中華GPU、雨後の筍
芯动科技(Innosilicon)の「风华 1 号」

中華GPU、雨後の筍

2000年代半ばの競合他社の凋落以降、PC用ディスクリートGPUの分野では、AMDとNVIDIAに対抗できる企業は存在しなかった。しかし、データセンター、マイニング、ゲーム用GPUの台頭に伴い、2強に対抗する数多くのライバルが中国から現れている。

吉田拓史

要点

2000年代半ばの競合他社の凋落以降、PC用ディスクリートGPUの分野では、AMDとNVIDIAに対抗できる企業は存在しなかった。しかし、データセンター、マイニング、ゲーム用GPUの台頭に伴い、2強に対抗する数多くのライバルが中国から現れている。


中国のチップ設計企業、芯动科技(Innosilicon)は最近開催されたイベントで同社初のディスクリートGPU 「风华 1 号」(Feng Hua 1)を発表し、これをベースにしたグラフィックカードシリーズを展開するとした。同社は、このカードに最先端のGPU機能を搭載し、少なくとも3種類のモデルを提供する。

中国および台湾の報道によると、Innosiliconは「风华 1 号」シリーズのグラフィックスカードの計画を発表するイベントを開催し、それぞれの仕様を明らかにした。これらのGPUはコンシューマー向けのデスクトップやゲーミングリグに適している。ゲーム性能については完全には明らかになっていないがが、AMDのRadeon6700XTおよび6600XTと同程度の性能を持つ可能性があるとされている。

紹介によると、デスクトップ用「风华 1 号」グラフィックスカードは、シングルチップのAカードで、160GPixel/sのレンダリング能力、5T FLOPSのFP32浮動小数点性能、最大304GB/sのメモリ帯域幅、最大16GBのメモリ容量、PCIe4.0X16インターフェースをサポート。 表示インターフェースは、HDMI2.1/DP1.4/VGAなどに対応している。

サーバー側の「风华 1 号」は、デュアルチップで、デスクトップ用の2倍の性能を持ち、320GPixel/secのレンダリング性能、10T FLOPSのFP32(単精度浮動小数点演算)性能、32GBのビデオメモリを備えているとされている。

风华 1 号はDirectX、Vulkan、OpenGL、OpenCL、さらにはOpenGL ESなど、グラフィックスとコンピュートのための最新(およびレガシー)アプリケーションプログラミングインターフェースをすべてサポートしているとされる。さらに、このカードはPCIe 4.0規格と互換性があり、Windows、Linux、Android環境で動作するとしている。

現時点では「风华 1 号」が、AMDのRadeonやNVIDIAのGeForceの対抗馬となるかどうかはわからない。しかし、少なくとも、この2つのグラフィックスの巨人に対するライバルが、Intel、Phytium、Zhaoxinなど、データセンターやHPC用GPUを設計している数多くの企業に加えて、1つ増えたことには変わりない。

中国の景嘉微(Jingjia Micro)もまたNVIDIAとAMDの対抗馬になることを望んでいる。同社は9月、次世代GPU「JM9」をテープアウトした。この新しいGPUは、2016年に発売されたNVIDIAのGeForce GTX 10シリーズの「Pascal」GPUに匹敵するパフォーマンスを提供する、と同社は主張している。この新しいGPUは、来年中に市場に投入される予定だ。

ただ、まだライバルの数世代前後ろを追いかけているにすぎないだろう。公式に発表された仕様によると、JM9231の性能は2016年のローエンドからミッドレンジの製品のレベルで、NVIDIAのGPUの2017年後半から2018年前半のレベルに達することが期待されている。

快科技の報道によると、同社は少なくとも2019年からJM9 GPUファミリーの話をしていたが、同社がチップをテープアウトしたのはつい最近であり、このファミリーは明らかに開発が遅れていたそうだ。通常、チップが計画通りに動作した場合、最初のテープアウトからGPUが量産に入るまでには1年かかるため、JM9ベースのグラフィックスカードが市場に出回るのは2022年秋以降になると予想されている。

雨後の筍のように生まれるGPU企業

この記事は有料会員の方のみご覧いただけます

購読しよう
既にアカウントをお持ちの方 ログイン