UberとLyftは、サンフランシスコの裁判官が月曜日に下した仮処分命令の下で、カリフォルニア州のドライバーを従業員として再分類しなければならない。

配車企業は、他のギグエコノミー企業とともに、運転手を従業員に分類することに抵抗している。カリフォルニア州の新法は、企業が労働者を契約社員に分類する前に、より厳格な要件を成文化した。

企業はまた、運転手を契約社員として維持し、労働者にいくつかの利益を提供するというカリフォルニア州の投票法案を支持している。

今回の判決は、カリフォルニア州の司法長官の要請を受けたもので、施行前に10日以内に企業に控訴する権利が与えられている。彼らは、その上訴を利用して、判決の長期化を望んでいる。

Uber広報は「裁判所の判決は最低でも10日間は猶予されており、カリフォルニア州のドライバーに代わって直ちに緊急上告を行う予定です。ドライバーの大多数は独立して仕事をしたいと思っており、カリフォルニア州の法律の下ではそれが確実に維持されるように、アプリにはすでに大幅な変更を加えています。300万人以上のカリフォルニア州民が仕事をしていないとき、私たちの選出された指導者は、経済不況の間に産業全体をシャットダウンしようとするのではなく、仕事を創造することに焦点を当てるべきです」と声明を出した。

Lyft広報は「ドライバーは従業員になることを望んでいない。私たちは直ちにこの判決を上訴し、彼らの独立を求めて戦い続ける。最終的には、この問題はカリフォルニアの有権者によって決定され、彼らはドライバーの味方になると信じています」と声明を出した。

Photo by Victor Xok on Unsplash