Axion Podcastは、テクノロジー業界の最新トレンドを、元DIGIDAY編集者で起業家の吉田と280万会員の写真を扱うベンチャーの事業統括者の平田でディスカッションする対話形式のラジオです。Apple PodcastSpotifyGoogle PodcastAnchorでも聴取可能です。

スピーカーの紹介

ダンエディ Eddy Duan

架け橋的ジャーナリスト志望の20歳。関心分野は日米中関係、情報の信頼性向上、報道の公平さなど。現在Factcheck Initiative Japanで新型コロナウイルス関連のプロジェクトに参加している。

アメリカ生まれの中国人として東京で育ち、幼い頃より外国人に対する世間のステレオタイプに懸念を抱く。特に2012年ごろの日中対立の激化を目の当たりにした事で、分断を許さず世界の架け橋となれる国際ジャーナリストを目指すようになった。高校では、世界的問題となった偽情報の蔓延に触発されメディアリテラシー教育の研究を主に行った。

12歳より朝日中学生新聞特派員、高校では広報委員長や生徒主体の研究ゼミ長を務め、大学ではジャーナリズム専攻を目指し渡米。現在はGeorge Washington University 2年生としてジャーナリズムと国際関係を二重専攻。これまで、大学在学中に朝日新聞アメリカ総局にてインターン、大学新聞GW Hatchetではライターを務めた。

より公平で正確な情報の生態系構築を模索している。

第11回「メディアのデジタル化は日本でも起こる?」に出演した小宮貫太郎(@KantaroKomiyaJP)とJanguard: ジャーナリズム最前線リポート(https://note.com/janguard/n/n9ea8059eb7fb)を主宰。

ホスト:吉田拓史 Yoshi (@taxiyoshida)

記者, 編集者, Bizdev, Product Manager, Frontend Engineer. 早稲田大学政治経済学部卒業後, ジャカルタで新聞記者を5年. 米系デジタルマーケティングメディアDIGIDAYの日本版創業編集者を経て, デジタル経済メディアAxion(アクシオン)を創業. プロフィールサイトLinkedInを参照. ■Twitter  ■BlogNewsletter  ■You Tube

話した内容

今回は、George Washington Universityでジャーナリズムと国際関係論を学ぶダン・エディ(Eddy Duan)さんと「コロナとデジタルジャーナリズム」について議論しました。

  1. 広告出稿の急減。デジタル広告最大手のGoogle、Facebookも第二四半期は厳しいとの見通し。アメリカのメディアでレイオフが起きている。ニューヨーク・タイムズのように広告からサブスクリプション中心に収益構造を転換できた会社は、新型コロナの影響を軽減、一部には追い風にしている会社もある。
  2. レイオフは悲しいが、日本の終身雇用、年功序列で固定化したメディアの雇用制度には厳しさがなく、競争が失われている余地がある。
  3. ジャーナリズムは「歴史の第一稿」を作ること。歴史を自己検証するために最初の情報を作る。
  4. 記者クラブ制度はひとつの取材、情報生成手法における「早押しクイズ」の傾向を生み出してしまうし、場合によっては権力の監視が効かなくなる。
  5. 黒川検事長の麻雀問題では「検察の独立性」についての議論の素地をマスメディアは説明できると良かった可能性がある。検察が独立していることにも検察がより内閣の影響力を受ける状態にあることにも、どちらも便益とリスクがつきまとう。
  6. ニューヨーク・タイムズのように経営の危機に直面することで、会社のあり方の大転換に成功した新聞社も存在する。
  7. 報道倫理は裁判の結果によってコロコロ変わる。場合に拠る。「記者が情報を得るために何をしていいか」について米国では取り決めをし、監視するための非営利組織(NPO)があるが、日本にはそれらしきものがない。
  8. フィルターバブルは、エンターテイメントの分野においては問題にならないが、政治や社会に関連する情報の取得において、それが生じていると、社会にとって大きなリスクになる。ソーシャルメディアが社会の二極化と関連性がある可能性は高いように見える。米国ではすでに2つに割れきってしまい、両社のコミュニケーションが生じるべくもないレベルまで到達した。
  9. 現状のインターネット情報の副作用(フェイクニュース、トロール、依存、極性化)の大きな要因としてモバイルがある。モバイルは社会に大きな便益をもたらしている一方で、人をフックさせ、膨大な時間を使わせ、時に人を扇動するための経路になる。

イントロとアウトロの曲

吉田が大学時代に作った曲です。

Photo by Brian McGowan on Unsplash