「ネットワーク化された電池」としてEVの価値
Photo by Robert Linder

「ネットワーク化された電池」としてEVの価値

今後のEV普及を見越して、V2G(ビークル・トゥ・グリッド)が脚光を浴びている。再エネの余剰電力を貯蔵し、電力システムが受給を調整するのを支援する「電池ネットワーク」はいずれ当たり前になるかもしれない。

吉田拓史

今後のEV普及を見越して、V2G(ビークル・トゥ・グリッド)が脚光を浴びている。再エネの余剰電力を貯蔵し、電力システムが受給を調整するのを支援する「電池ネットワーク」はいずれ当たり前になるかもしれない。


この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン