ほとんどすべてのサイトでは、閲覧履歴と興味のあるものをリンクさせ、ターゲットを絞った広告を表示するために、あなたを追跡しています。ある瞬間には新しい自転車を探していて、次の瞬間には、あなたが見た自転車のウェブサイトの広告がウェブ上であなたをストーキングしているということがよくあるだろう。

ウェブ上であなたがどのように追跡されているかを把握したい場合は、新しいサイトを訪問するたびに表示されるクッキー(cookie)のオプションを少し時間をかけて読んでみてください(そして無効にしてください)。これを読めば、各ウェブサイトがどのような技術を使って訪問者や収集した情報を追跡しているかを知ることができる。

ウェブ・ブラウザはますますプライバシーを重視するようになってきている。AppleのSafariブラウザはトラッキング防止技術を強化し、Firefoxは2018年からトラッカーをデフォルトでブロックしている。Google Chromeもサードパーティ製のクッキーを排除する計画を立てている。しかし、これが実現するのは2022年までで、この変更がどのように実施されるのかについてはまだ大きな疑問が残っている。

それまでの間、不気味なウェブトラッキングを止めるための最善の方法は、プライバシー優先のウェブブラウザに移行することだ。人によっては、このステップはあまりにも過激であったり、現時点では現実的ではないかもしれない。そんな方には、オンライントラッキングに対抗するもう一つの方法がある。それは、現在のブラウザにブロッキング技術を導入することだ。これらのブラウザ拡張機能は、オンラインプライバシーを改善するための簡単な第一歩だ。

Privacy Badger

Privacy Badgerは、ブラウザでオンライントラッキングをブロックするのに最適なオプションの一つ。まず第一に、電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)が作成したもので、非営利のデジタル権利団体であり、1990年からオンラインでのプライバシー保護の戦いに取り組んできた。無料。

Privacy Badgerは、あなたが訪問したウェブページのすべての要素を追跡し、外部企業が配置したプラグインや広告を含む。あなたが訪問した複数のサイトでこれらが表示されているのを確認すると、拡張機能はブラウザにそのコンテンツをこれ以上読み込まないように指示する。同組織によると、ブロックすべきコンテンツのリストは管理していないが、ウェブを閲覧しているうちにトラッカーを発見し、時間が経つにつれてより効果的になっていくとのことだ。

このツールは、あなたが訪問する各サイトでどのトラッカーがブロックされているかを表示する。これには、トラッカーの数や各ウェブサイトが使用しているタイプも含まれている。一部のサイトで追跡されても構わない場合は、個々のサイトのツールを無効にしたり、設定を変更したりすることができる。Chrome、Firefox(デスクトップとAndroid)、Microsoft Edge、Opera用のPrivacy Badger拡張機能がある。

DuckDuckGo

DuckDuckGoは、人のデータを収集しない匿名検索エンジンで最もよく知られている。しかし近年、同社はウェブ全体のプライバシー管理にも力を入れています(独自のモバイルブラウザの導入を含む)。DuckDuckGoは、Chrome用の拡張機能も作っている。

Privacy Essentials拡張機能は、隠れたサードパーティ製のトラッカーをブロックし、どの広告ネットワークがウェブ上で時間をかけてユーザーを追跡しているかを表示する。このツールはまた、ウェブサイトがどのようにデータを収集しているかをハイライトし、サイトのプライバシーポリシーのスコアを表示する。また、このツールはChromeにノントラッキング検索を追加している。

プライバシー配慮の検索とブラウザ DuckDuckGo とは
DuckDuckGoは、検索者のプライバシーを保護し、パーソナライズされた検索結果のフィルターバブルを避けることに重点を置いたインターネット検索エンジンだ。DuckDuckGoは、ユーザーをプロファイリングしないことと、与えられた検索語に対してすべてのユーザーに同じ検索結果を表示することで、他の検索エンジンとは一線を画している。

Ghostery

ニューヨークに拠点を置くこの会社は、5つの異なるツールを持っている。プライバシーに焦点を当てたブラウザと検索エンジンのCliqzを運営していたのと同じ会社がGhosteryを所有しているが、その会社はCovid-19の影響で今年初めに閉鎖された。しかし、子会社のGhostery自体は生き続けている。

そのブラウザ拡張機能は、トラッカーをブロックし、サイトごとにブロックされているもののリストを表示したり(読み込みが遅いものも含めて)、信頼できるサイトと制限されているサイトを設定したり、広告をブロックしたりすることができる。メインのGhostery拡張機能は無料だが、月49ドルのサブスクリプションもあり、すべてのトラッカーの詳細なブレークダウンを提供し、分析や調査に使用することができる。Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Opera用のGhostery拡張機能がある。

Adblock Plus

ここで他のツールとは異なり、Adblock Plusは、主に広告ブロッキングツールとして販売されている。他の人は必ずしもデフォルトで広告をブロックする必要はないが、広告の最も侵入的なタイプを制限することができるプライバシーツールであることを目指していない。広告ブロッカーを使用すると、倫理的な考慮事項の別のセットが付属している。彼らは、ウェブページ上の項目のはるかに広いセットをブロックする。そしてこれは、ウェブの周りの人々をフォローしていない広告を含めることができる。

Adblock Plusはデフォルトで非侵入型広告を表示するAcceptable Adsプロジェクトにサインアップされている(これはオフにすることができる)。プライバシーの面では、Adblock Plusの無料拡張機能はサードパーティのトラッカーをブロックし、情報を所有者に送り返すソーシャルメディア共有ボタンを無効にすることができる。Chrome, Firefox, Edge, Safari, Opera, Yandex用のAdblock Plusエクステンションがある。

異なった方法でブラウジングする

プライバシーを有効にするブラウザ拡張機能を追加すれば、オンラインでのプライバシーを守ることは間違いなくできるが、それだけが唯一のステップではない。

拡張機能を試してみた後は、プライバシーを優先するブラウザに移行するのが、次の明らかなステップになるかもしれない。拡張機能は少なくともChromeの場合、デスクトップブラウザに限定されているため、モバイル デバイスでの追跡を防ぐことはできない。そのため、新しいモバイルブラウザを選択する必要がある。それはこちらの記事で説明した。

プライバシー配慮型ブラウザに切り替える時が来た
広告業者のトラッキング(追跡)は手に負えません。それらを抑制するブラウザを使用して、あなたのプライバシーを保護しましょう。ブラウザ戦争には、ユーザーのプライバシーという新たな戦場が存在します。
ターゲティング広告を成立させるトラッキング(追跡)の仕組み
インターネット広告が利用者をターゲティングをするためには、ユーザー行動を追跡(トラッキング)しないといけません。現在Webでの追跡は主にCookie、Appでは識別子ベースの追跡が実行されています。

Photo by Le Buzz on Unsplash