public

自動化失職の大波 高卒は大卒の4倍機械に職を取られやすい

自動化技術はすでに、アメリカの職場を変え始めており、この進化は次の10年でさらに顕著になるはずです。一部の職業は縮小し、他の職業は成長し、すべての仕事に関連するタスクと時間の割り当ては変更される可能性があります。

4 months ago

Latest Post WeChatのミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル by Takushi Yoshida public

自動化技術は、無視できないほど大きな生産性の大きなメリットをもたらすことを約束します。自動化技術はすでに、アメリカの職場を変え始めており、この進化は次の10年でさらに顕著になるはずです。一部の職業は縮小し、他の職業は成長し、すべての仕事に関連するタスクと時間の割り当ては変更される可能性があります。

McKinsey Global Institute(MGI)は2019年7月に米国の労働市場のAI化についての報告書 "The future of work in America: People and places, today and tomorrow" は、自動化技術の課題は、人々に十分に役立つスキルを身に付けさせ、彼らが新しい役割に移行するのを助け、地域のミスマッチに対処することだ、と説明しています。

MGIは数学的クラスタリング手法を使用して、米国のすべての郡(および関連する都市の中核地域の郡)を、経済的健康、ビジネスダイナミズム、産業ミックス、労働力を反映する40を超える変数を使用して13のセグメントに分類しました。

3,000を超える米国の郡と315の都市を分析した結果、都市は大きく異なる道筋を進んでいることがわかりました。25の大都市と高度成長ハブ、およびその周辺地域が、大不況以降の雇用拡大の大部分を生み出しています。 対照的に、米国の人口の4分の1が住んでいる54の後続都市と約2,000の田舎の郡では、労働力が高齢で縮小しており、失業率が高く、教育が低い。

労働市場はさらに二極化する可能性があります。 高校の学位以下の労働者は、学士号を取得した労働者の4倍の割合で自動化によって雇用から追い出されます。教育へのアクセスがより制限されていることを反映して、ヒスパニック系の労働者は最も多くの場合避難のリスクがあり、アフリカ系アメリカ人がそれに続きます。18〜34歳の1,500万人近くの労働者が抱える仕事は自動化される可能性があるため、若者は労働世界で最初の足場を得るために新しいキャリアパスが必要になります。50歳以上の約1,150万人の労働者も自動化にさらされる可能性があり、転職を遅らせるという課題に直面する可能性があります。米国の労働市場の長期的な傾向である中賃金労働の空洞化は続く可能性があります。

地方経済は長年にわたって分岐

13のセグメントの経済的パフォーマンスは何十年もの間分岐しており、その傾向は大不況の後に加速しました。 景気後退の間に国のすべての地域が雇用を失いましたが、それ以来の仕事の成長は「ふたつのアメリカ」の物語でした。 過去10年間の雇用成長の3分の2以上を占めるのは、わずか25の都市(巨大都市と高度成長ハブ、およびその周辺都市)だけです 対照的に、10年の間、後発都市では実質的に雇用の伸びがありませんでした。そして、最下層に類する「アメリカーナ」と「苦しめられたアメリカーナ」セグメントの郡は、2007年に比べて2017年に36万人少ない仕事をしています。労働力の移動性が歴史的に低い現在、オートメーション技術はこれらの格差を拡大する可能性があります。

人口増加も都市に偏っています。2007年以降、特に3つのセグメントで10%以上成長し、ほとんどの都市周辺のセグメントも成長しています。居住者は大都市や中堅都市の経済圏から引っ越しましたが、その損失を相殺する以上の流入が確認されています。 対照的に、田舎の郡の人口は1%未満増加し、最下層に含まれる「Distressed Americana(苦しめられたアメリカ)」セグメントでは縮小しています。

過去20年間で最も深刻な変化の1つは、中間賃金の仕事の「空洞化」でした。分析では、中間賃金の仕事は1997年に雇用の49%を占めましたが、2017年には41%にすぎません。より多くのアメリカ人が高所得層に登ったり、中流階級から完全に抜け出しています。

建設、製造、およびオフィスサポートの仕事を含む約290万の中間賃金の役割は、2007年から2012年の間に姿を消しましたが、一部は回復で回復しました。しかし、この傾向は全国的に均等に展開されていません。フロリダ、メリーランド、ロードアイランドなどの州では、過去10年間で中間賃金の仕事が減りましたが、ウェストバージニア州からユタ州まで、建設、鉱業、エネルギー、その他のセクターで中間賃金の仕事が増えています。

経済的格差の拡大は、より多くの人々が「苦しんでいる地域」から繁栄する雇用市場へと移動するよう促すと期待されていたかもしれません。しかし、米国の地理的流動性は、歴史的に低いレベルまで浸食されています。アメリカ人の6.1パーセントは1990年に郡または州間を移動しましたが、2017年には3.6パーセントしか移動しませんでした。生活費の差、家族や友人とのつながり、文化的格差の拡大はすべてこれらのパターンを部分的に説明していますが、それらを完全に理解するにはさらなる研究が必要だ、とMGIは記述しています。

自動化が増やす職

今後の自動化の波は、オフィス事務、フードサービス、生産作業、顧客サービス、小売販売など、米国経済における最大の職業カテゴリの一部に影響を与えます。 現在の米国の仕事のほぼ40%は、今から2030年の間に縮小する可能性のある職種に属しています。縮小する役割の共通のスレッドは、多くの日常的なタスクまたは物理的なタスクを伴うことです。

これらの損失は、必ずしも突然の大量失業として現れません。多くの職業は、人員削減と雇用の減少により、縮小する可能性があります。たとえば、これはすでにオフィス事務の役割で発生しています。かつて管理アシスタントが居住していたオフィスは、よりスリムなサポートチームとより多くのデジタルツールで稼働しています。2012年から2017年にかけて、事務助手、経理、簿記係は合計226,000人の職を失いました。

一部の職業が減少したとしても、2030年までの数年間、米国経済は成長を続け、新しい雇用を創出するはずです。しかし、経済の職業構成は進化しており、今後10年間でさらに速いペースで成長する可能性があります。オフィス事務やフードサービスなどのカテゴリでの雇用は減少する可能性がありますが、このシナリオでは、ヘルスケア、STEM関連職、クリエイティブとアートの管理、およびビジネスサービスにおける雇用の大幅な増加を示唆しています。

豊かさが増す社会では、パーソナルサービスに対する需要が高まり、マッサージセラピスト、コンシェルジュ、フィットネストレーナーの仕事が創出されます。補聴器の専門家やパーソナルケアの補佐官などの医療の役割は拡大しています。ビデオエディター、メイクアップアーティスト、ファッションデザイナーなどの創造的な仕事も、もう1つの成長分野です。家族療法士、セラピスト、コミュニティサービスマネージャーなど、マシンが提供できない対人相互作用や共感を伴う役割が増えています。これらの仕事の大半は富裕層に傅く特徴から「富の仕事」(Wealth Work)と呼ばれることがあります。

同時に、技術は今日想像できない新しい仕事を生み出す可能性が高い。学術研究は、2030年までに仕事の約8〜9%が今日ほとんど存在しないものになることを示唆しています。

新しい職業と全体的な仕事の成長にもかかわらず、気になる1つの傾向が続く可能性があります。中間賃金の仕事の空洞化です。MGIのモデルは、2030年までに、全国雇用のうち中間賃金食のシェアが3.4パーセントポイント減少する可能性があることを示唆しています。同時に、低賃金の仕事での雇用が0.4パーセントポイント減少し、最高賃金の仕事での雇用が3.8パーセントポイント増加することを示しています。

労働者階級がディスラプトされる可能性が最も高い

学士以上の教育を受けていない労働者は「ディスラプト」される可能性が最も高く、最年少および最年長の労働者は独自の課題に直面する可能性があります。

教育は職務スキルを自動的に付与するものではありませんが、スキルの代用として教育の達成に依存しています。これは、自動化による転職リスクの重要な指標として際立っています。高校の学位以下の人は、学士号以上の人よりも高度に自動化された役割になる可能性が高く、大学院の学位を持つ人よりも14倍も脆弱です。

何年もの間、求人情報は持続的な「程度のインフレ」を示してきました。 あるレポートによると、たとえば、エグゼクティブアシスタントの求人の3分の2近くが学士号を必要としていることがわかりました。これは、調査時にそれらの職に就いた人の19%しか学位を保持していないのにもかかわらず、です。学位の要件ではなく、特定の仕事に必要な特定のスキルについては、適格な求職者の数を大幅に増やし、より多くの人々に機会を与えることができます。

一部のマイノリティグループは学歴が低いため、自動化によって追放される可能性が高くなっています。1190万人のヒスパニック系およびアフリカ系アメリカ人、1470万人の若年労働者、および1150万人の高齢労働者の職が機械に取って代わられる可能性があります。

参考文献

  1. Jacques Bughin, James Manyika, Jonathan Woetzel. The future of work in America: People and places, today and tomorrow. McKinsey Global Institute. July 2019.
  2. David H. Autor and David Dorn, “The growth of low-skill service jobs and the polarization of the US labor market,” American Economic Review, August 2013, Volume 103, Number 5.
  3. Moving the goalposts: How demand for a bachelor’s degree is reshaping the workforce, Burning Glass Technologies, September 2014.

Photo by Science in HD on Unsplash

Takushi Yoshida

Published 4 months ago