スーパースターの経済学 トップに対する報酬の過剰な集中

微差の成果に対しリターンは勝者へと集中する「スーパースター効果」。シカゴ大学教授のSherwin Rosenはこれを定式化し1981年に「スーパースターの経済学」を提唱しました。

スーパースターの経済学 トップに対する報酬の過剰な集中

プロのスポーツや音楽、芸能などの世界では多くの選手や歌手が下積みで極めて低い報酬に甘んじる一方、最上位は巨額の報酬を稼ぎます。トップに近くなればなるほど、報酬はうなぎのぼりに上がり、しかも格差は広がります。パフォーマンスにはある程度の差しか存在しないものの、それに対するリターンは集中し、大きな差が生まれる、このような現象を「スーパースター効果」と呼びます。

これらの「スーパースター効果」を理解するための基本は、べき乗則です。たとえば、世界がべき分布に気づく前は、自然現象や金融市場の事象を正規分布として捉えていました。しかし正規分布を逸脱するイベント(大災害や金融危機)がときたま発生し、その前提には絶えず疑いの視線が浴びせられてきました。その後の研究により、自然現象では地震の大きさと発生頻度、山火事の被害面積ごとの発生頻度など、経済現象では株価、為替などの市場価格の変動、社会現象では戦争の発生頻度と戦死者数などは正規分布とは明らかに異なる形、即ちべき乗則に従っていることが分かってきたのです。

この現象を労働経済学の枠組みで説明したのがシカゴ大学教授のSherwin Rosenです。Rosenは1981年に「スーパースターの経済学」を提唱しました。彼はこの経済学の背景にある二つの要因に着目します。一つはマーケットの特性であり、もう一つは主体間の代替可能性です。

ソフトウェアのように商品の複製が容易だったり、消費財のように大量生産が可能だったりする商品とマーケットの特性は、スーパースターを成立させる重要な要素です。同時に世界が1つのつながった市場であることは、事業やサービス、パフォーマンスなどの拡張可能性(スケーラビリティ)を著しく高めます。仮にNetflixが米国人のためのサービスだったとしたら、会社は巨額の番組制作費を拠出することは不可能です。芸能やスポーツにおけるマスメディアは重要な役割を果たしてきましたが、インターネットの登場によって、一つの優れたものの成果が伝播する市場の特性がさらに高められたと考えられています。

もう一つの要因は、他者との代替の難しさだと、Rosenは指摘しています。レディオヘッドのコンサートのチケットを購入した客に対し、テイラー・スイフトのチケットととの交換を持ちかけても、あまりうまく行きません。人々は分布の先端にいるものをスターとみなし、それに対して対価を支払うことに躊躇しない傾向があり、それらはお互いに代替が困難になっています。

スーパースター現象は近年、世界経済に置いて超巨大企業による寡占傾向を説明するときに用いられるようになっています。さらに、労働者への富の分配が低迷していることを説明するためにも使わることもあります。MITの労働経済学者David Autorは、マクロでみた労働分配率の低下を、労働分配率が著しく低い一部のスーパースター企業の市場シェアが高まったことによって説明しました。

参考文献

Sherwin Rosen, The economics of superstars.  - The American economic review, 1981 - JSTOR.

"FB sticker pack for Roger Federer / Team 8 Agency"by Samuel 'Sho' Ho is licensed under CC BY-NC-ND 4.0

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)