainiaoは全国にネットワークを形成し、企業の倉庫業務の効率化と経験の向上を支援。5か所に物流ハブを持つことで、物流コストを削減し、年内に50都市で翌日配達を実現する。

設立当時、中国の物流倉庫インフラの70%は1990年代以前に構築されたものであり、現在のオンライン取引のスピードと量に追いつくことができていなかった。CSN構築の理由は、サードパーティの宅配便、倉庫、配送などのサービスを提供するとともに、ベンダーが出荷スピードを向上させ、コストを削減できるように分析を実行することだった。

アリババが物流業界への参入を発表したことは、インターネット、電子商取引、不動産業界を含むバリューチェーン全体に波及効果をもたらした。人々はすぐに、淘宝網が世代全体の買い物行動を変えたように、Cainiaoは従来の物流エコシステムを破壊し、変化させるのではないかと推測し始めた。

しかし、騒動の間、Cainiaoは情報をほとんど公開しないまま準備を進めた。2年後の2015年5月28日、アリババは「建国総会」を開催し、一連の人事異動や同社の将来の戦略的な位置づけを明らかにし、Cainiaoを正式に発足させた。

大量の土地買収で不動産業者化

Cainiaoが設立された当時、Cainiaoは、宅配サービスの提供やトラックの購入、配送スタッフの採用などは一切行わないと主張し、アセット・ライトなビジネスモデルを持つインターネット企業としての位置づけをしていた。CSNを構築し、オープンで共有された物流プラットフォームを開発し、カイナオネットワークを通じて中国のあらゆる場所に24時間配送することを実現するというものだった。

これは、商売上の利益と国益の両面から、馬雲(ジャック・マー)がCainiaoに設定した戦略である。これは前例がなく、米国や日本など物流が発達している国でも、同じような神経中枢の役割を果たしている物流会社は一社もなかった。

Cainiaoが次の発展段階に入ると、その方向性を逸脱したように見えた。全国各地の土地を低価格で取得し、倉庫やフルフィルメントセンターの建設に着手したことで、eコマース、物流、大手国有企業などの関連企業の間でゴールドラッシュが巻き起こった。一方で、これを機に、アリババは土地の囲い込み(共有地だった土地をフェンスで囲ったり、垣根を作ったりすること)や物流不動産の開発に乗り出すのではないかとの疑念の声も出ていた。

Cainiaoの土地を買い占める能力とスピードは圧倒的だった。2013年6月、メディアは蔡雕網が全国で2万mu(million units)、約1330万平方メートル近くの土地を取得したと報じた。

公表された情報によると、蔡雕網は成都市双流で1,000ムー、浙江省金華で1,500mu、天津で1,500muの土地を購入したという。また、推定30都市の1都市あたり1,000muの最低購入量に基づいて計算した保守的な見積もりでは、30,000muの土地に相当する。

このように短期間に大量の土地を取得したことで、必然的に警戒心と疑惑が生まれた。eコマース物流の展開を装った土地囲い込みとの見方が出てきたのである。今回の土地取得や建設資金の出所はともかく、取得した土地が本当にスマート物流網の構築に使われるのか、「全国24時間配送」という目標のために本当にこれだけの土地が必要なのか、疑問が残っていたという。

グローバル・ロジスティクス・プロパティーズによると、中国での物流不動産プロジェクトの開発に10年間投資した場合の内部収益率は約15%から20%である。これらのリターンの中でも、倉庫倉庫の賃貸による賃料収入に加えて、地価の上昇も魅力的な利益をもたらしている。

不動産開発業者は通常、土地を購入して開発を保留し、土地の価値が上がるのを待ってから売却する。しかし、今回、Cainiaoは低コストで大規模な土地を取得し、不動産ビジネスの領域に突如として参入したのである。

また、Cainiaoは低コストで土地を取得し、倉庫を建設することで、他の関連物流企業と提携しないことで、他の関連物流企業との間に強い対立を生み出している。倉庫は物流の中心的なリンクの一つであり、物流企業はこのリンクが他の誰かのものになることを望んでいない。

宅配業者をプラットフォームで管理

  1. 戦略的なポジショニングにおいて、Cainiaoはアリババの事業ポートフォリオとエコシステムの重要な部分であり、物流の弱点を補完するものである。
  2. 事業運営の観点から見ると、蔡苗網はタオバオモデルを物流分野に拡大したものである。

アリババと京東は、中国のeコマース分野における2つの巨人です。景東は創業当初から物流を重視しており、自社の倉庫やフルフィルメントセンター、ラストマイル配送を行っている。これはジャック・マーが行ってきたこととは正反対であり、アリババはアセットライトなビジネスモデルを維持することに重点を置いている。アリババのCainiaoに対する意図は、物流分野に参入し、この分野におけるアリババの弱点を補うことにある。

アリババの既存の事業セグメントから、タオバオ/モール、アリペイ / 余額宝(ユエバオ)、アントフィナンシャルを経て、同社は電子商取引における業務フロー、情報フロー、資本フローを完全にコントロールしてきたが、物流部分はコントロールできていない。Cainiaoの設立により、アリババは企業から消費者に至るまでのeコマースのバリューチェーン全体を完全にコントロールすることができるようになった。Cainiaoのおかげで、アリババのeコマースのエコシステムは完成されたと考えることができる。

蔡雕網は、eコマース物流プラットフォームエコシステムの構築を通じて、物流業界のルールメーカーとなり、業界ガイドラインの策定を主導している。これは中国の宅配便業界の標準化に貢献することは間違いない。しかし、宅配業者や物流業者にとっては、自分たちがアリババにコントロールされることに不安を感じずにはいられないが、それを拒否するほどの力を持っていない。

宅配大手のビジネスの7割はeコマースから来ている。2015年4月、Cainiaoは電子配送ラベルシステムを立ち上げ、現在では宅配便全体の40%を占め、2016年末には100%に達した。これにより、中国での電子商取引に起因するモノや情報の流れを、Cainiaoはますます厳しく掌握している。

Cainiaoは宅配便事業には参入していないが、既存の宅配便会社は宅配便事業を受けるためにアリババへの依存度が高まっている。既存の宅配便業界への影響は、可能性ではなく必然である。

アリババの電子商取引エコシステムの構築を通じて、Cainiaoはアリババの物流リソースの大部分を支配しており、発言権を完全に持つことになる。すべての宅配会社とラインホール物流運営会社は、Cainiaoを利用して注文にアクセスし、倫理基準を守り、Cainiaoが開発した物流ハードウェアとソフトウェアの基準と対応する物流ルールに従わなければならない。

ビジネスモデル

Cainiaoのビジネスモデルは、アリババのタオバオモデルの延長線上にある。タオバオは売り手と買い手の間のサードパーティの電子商取引プラットフォームとして開発され、アリペイの導入により徐々に健全な電子商取引のエコシステムとなっていった。

Cainiaoは、このビジネスモデルを物流分野に応用し、 前述した「中国スマート物流骨幹ネットワーク(CSN)」を構築する方針を持っている。この「中国スマート物流ネットワーク(CSN)」を構築するために、ネットワークは5つの戦略的な柱に基づいている。エクスプレス配送、倉庫、クロスボーダー物流、農村部の物流、ピックアップステーション。有名な目標は「国内24時間配送、世界で72時間配送」が掲げられている。

特急便に関しては、Cainiaoの焦点は、インターネットとビッグデータを利用して、宅配業者がよりデータに基づいた商品とサービスの拡大を推進できるようにすることだ。これにより、物流業界全体のスピードとサービスレベルが向上すると同時に、市場の秩序が維持され、宅配業者が価格競争に陥るのを防ぐことができる。

しかし、懐疑論者は、Cainiaoの成功は、ラストマイルのプレーヤーへの交渉力の増加に依存すると指摘している。Cainiaoはアリババの膨大なeコマース需要を集約し、それを活用してラストマイルのサプライヤー間で価格を引き下げる。その結果、物流が安くなり、より多くの人がeコマースを利用するようになり、GMVが上昇し、アリババが最終的な勝者となる、という具合だ。

Cainiaoは、数多くのビッグデータ製品を開発していると報じられている。例えば、CainiaoがAutoNavi Mapとビッグデータアルゴリズムと共に生成した住所データベースは、消費者の配達先住所を特定の地理に即座に一致させることができる。そして、Cainiaoの電子配送ラベルシステムの普及は、宅配業者のデジタル化の基盤となり、業界全体の効率化をさらに進めることが期待されている。

クロスボーダー物流への拡大

現在、Cainiaoはすでに7つの国と都市に海外倉庫を持ち、全国の郵便情報との直接接続を実現し、グローバル市場により良いサービスを提供している。輸入に関しては、Cainiaoは輸入の統合とダイレクトメールのルートを可能にし、消費者が国内のオンラインショッピングと同じような物流体験ができるようにしている。

CainiaoはYTO、DHL、ロシア郵便と提携し、米国と中国、オーストラリアと中国、韓国と中国の間に多くの輸入ルートを開設した。また、杭州、広州、寧波の複数の越境EC事業者と保税倉庫モデルを試行しているほか、数十社の海外物流パートナーとのデータ統合と業務提携を確立し、物流情報の同期化を実現している。

農村物流

農村戦略について、Cainiaoはアリババグループの農村タオバオ構想を利用して、全国の県や村の第二級物流をカバーする能力を急速に構築した。これは、Shanghai Winshine Logisticsをはじめとする数十社の着払い物流会社や中国郵政と協力して行われたものである。昨年後半にアリババの「1,000郡10万村」プログラムを開始して以来、Cainiaoは数ヶ月の間に既存の社会物流システムとその技術的優位性を利用して、郡から村への商品の迅速な配送を実現してきた。

ピックアップステーション

Cainiaoは、パートナー企業と共同で全国にCainiaoピックアップステーションを建設している。大学や大学の学生起業家、近隣の住宅管理会社GreentownやVanke、C-Storeなどのコンビニエンスストアを通じて、中国全土の主要都市をカバーする「クラウドソース型」のラストマイル配送ネットワークを形成している。

Cainiaoは2万カ所以上のピックアップステーションを運営しており、総合的な物流・生活サービスを提供している。将来的には、中国全土をカバーするラストマイル型の物流・特急配送ネットワークとなる予定だ。また、Cainiaoは、宅配業者のすべての機能を集約したアプリ「Guoguo」を立ち上げており、ユーザーは配送状況の確認や注文のドロップオフ、ピックアップが可能だ。

前述したCainiaoの5つの柱を分析すると、倉庫保管業務など他のパートナーとの連携なしには、戦略の実行ができないことがわかる。このことから、Cainiaoのビジネスモデル実装アプローチである、データ駆動型の「プラットフォームモデル」を採用した要因が透けて見える。

会社の構造

まず、1992年に設立された復星集団は、主に不動産投資、製薬、鉄鋼業界に従事しており、土地の取得、建設、倉庫不動産のプロパティ管理に至るまで、広範囲の専門的な経験を持っている。

銀泰集団は長い間、百貨店チェーン、特にサプライチェーン管理に携わってきた。Cainiaoが設立された当初、銀泰集団のShen GuojunがCEOに任命された。銀泰集団の強みを生かして、Shen GuojunはCainiaoの倉庫と物流業務を担当することになったのである。

アリババは、倉庫管理や物流に関する自社の弱点に対処するために、さまざまな当事者を束ねるために行動している。アリババは常に資産を重視したプラットフォームアプローチ(タオバオやTmallなど)を好んできた。アリババがインテリジェントな物流のためのプラットフォームに投資し、構築する間、他のプレイヤーに力仕事を任せることで、情報と金融の流れを統一し、コントロールすることができる。

参考文献

  1. Cainiao Network - Alibaba Group "Investor Day 2018"
  2. Cainiao Network - Smart Logistics Network - Alibaba Group "Investor Day 2019"
  3. "China's Alibaba invests $3.3 billion to raise stake in logistics unit Cainiao". Reuter. Nov 8, 2019.
  4. CYNTHIA LUO. "ONE PLATFORM TO RULE THEM ALL: THE BRAINS BEHIND CAINIAO NETWORK (PI)" Ecommerce IQ. DECEMBER 7, 2016.
  5. CYNTHIA LUO. "ONE PLATFORM TO RULE THEM ALL: FORMATION OF CAINIAO’S BUSINESS MODEL (PII)". Ecommerce IQ. DECEMBER 8, 2016.
  6. CYNTHIA LUO. One Platform to Rule Them All: 5 Pillars of Cainiao Business Model. Ecommerce IQ. DECEMBER 9, 2016.
  7. "ONE PLATFORM TO RULE THEM ALL: JACK MA’S PLAN TO DOMINATE LOGISTICS (PIV)"

Photo by alizila.com

Takushi Yoshida

Published 2 months ago