public

卓越したゲーム製作は認知心理学そのものだ『ゲーマーズブレイン UXと神経科学におけるゲームデザインの原則』書評

ゲームを体験するということは、プレイヤーの頭の中で起こる神経反応を探求することです。本書は、人間の脳がどのように情報を学習し、処理するのかについての洞察を読者に提供します。

4 months ago

Latest Post 欧州サッカークラブのAI活用が活発化 by Takushi Yoshida public

成功するビデオゲームを作るのは大変なことです。発売時には好評だったゲームでも、長期的には提供するUX(ユーザーエクスペリエンス)に問題があるために、プレイヤーを魅了することができないことがあります。そのため、フォートナイトやアサシンクリードのような成功したビデオゲームのメーカーは、UX戦略を完璧にするために時間とお金を投資しています。これらのトップビデオゲームクリエイターは、予算、範囲、野心に関係なく、悪いユーザー体験がどんなゲームの展望を台無しにしてしまうことを知っています。

ゲームのUXは、最初にゲームのことを聞いてから、メニューを操作してゲームを進めていくまで、プレイヤーがビデオゲームを使って体験するすべての部分を占めています。UXは、より質の高いゲームの出荷やビジネス目標の達成など、開発者が提供したい最適な体験を生み出すためのガイドラインを提供しています。

ゲームがどのように認識され、どのような感情を呼び起こし、プレイヤーがどのようにゲームと対話し、どのように魅力的な体験を提供するかを予測するために必要なのは、人間の能力と限界を理解することです。『ゲーマーズブレイン  UXと神経科学におけるゲームデザインの原則』は、学生から専門家まで、あらゆるレベルの読者が認知科学の知識とUXのガイドラインと方法論を身につけることができるように設計されています。これらの洞察は、読者がビデオゲームを成功させ、魅力的にするための要素を特定するのに役立ち、独自のゲームレシピをより効率的に開発し、視聴者により良い体験を提供できるようにします。

ゲームを体験するということは、プレイヤーの頭の中で起こる神経反応を探求することです。本書は、人間の脳がどのように情報を学習し、処理するのかについての洞察を読者に提供するとともに、数百万ドル規模のビデオゲームを開発する際に、その裏側でどのように情報を処理しているのかについても解説しています。心理学や認知科学の研究結果や実際の業界の実例を参考にしながら、魅力的なビデオゲームを作るための要素を解説し、ゲームメーカーが独自のゲームレシピを開発できるようにしてくれます。詳しくは、著者セリア・ホデントの最新記事 "Understanding the Success of Fortnite: A UX & Psychology Perspective"(リンク) に掲載されたUXと心理学の観点かの人気ゲーム「フォートナイト」の解説を参照してみてください。フォートナイトがゲーム業界に大きな影響を与えるとは誰も予想していませんでした。UXの観点から見ると、フォートナイトは心理学を応用し、独自のUX戦略を開発することで、プレイヤーを魅了し、喜ばせることができることを示している、とホデントはその記事で記述しています。

UXの専門家でありコンサルタントでもあるホデントは現在、世界中を飛び回り、クライアントとのミーティングやイベントでの講演、ゲームUX、無意識のバイアスとインクルージョン、倫理に関するマスタークラスの開催などで活躍しています。娯楽性だけでなく、文化的な体験を変える可能性を秘めたビデオゲームを作る上でUXが果たす役割を明確にしています。

この本の前半は、ほぼ認知心理学に関係しており、誰にとっても魅力的なテーマであり、スキナー、ピアジェ、パブロフなどの心理学の基礎が言及されています。もちろん、より最近の研究に言及されてもいますし、近年、重要な研究領域に成りつつあるビデオゲームそのものに関する研究も紹介されます。ゲームUXに関する本の約半分を認知心理学に割くというのは奇妙に思えるかもしれないが、それは完全に理にかなっていることなのです。

本の後半は、この心理学をゲームデザインに応用した実践的な内容になっています。自分でゲームを作ることにほとんど興味のない人を対象にしていますが、この本の後半では、前編よりもさらに興味を持ってもらえる可能性があり、ゲーム開発におけるUXの価値を示してくれています。久しぶりにゲームに戻ってきて、操作方法や自分がどこにいるのか、キャンペーンで何をしているのかを思い出すのにプレイヤーは苦労します。

著者のホデントはパリ大学ソルボンヌ校で心理学博士を所得したゲームUXコンサルタントです。ホデントは心理学の中の認知発達を専門としており、人間の脳がその環境を学習し処理する方法や認知バイアス等を研究対象としています。

2010年にUbisoft Montrealに入社し、Playtest Lab部門でユーザー調査とユーザーエクスペリエンスを担当。Rainbow 6、Driver、Assassin’s Creed、Far Cry、Watch Dogsなど、多くのUbisoftゲームの製作に参加し、調査を行いました。その後、ホデントはルーカスフィルムのゲーム部門であるルーカスアーツで"Star Wars: 1313"と"Star Wars: First Assault"(および一部のiOSゲーム)の製作チームで働いたが、それらの開発は停止され、スタジオは閉鎖されました。2013年、ユーザーエクスペリエンスディレクターとしてEpic Gamesに入社し、スタジオのUXプラクティスと戦略を開発しました。ホデントは主に大ヒット作のフォートナイトの制作に加わっていましたが、他にもUnreal Engine 4、Paragon、Battle Breakers、Spyjinx、Robo Recall(VR)およびその他の多くの刺激的なプロジェクトにも参加。その後フリーランスのUXコンサルタントとして活動しています。

Takushi Yoshida

Published 4 months ago