FTC、MetaによるVRアプリの買収に関する独禁調査を開始
Photo by Dima Solomin on Unsplash

FTC、MetaによるVRアプリの買収に関する独禁調査を開始

米連邦取引委員会(FTC)はMetaの仮想現実(VR)企業のM&A取引の反トラスト調査を開始した。Metaがソーシャルメディアの覇権を固めたのと同じ構図になることを警戒しているようだ。

吉田拓史

米連邦取引委員会(FTC)はMetaの仮想現実(VR)企業のM&A取引の反トラスト調査を開始した。Metaがソーシャルメディアの覇権を固めたのと同じ構図になることを警戒しているようだ。


米連邦取引委員会(FTC)は、Meta社による人気VRフィットネスアプリ「Supernatural」の買収計画について、独占禁止法に基づく詳細な調査を開始した、と米テクノロジーメディアThe Informationが報じた

この調査は、規制当局が、従来のソーシャルメディアでの買収だけでなく、VRスタートアップの囲い込みに関心を持つ、Metaを精査し始めたことを意味する。The InformationのJosh Sisco記者によると、Metaが過去に行った5件のVR関連の買収は、ヒットゲーム「Beat Saber」を開発したスタジオの買収を含め、買収額が少なすぎたために政府の調査を受けなかった。しかし、「状況を知る2人の人物によると、規制当局は、4億ドルを超えるSupernatural社の買収の承認を遅らせているという」。

InstagramとWhatsAppの買収を取り消すためにMetaを訴えているFTCが、VRの取引をどのような基準で評価しているのかは不明だ。VRは発展途上の業界だが、急速に成長しており、第三者機関の推計によると、Metaは、同社のヘッドセット「Quest 2」の初期の成功により、市場シェアの大半を占めていると言われている。FTCは最終的にSupernaturalとの取引を承認するかもしれないが、調査を決定したことは、プラットフォーム上で最もホットなVR新興企業を素早く買収するというMetaのやり方が、危機にさらされていることを意味している。

独禁法の監視によって、Metaがソーシャルネットワークに似たものを買収8ることがますます難しくなっている。1年以上前に、MetaはGIF検索エンジンのGiphyを買収したが、Giphyは単体では成功する見込みがほとんどなかった。英国の競争監視委員会は、この買収がFacebookの競合他社に何らかの悪影響を与えると警告し、これまでのところこの買収を阻止している。

1年以上前に、FacebookがGIF検索エンジンのGiphyを買収したが、Giphyは単体では成功する見込みがほとんどなかった。英国の競争監視委員会は、この買収がFacebookの競合他社に悪影響を与えると警告し、Giphyを売却するよう要求している。

Metaは6月、バトルロイヤルゲーム「Population」のメーカーであるBigBox VRを買収した。このゲームは、Epic Gamesの「Fortnite」に似た構造とビジネスモデルを持っている。

その前の週には、FacebookはCraytaプラットフォームのメーカーであるUnit 2 Gamesを買収した。Craytaでは、今年初めに上場した急成長中のゲームプラットフォーム「Roblox」に似た形で、ユーザーがゲームを作って共有することができる。

2019年にMetaは、大ヒットゲーム「Beat Saber」のメーカーであるBeat Gamesを買収した。Beat Saberは、Facebookが買収した当時、Oculusプラットフォームで圧倒的に人気のあったVRゲームで、現在も400万本以上を販売するベストセラーとなっている。同社が買収したVRスタジオは、他にもSanzaru GamesやReady at Dawnなどがある。

The Verge誌の記者で、ARやVR技術の発展を詳細に取材してきたアレックス・ヒースは、最近のツイッターで、Facebookのこの分野での買収は、数年前にFacebookが行った新興技術への最も有名な賭けに似ていると指摘している。つまり、InstagramとWhatsAppの買収によって、Facebookはソーシャルネットワークの支配的なプレーヤーとしての地位を固めたのと類似しているということだ。

しかし今回のケースでは、Metaは単にVRに進出しただけではなく、エコシステムの存在に一部責任を負っている。まだFacebookと呼ばれていた頃、Metaは2014年にOculusを20億ドルで買収し、カテゴリーをリードするワイヤレスVRデバイスメーカーに育て上げた。

FTCの調査対象として考えられるのは、フェイスブックがSupernaturalと競合するフィットネスアプリを開発する計画があったかどうかだ。メタは当初、エクササイズがVRの重要なカテゴリーになるとは思っていなかったが、2019年にデバイス「Oculus Quest」が発売された後、多くの人が自宅でエクササイズする時間が増えたパンデミックの際に、爆発的に人気が高まった。また、VRフィットネスは、他の種類のVRアプリに比べて、性別や年齢の面でより多様なユーザーがいると、The Informationは以前に報じている。そしてOculusは、マーケティング資料の中で「Supernatural」を宣伝している。

Metaは現在、独自のエクササイズアプリを提供していないが、反トラスト規制当局は、最大手のインターネット企業が、企業と競争するのではなく、企業を買収することを選択しているかどうかに、ますます注意を払っている。ザッカーバーグは、Instagramを買収した理由として「競争するよりも買ったほうがいい」とメールで述べているが、これはFTCがMetaによるInstagramの買収を解除しようとして進行中の訴訟の重要な証拠となっている。

MetaにとってSupernaturalを買収することは、ライバルのアプリを開発するよりもはるかに時間がかからず、Withinは将来のプロジェクトのためのリソースを大幅に増やすことができると、この取引に詳しい人物は語っている。

MetaはSupernaturalを、他のVRフィットネスアプリだけでなく、Peloton、Mirror、Tonalなどのコネクテッドフィットネス機器とも競合するものと見ていると、この取引に詳しい人物は述べている。これは、この取引を審査する規制当局に対して、同社が主張する可能性がある。

FTCは、Metaが2020年5月にGIF共有プラットフォームのGiphyを買収したことや、昨年11月に行われた企業向けソフトウェアメーカーのKustomerを10億ドルで買収したことについても未解決の調査を行っている。FTCのInstagramに対する訴訟は、Facebook Messengerを世界中で打ち負かしていたモバイルメッセージングアプリWhatsAppを、2014年に190億ドルで買収したことの巻き戻しも狙っている。

圧倒的なシェア

VRデバイス市場を開拓したMetaは、売上高の面で明らかにトップに立っている。生の売上高を推定していない調査会社インターナショナル・データ・コーポレーションの推定によると、第3四半期のVRハードウェア売上高の75%以上をオキュラスが占めている。これは、Oculusがまだトップセラーであった2020年第2四半期の39%のシェアから上昇したものだとIDCは述べている。ワイヤレスではない「PlayStation VR」ヘッドセットを販売しているソニーは、2020年に22%のシェアを獲得していたが、最新の数字では内訳が示されていない。IDCのアナリストであるJitesh Ubraniによると、一部の消費者は、ソニーのVRコンソールの次世代機が来年発売されるのを待っているという。

ソニーも、9月に英国のスタジオFirespriteを含むVRゲームを買収しているが、Metaほど反トラスト法の監視を受けていません。Metaは、今年初めにOculusを開発するReality Labs部門に反トラスト法の弁護士を雇おうとするなど、この問題を予期していた。

Metaは、まだニッチな製品であるオキュラスに主流の消費者を引き付けることができるかどうかに大きく賭けている。直近の決算において、Oculus関連の計画に今年100億ドルを費やすと発表した。また、メタバース関連のプロジェクトのために、ヨーロッパで1万人を雇用する予定だとも述べている。

MetaがVR分野で優位に立っているにもかかわらず、VRだけでなく、Snapのスマートグラス「Spectacles」やMicrosoftの「Hololens」のように、物理的な世界にデジタル画像を重ねて表示する拡張現実(AR)をめぐる戦いは、まだ始まったばかり。ソニー、HTC、ByteDanceのPicoの3社は、それぞれ競合するハードウェアを販売している。しかし、この部屋の "巨大なゴリラ "はアップルであり、今後数年のうちに独自の複合現実(MR)デバイスを発売すると予想されている。

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま

有料購読の割引キャンペーン

VR