昨年ブームだったLiDAR新興企業の淘汰が進行中

LiDAR新興企業で激しい淘汰が起きている。自律走行の実現が遅れ、投資家の熱が冷めた。ただ、市場自体は、自律性の低い運転支援で成長が見込まれており、長期的には様々な産業への転用が期待されている。

昨年ブームだったLiDAR新興企業の淘汰が進行中
出典:Velodyne

LiDAR新興企業で激しい淘汰が起きている。自律走行の実現が遅れ、投資家の熱が冷めた。ただ、市場自体は、自律性の低い運転支援で成長が見込まれており、長期的には様々な産業への転用が期待されている。


LiDARの著名企業2社であるOusterとVelodyneは先月、合併を発表した。この契約は2022年11月4日に締結され、2023年前半に完了する予定だ。

両者は高価格帯のLiDARを販売しており直接的な競合相手である。Velodyneはこの業界のパイオニアである。合併により、合計約3億5,500万ドルの現金残高(2022年9月30日)を有する強固な財務体質を獲得すると、両者は合併理由を説明している。

投資家の熱が冷めたことにより、事業継続が不可能になる新興企業も現れている。今年始め特別目的買収会社(SPAC)を通じて14億ドルの株式価値で上場した固体LiDARメーカーのQuanergyは先週、連邦破産法11条の適用を申請した。

先月、ドイツのLiDAR開発会社Ibeo Automotive Systems GmbHは、追加資金を確保できなかったため、破産を申請した。微小電気機械システム(MEMS)ベースの車載用半導体LiDARと先進運転支援システム(ADAS)ソリューションを開発するMicroVisionが、Ibeoの一部資産を1,580万ドルで急遽買収した。

豪州に拠点を置くLiDAR技術のメーカーであるBarajaは、1億5,000万ドルの非公開評価を受けていたが、戦略的投資家を見つけるために投資銀行を雇ったと認めている。

昨年、自律走行企業Cruiseの共同創業者兼CEOであるKyle Vogtは、LiDAR業界は統合されるだろうと予測していた。Vogtによると、問題は、予測される収益が「完全に重複する潜在顧客」から来ており、将来の予測に適用される割引がほとんどないことだ、と彼は主張していた。

LightCountingのCEOであるVladimir Kozlovは、レベル4/5の自律走行技術開発企業の閉鎖が注目されているにもかかわらず、LiDARは将来的に健全な採用が見込まれると語った。フォードが10月に、フォルクスワーゲンとの数十億ドルの合弁会社Argoを閉鎖し、当面はインテルなどの既存のサプライヤーからの支援を受けてレベル2/3の先進運転支援システム(ADAS)に注力すると明かしていた。最も高性能なLiDARを必要とするロボタクシー事業の競争は、実質的にAlphabetのWaymoとGMのCruiseのマッチレースへと姿を変えている。

https://www.axion.zone/cruisewaymo/

このようなL5の失速はLiDARサプライヤーにとって必ずしも損失にはならないかもしれない。L2/3 ADAS用途のLiDARの売上は、2023年から2027年にかけて急成長するとLightCountingは予測している。

LiDARの対抗製品でサーマルカメラOwl Autonomous ImagingのCEO兼共同設立者のChuck Gershmanは、LiDAR単体では、完成車メーカーの選択肢にならないことを業界は認識しつつある、と述べている。LiDARには2つの根本的な問題、すなわち過剰な能力と高コストがあると指摘する。

Ibeoの資産の一部を買収したMicroVisionのCEOである、Sumit Sharmaは、自動車メーカーがL2、L3に対応するためには、カメラ、レーダー、LiDAR等によるセンサフュージョンが必要だと主張している。「私たちの戦略は、LiDARハードウェアとパーセプションソフトウェアのティア1パートナーとなり、最もOEMに適したソリューションとビジネスモデルを提供することです」と彼は米エレクトロニクスメディアFierce Electronicsに対して語っている。

Sharmaは、ライダー技術は自動車産業以外にも、商用車、産業用、ロボット工学、さらにはスマートインフラ生産など、多くの機会があると述べている。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)