「中国版ネトフリ」の愛奇芸(iQIYI、アイチーイー)は広告とサブスクリプションのハイブリッド型動画配信サービス。2019年の平均モバイルMAU(月間アクティブユーザー数)は4億7,600万人、平均モバイルDAU(日間アクティブユーザー数)は1億3,990万人。愛奇芸のユーザーは、すべてのデバイスを通じてプラットフォーム上で月に96億時間を視聴し、1ユーザーあたり1日1.6時間モバイルアプリ上で動画コンテンツを視聴している。

コンテンツ

愛奇芸は世界中のコンテンツを提供する。当社の映画のほぼ半分は中国のものですが、アメリカ、ヨーロッパ、インド、その他のアジア諸国からも多くのコンテンツを購入している。テレビシリーズでは、ほとんどは中国のものだが、韓国や米国からもコンテンツを購入している。内部に30以上のチャンネルを持ち、30種類のコンテンツを提供している。

独自のオリジナルコンテンツも制作する。たとえば、2014年に設立されたiQIYI Motion Picturesは、映画館公開用の映画を制作する。これまでに10本以上の映画を制作。2015年設立されたインターネットフィルムセンターでは、インターネット限定の映画を年間20本ほど制作する。また、アニメーションを中心とした「iQIYI Cartoon Company」では、これまでに3本のオリジナルアニメを制作している。同社は約4,000人の従業員を抱え、本社は北京にあり、上海をはじめとする中国全土の10都市にオフィスを構えているのだ。

大ヒットオリジナルコンテンツの制作実績では、ライバルの騰訊視頻(テンセントビデオ)、优酷(Youku)に先行してきた。2015年にリリースされた『The Lost Tomb』(盗墓笔记)は、中国初の高額予算オリジナルインターネットドラマシリーズの一つだった。2015年以降『The Mystic Nine』(老九门)、『Burning Ice』(无证之罪)、『延禧攻略』(延禧攻略)、『The Thunder』(破冰行动)など、数々の賞を受賞したマルチジャンルのオリジナルタイトルをリリース。また、『The Rap of China』、『Idol Producer』、『The Big Band』(乐队的夏天)、『Qipa Talk』(奇葩说)など、人気の高いインターネットバラエティ番組を数多く開拓し、制作してきた第1弾の成功を受けて、人気タイトルを厳選してマルチシーズン化するコンテンツ編成を採用する。

人気を博した『中国有嘻哈』では、何百万人もの若い中国人が土曜日に「中国語ラップ」のお気に入りのラッパーを応援した。それに先立つ他の大ヒット番組とは異なり、『中国有嘻哈』は、中国文化では主流になかった文化を取り上げた。ラップリアリティショーの熱狂は、その後、12のエピソードのための26億視聴と微博(中国語)上の中国のラップのためのハッシュタグの68億ビューになった、と愛奇芸は主張している。

中国の動画配信市場では、広告からお金を稼ぐトラフィック駆動型のユーザー生成コンテンツのYoutubeモデルの存在感は薄れている。中国の動画大手は今、高額な制作者主導のコンテンツを作るために総力を挙げようとしている。

愛奇芸は中国有嘻哈に2億5千万元(約3,800万ドル)以上を投じ、テレビ界のベテラン2人を起用した。浙江テレビで人気歌唱コンテスト「The Voice of China」をプロデュースした陳偉(Chen Wei)と、スターチャイナメディアで「So You Think You Can Dance China」を演出したチェ・チェ(Che Che)の2人である。

コンテンツ内製で最も魅力的なのは、広告、有料購読、出版、流通、ライセンス、ゲーム、eコマースなど、知的財産の商業的可能性です。『中国有嘻哈』だけでも200以上の異なる製品を生み出していると、現地メディアが報じている。

『中国有嘻哈』 Via 愛奇芸

テクノロジー

深層学習型予測アルゴリズムと膨大なユーザーデータを駆使して、第三者コンテンツを選定するツールを開発した。また、ユーザーの多様な嗜好に対応した総合的なコンテンツライブラリーを構築し、新たなコンテンツプロバイダーを育成している。また、iQIYIのパートナーアカウントは増加しており、ユーザーの多様な視聴嗜好を満たす良質なコンテンツを提供している。愛奇芸のプラットフォームは、コンテンツプロバイダーが効果的にコンテンツを配信し、当社との収益分配契約を通じて彼らのフォロワーを収益化することを可能にしている。

愛奇芸は、高度なAI、ビッグデータ分析、およびその他の独自のコア技術を搭載した技術プラットフォームにより、オンラインエンターテインメント業界での差別化を図っている。当社のコアとなる独自技術は、ユーザーの嗜好に合わせたコンテンツを制作・調達し、ユーザーに優れたエンターテインメント体験を提供し、運営効率を向上させ、広告主の投資収益率を向上させ、コンテンツプロバイダーの収益化の機会を増やすために不可欠なもの。

iQIYIのビジネスモデル

有料会員サービス、オンライン広告サービス、およびその他の一連の収益化方法を通じて収益を上げている。当社は、中国で大規模な有料コンテンツ配信事業を開拓した。当社は、幅広く効率的なユーザーリーチと革新的で効果的な広告商品を通じて、広告主にアピールしている。当社には、1つの人気コンテンツを様々なエンターテインメント製品に適応させ、オリジナルIPの人気と金銭的価値を増幅させるために複数のチャンネルを作成する能力がある。当社の洗練されたマネタイズモデルは、当社のプラットフォーム上で高品質のコンテンツを制作・配信する環境を促進し、ユーザーベースの拡大とユーザーのエンゲージメントを高め、好循環を生み出している。

サブスクリプションが成り立つようになったのは、中国の消費者行動の変化がある。以前は、中国の若者は映画に5元(0.75米ドル)も払えず、2時間かけて海賊版を探していた。最近では、若者(当社のユーザーの60パーセントは19歳から30歳)は、インターネット上で海賊版を探すために2時間を費やすよりも、5人民元を払ってオンラインで映画を見る方がいいと考えている。ユーザーが本当に関心を持ち、お金を払ってでも見たいと思っているのは、高品質のコンテンツに安くアクセスできることだ。

沿革

Qiyiは2010年4月22日に百度(Baidu)によって設立され、プロビデンス・エクイティ・パートナーズの支援も受けた。2011年11月に愛奇芸(iQiyi)に社名を変更。 2012年11月2日には、百度がプロビデンスの株式を買い取り、同サイトの100%の所有権を取得。2013年5月7日には、百度がPPStreamのオンラインビデオ事業を3億7000万ドルで買収し、iQiyiの子会社とした。2014年7月17日、同サイトは映画制作部門「iQiyi Motion Pictures」を立ち上げ、リリース作品の購入や映画の共同制作など、海外の同業者との既存の協力プロジェクトを拡大。9月4日、iQiyiはヴェネツィア映画祭に協力し、映画祭の映画をオンラインでストリーミング配信した。2014年8月、iQiyiはウェブサイトで69.5億時間以上の視聴を記録した。10月、iQiyiは釜山映画祭に参加し、100本近くの韓国タイトルの独占権を獲得した。2014年11月19日、XiaomiとShunwei Capitalは3億ドルをiQiyiに投資し、愛奇芸の約10~15%を保有したが、百度はさらに1億ドルを投資し、約80%を保有した。

2014年12月8日、iQiyiの最高コンテンツ責任者である馬東氏は、ポータルは2015年にオリジナル作品を2倍以上に増やす計画で、2014年の13作品と比較して、少なくとも30作品と500エピソードをスレートに掲載すると話した。 2015年、iQiyiは中国本土の8つのトップエンターテインメント番組と、台湾と韓国のいくつかのエンターテインメント番組(ランニングマンを含む)のストリーミング権を購入した。2016年3月には台湾でローンチすると発表した。2016年6月には2000万人の加入者を得たと報告した。

2017年4月25日、Netflix(中国では直接運営していない)はiQiyiとライセンス契約を締結したことを発表し、その下でNetflixオリジナル作品の一部がiQiyiで全世界でプレミア付きで配信されることになった。

2018年、iQiyiは、22億ドル以上を調達した米国IPOで中国の検索大手Baiduから分社化された。上場後は、BaiduはiQiyiの56%以上の株式を保有した。

参考文献

  1. 愛奇芸. Annual Reports.
  2. Abacus. China's Netflix wants to become China's YouTube too. SCMP. Apr 2020.

Photo via iQiyi Nasdaq Listing Day Bell Ceremony Countdown / Youtube