都市

都市化(アーバナイゼーション)とは、農村部から都市部への人口移動、都市部に住む人々の割合が徐々に増加していくこと、そして各社会がこの変化にどのように適応していくかを意味します。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本はいかにして「交通戦争」に勝利したのか?

2019年、日本の鉄道は、アメリカの人口が2.5倍であるにもかかわらず、アムトラックの13倍の旅客マイル(一人の旅客当たりの移動距離)を占めた。都市は密集しているため、あらゆる年齢層の多くの人々が歩くことを選択し、自動車に載ることは選択になっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

イーロン・マスクのボーリング社がテキサス州に売り込み

ブルームバーグが入手した公文書は、イーロン・マスクのボーリング社のテキサス州での野心の大きさを示している。この1年間、同社の代表者は少なくとも8つのプロジェクトについて州当局に働きかけてきた。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ジオフェンシングによる自動車の制御で都市はより安全で気候にやさしくなるか?

自動車を地理情報に基づいて制御することで、街はより安全に、より気候にやさしくなるか。スウェーデンはジオフェンシングとして知られている技術の応用で道を切り開いている。

吉田拓史
無料会員 公開

ポスト・パンデミックにおける米テクノロジー経済の地理学

テクノロジー経済はサンフランシスコやニューヨークといった超一流の拠点に依然として集中している。この2つの巨大ハブで全体の85%の投資額を賄っている。都市経済学者リチャード・フロリダによる寄稿の翻訳。

吉田拓史
無料会員 公開

ベイエリアは失敗都市 - テスラがテキサスに移転した理由

テックで稼ぐも住宅政策は崩壊

吉田拓史
無料会員 公開

ベイエリアの大半を占める一戸建てゾーニングが人種隔離を助長

カリフォルニア大学バークレー校のOthering & Belonging Instituteは、一戸建て住宅のゾーニングが一般的にはより高価な住宅につながり、多くの中低所得世帯を締め出していることを発見した。その結果、富裕度の低い有色人種の住民の多くが排除され、人種的に隔離された地域がより多く生まれている。

吉田拓史
無料会員 公開

都市インフラの再配置と政治学の深い関連性 『Redeploying Urban Infrastructure』

『Redeploying Urban』はインフラネットワークの再構築が、いかに都市政治の本質的な緊張と隠れた対立を内在させているかを示している。ラザフォードが指摘するように、「インフラストラクチャーは、都市の未来が交渉され、形成される重要な政治的サイトを構成している」。

吉田拓史
無料会員 公開

アルファベットがトロントの「未来都市」から撤退

Alphabetが所有するSidewalk Labsはトロントの「未来都市」の計画から撤退した。スマートシティの分野で中国の独走となる可能性がある。日本のトヨタとNTTの「Woven City」が追いつくことができるか。

吉田拓史
無料会員 公開

自動化失職の大波 高卒は大卒の4倍機械に職を取られやすい

自動化技術はすでに、アメリカの職場を変え始めており、この進化は次の10年でさらに顕著になるはずです。一部の職業は縮小し、他の職業は成長し、すべての仕事に関連するタスクと時間の割り当ては変更される可能性があります。

吉田拓史
無料会員 公開

クリエイティブ・クラスは現代都市にカースト制をもたらした

フロリダがかくて教祖のような役割をはたした「クリエイティブクラス」の集まるメガシティの経済は、強烈な富の一極集中と社会階級の深い断裂にさらされています。

吉田拓史
無料会員 公開

都市居住者の所得の二極化 高卒以下のための仕事が大都市圏から失われている

MITのAutor教授らは、それほど教育を受けていない労働者のための都市の賃金プレミアムはほとんど消えており、いい仕事を求めての「上京」は過去のものとなった、と主張しています。

吉田拓史
無料会員 公開

グローバル・シティ 世界経済の中央機能に富と人材が集中するトレンド

1991年、社会学者のサスキア・サッセンは、彼女の最も有名な作品 "The Global City: New York, London, Tokyo" を執筆しました。技術的に高度な大都市圏が現代世界を定義したと主張した。サッセンは、東京、ロンドン、ニューヨークが世界経済を推進する主要3都市と特定しました。