米下院は、世界最大の技術企業の慣行に関する16ヶ月間の調査の後、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルがその独占的な力を濫用していたと述べ、独占禁止法への最も抜本的な変更を求めた。ニューヨークタイムズ紙などが報じた

下院司法委員会の民主党のリーダーシップによって提示された449 ページの報告書では、議員たちは、4 つの企業がスタートアップから「石油王と鉄道の大物の時代に告示した独占の種類」へと変化したと述べた。議員たちは、これらの企業は支配的な立場を濫用し、商業、検索、広告、ソーシャルネットワーキング、出版などの価格やルールを設定し、しばしば操作していたと述べた。

不公平を是正するために、議員たちは、企業を効果的に分割し、市場の集中を監視する機関を強化し、企業がスタートアップ企業を買収するためのハードルを上げることで競争を回復させることを提案した。彼らはまた、1976年のハート・スコット・ロディノ反トラスト強化法以来最大の潜在的なシフトととして、独占禁止法を改正することを提案し、大規模な合併のより強力なレビューを作成した。

「私たちの調査は、議会と独占禁止法執行機関が競争を回復し、技術革新を改善し、私たちの民主主義を保護する行動を取るために明確でやむを得ない必要性があることは疑いの余地がない」とジェラルド・ナドラー(ニューヨーク州選出、民主党、司法委員会委員長)、およびデビッド・シシリン(ロードアイランド州選出、民主党、独占禁止小委員会委員長)は、共同声明で述べた。

下院の報告書は、1990年代に政府がマイクロソフト社を反トラスト法違反で訴えて以来、世界最大のハイテク企業をチェックするための政府の最も重要な取り組みとなっている。この報告書は、シリコンバレーの影響力に対する批判を具体的な行動に移すための、深く研究されたロードマップを議員に提供している。

この報告書はまた、テック大手に対する他の訴訟のきっかけになると期待されている。司法省はグーグルに対する独占禁止法違反の告訴に取り組んでおり、それに続いて州の弁護士から検索大手に対する個別の訴訟が提起されている。アマゾン、アップル、フェイスブックに対する独占禁止法調査も、司法省、連邦取引委員会、各州の州検事総長で進められている。

しかし、下院の反トラスト小委員会が、独占禁止法改正の方向で一本化されているわけではない。民主党は、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルを解体、再構築することができる法的変更を提案した。彼らは「構造的分離」で会社を分割し、それらが既に支配的であったものに類似したビジネスで再び操業することを禁止することを提案した。彼らはまた、他の企業を買収する試み(いわゆる「キラー買収」)をブロックすることができる明確なルールを含む独占禁止法に追加することを主張する。

共和党員の中には、独禁法執行機関への資金提供を強化する提案に同意した者もいたが、企業やそのビジネスモデルの再構築に議会が介入することには賛成していない。他の議員は、民主党の調査結果のいずれかを支持することを拒否している。

ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、オハイオ州のジム・ジョーダン下院議員(共和党のトップ)は、報告書は「党派的なもの」であり、オンライン・プラットフォームが自分たちの意見に偏っているという保守派の逸話的な主張に委員会は取り組んでいないと述べた。ナドラー氏への手紙の中でジョーダン氏は、この話題を無視することは "最終的に報告書草案の調査結果を信用しなくなる "と述べた。コロラド州の共和党員ケン・バック下院議員は、他の3人の共和党議員と一緒に、「第三の道」と題した別の報告書を発表した。「私は多数派の報告書に同意する。しかし、彼は消費者訴訟や企業の解体を強化するための提言には同意できない」と述べ、それらを「核の選択肢」と呼んだ。

下院司法委員会は2019年6月に4社のテック系巨人への調査を開始し、数百人のライバルやプラットフォームの取引先から事情聴取を行った。7月には、アマゾンのジェフ・ベゾス氏、アップルのティム・クック氏、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏、グーグルのスンダル・ピチャイ氏というテック系の最高経営責任者たちが、それぞれの企業を擁護するために公聴会で証言した。4つの企業は、合計で5兆ドル以上の市場価値を持っており、主に異なるデジタルビジネスで運営している。

アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルは、共通して「ゲートキーパー」としての役割を持ち、価格や商品・サービスの流通をコントロールしていた、と報告書は述べている。そのため、アップルのApp Storeでのアプリ開発者やアマゾンのマーケットプレイスでの販売者のようなサードパーティのビジネスは、企業の要求に従うようになっていた、と報告書は述べている。独占という言葉は、報告書の中で120回近く登場している。

ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、「多くの中小企業にとって唯一の選択肢である独自のプラットフォームを所有し、競争するための技術企業の制限がないため、本当の意味での競争意識を奪うことになる」と、アマゾンを声高に批判してきたワシントンの民主党員、プラミラ・ジャヤパール議員は述べている。完全な超党派のサポートがなくても、報告書は重要な基礎を設定すると、ジーン・キンメルマン氏(元司法省の独占禁止法担当上級官)は述べた。彼は、1980年代にAT&T解体は、議会が定めた政策によってサポートされていたと述べた。民主党議員による「報告書は、グーグルやフェイスブックなどに対する反トラスト訴訟を可能にする立法と規制の基礎となるものであり、実際に市場をより多くの競争に開放することを可能にするものである」と彼は述べた。

Photo by Morning Brew on Unsplash