着々と進行する自律走行車の実用化
歩行者を待つWaymo Oneの自律走行車. Waymoより.

着々と進行する自律走行車の実用化

自律走行車の段階的な市場投入が着々と進んでいる。物流での採用のほうが堅調で、配車での利用は新著さが求められている。しかし、これらが遅かれ早かれ社会に衝撃を与えることは確かなようだ。

吉田拓史

要点

自律走行車の段階的な市場投入が着々と進んでいる。物流での採用のほうが堅調で、配車での利用は新著さが求められている。しかし、これらが遅かれ早かれ社会に衝撃を与えることは確かなようだ。


昨年10月、GMの自律走行車ユニット「クルーズ」の最高経営責任者 (CEO)であるダン・アマンはGMの投資家向けカンファレンスでアナリストに向けて、クルーズが今後数年間に米国の都市で数千台のロボットタクシーを展開するという野心的な目標を説明した。クルーズが10年後までに500億ドルの収益を達成する道筋を示した。

GMが過半数の株式を保有するクルーズは、電気自動車「シボレー・ボルト」を改造した車で、来年には乗車料金の請求を開始したいと考えている。アマンは、カリフォルニア州公益事業委員会の承認が得られれば、2023年には自律走行シャトル「Origin」によるシェアライドサービスを開始できると話す見込み。このシャトルは、GMのデトロイト・ハムトラムク工場で、「ハマーEV」や「シボレーシルバラード」ピックアップ等の電気自動車(EV)と一緒に製造される予定だ。

クルーズは、カリフォルニア州で商業配送サービスの認可を取得したばかりだが、ドライバーレスの配車に課金できるようになるまでには、まだ1つの許可が必要だ。しかし、クルーズは、コストを十分に削減して、迅速に事業を拡大していくことができると考えている。

GMによると、クルーズは今年初めに約300億ドルの評価を受けたという。アナリストたちはクルーズの可能性を高く評価しており、GMの投資家向け説明会では、クルーズの市場価値がGM本体の価値を超える日が来るかもしれないと語っている。

Waymoは物流、配車、ライセンシングで収益化

Googleの親会社Alphabetの子会社であるWaymoの自律走行車は、2022年初頭にサンフランシスコで食料品の郊外配達を開始する。この新しいサービスは、米スーパーマーケット大手アルバートソンズとの提携によるものだ。

Waymoの共同CEOであるTekedra Mawakanaは、11月にカリフォルニア州ハーフムーンベイで開催されたカンファレンスにおいて、このサービスはWaymoにとって最新の実世界テストであり、(ライドハイリングサービスによる)人と物の配達によって自律走行を推進するという2つのアプローチに沿ったものであると語った

このサービスはまず、Waymoの従業員とアルバートソンズが所有する米第2位のスーパーマーケット・チェーン「セイフウェイ」の従業員に限定され、その後、他の顧客にも開放される予定だ。サンフランシスコの坂道、混雑した道路、雨の多い天候は、運転席のテクノロジーであるWaymo Driverにとって新たな課題となるだろう。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン