中国の仮想通貨採掘禁止で笑ったのはアメリカ

中国が仮想通貨の採掘を禁じてから、採掘の勢力図に激変が起き、中国は採掘の地図から完全に存在を消し、米国が採掘のシェアにおいてトップになった。

中国の仮想通貨採掘禁止で笑ったのはアメリカ
"Mining Rig"by brendanlim is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

要点

中国が仮想通貨の採掘を禁じてから、採掘の勢力図に激変が起き、中国は採掘の地図から完全に存在を消し、米国が採掘のシェアにおいてトップになった。


中国はかつて仮想通貨(以下、暗号通貨)のマイニング(採掘)の王様だった。2019年9月には、世界のビットコイン採掘量の4分の3を占めていた。地方にはビットコインのマイナー(採掘者)が点在し、暗号パズルを解いて暗号通貨での取引を検証することに特化していた。

しかし、2021年5月、中国政府は自国の金融システムの統制に脅威を感じ、ビットコインの採掘を中止することを宣言した。7月には、中国国内のマイニング事業は事実上、一掃された。また、小規模な違法採掘者の取り締まりも強化されているとのことで、採掘関係者は撤退を余儀なくされている。

採掘者はどこへ行ったのか?

ケンブリッジ大学のビジネススクールの一部門であるケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンス(CCAF)が、その答えを提示している。Bitcoin Electricity Consumption Index(ビットコイン電力消費指数)」は、ビットコインのマイニング(採掘)を行う「プール」と呼ばれる大規模なグループのサーバーに接続する採掘施設の運営者のIPアドレスを追跡している。

そのデータによると、中国のハッシュレート(ビットコインネットワークで使用されている処理能力の指標)は、年初には1秒間に79.5エクサハッシュだったのが、7月にはゼロになっている。

ハッシュレート(マイニングにおける採掘速度)の推移。中国本土のハッシュレートが5月から急減し、消失した。
ハッシュレート(マイニングにおける採掘速度)の推移。中国本土のハッシュレートが5月から急減し、消失した。

これらのハッシュの多くはアメリカに流れ、2021年8月の月間ハッシュレートは前年比722%増となりました。今やアメリカは、ビットコインのマイニングにおいて、世界のハッシュレートの3分の1以上を占める世界トップの拠点となっている(中国がマイニングを取り締まった今年5月から8月の間に、世界のハッシュレートは約25%減少した)。

https://cbeci.org/mining_map

また、カザフスタンとロシアも人気の場所となっており、それぞれ世界シェアの18%、11%を占めている。その共通点は、電気代が安いこと。エネルギーを大量に消費する採掘グループは、フィリピンやフィンランドの総ワット数よりも多くの電力を毎年消費している。

CCAFのデータには限界がある。CCAFは採掘プールのデータのサンプルを基にしているため、ビットコインの総演算能力の最大37%しか把握できていないという。

例えば、アイルランドとドイツ。これらの国が暗号採掘を活発化させている証拠はほとんどないが、今年の1月から8月の間に世界のハッシュレートはそれぞれ46%と17%増加している。これは、中国のハッカーが当局の怒りを避けるためにヨーロッパの仮想プライベートネットワークを経由してトラフィックを再ルーティングしたためかもしれない。

しかし、ビットコイン採掘の世界的な中心が変化していることは明らかだ。GDPなどの伝統的な経済活動の指標では、中国が米国に追いつこうとしている。しかし、クリプトエコノミーの分野では米国が追い抜くことになった。

関連記事

ビットコインは少数の特権階級に微笑む不公平なゲーム
ビットコインは少数のステークホルダーの手のひらの上にある。MITらの研究は、この過度の集中が、ビットコインが生み出す利益の大半が、少数の参加者によって享受される可能性が高いことを示唆している。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)