世界はNVIDIAのGPU富者と貧者に二分された説が波紋を広げる

NVIDIAのデータセンター向けGPUの需給逼迫は深刻だ。このAI研究開発の不可欠のツールであるGPUによって、世界は富者と貧者に分断されたと主張する論評が話題を呼んでいる。

世界はNVIDIAのGPU富者と貧者に二分された説が波紋を広げる
Unsplash+ License

NVIDIAのデータセンター向けGPUの需給逼迫は深刻だ。このAI研究開発の不可欠のツールであるGPUによって、世界は富者と貧者に分断されたと主張する論評が話題を呼んでいる。


現在、世界的なAIチップの需要の高まりを我々は経験しているが、このブームはAIチップのサプライチェーンの制約を明らかにした。NVIDIAの高機能GPUを構成する要素技術、とその生産能力には即座に解決できない課題があり、需給逼迫は「少なくとも」来年までは解決しない様相だ、と私は先週書いた

AIチップの需給逼迫は続く:技術と生産能力の制約はかなりタフだ
AIに対する世界的な需要は、AIチップのサプライチェーンの制約を明らかにした。要素技術と生産能力に容易ではない課題があり、需給逼迫は「少なくとも」来年までは解決しない模様だ。

そのような情勢の中、調査会社SemiAnalysisのアナリストであるDylan PatelとDaniel Nishballが「AIの分野では、GPUリッチ(GPU富者)企業とGPUプア(GPU貧者)企業の間で、大きな差が生まれている」という記事を書いた。これがAI業界で様々な反響を呼んでいる。

Google Gemini Eats The World – Gemini Smashes GPT-4 By 5X, The GPU-Poors
Compute Resources That Make Everyone Look GPU-Poor

GPU富者

GPU富者の定義は、NVIDIAのA100とH100 GPUを相当数所有している組織である。OpenAI、Google、Anthropic、Inflection、イーロン・マスクのX、Metaがこのグループを形成している。これらの企業の一部は、いくつかの中国企業とともに、2024年末までに10万個以上のGPUを確保すると予測されている。Metaは、H100 GPUの数で世界第2位になると予想されている。

ベイエリアのトップAI研究者たちは、GPUへのアクセスを自慢し始め、それが彼らの職場選びに影響を与え始めている。Metaは採用戦術としてGPUリソースを活用している。

GPU富者の王者:Google

SemiAnalysisによると、GoogleがGPU富者のトップの座に輝いた。Googleは巨大AIモデル「Gemini」の導入を計画しており、その後続バージョンのトレーニングを進めている。同社は年末までにGPT-4の計算能力を5倍上回り、翌年末までに20倍に達する可能性を目指している。インターネットの巨人であるGoogleは、「世界で最もコンピューティング資源が豊富な企業」であり、「無敵に効率的なアーキテクチャ」を備えている、とDylan PatelとDaniel Nishballは書いている。

「Googleは年末までにGPT-4の事前トレーニングに費やされた浮動小数点数演算(FLOPS)を5倍も上回るペースでトレーニングを行っている」と二人は書いている。「現在のインフラ整備を考えれば、来年末までに(GPT-4の)20倍への道筋は明らかだ」

ただし、Dylan PatelとDaniel Nishballは、検索事業とのカニバリズムについては予測を留保した。「Googleが、創造性や既存のビジネスモデルを中和することなく、これらのモデルを公にする気概があるかどうかは別の議論になる」

GPU貧者

一方、新興企業やオープンソースの研究者はGPUの不足に直面している。この制限のため、これらの研究者は、あまり効果的でないテクニックやプラクティスに耽ることが多かったり、モデルの微調整に時間を浪費したり、実質よりもスタイルを重視するモデルに集中したりする、とアナリストたちは書いている。このような新興企業のほとんどは、「オープンソース」であるMetaのLlama使っているという。

AIの過激なゲームチェンジ:ChatGPT級の言語AIがオープン化
MetaはChatGPT級の大規模言語モデル(LLM)を無料公開し、商業利用を認めるという過激な戦略をとった。OpenAIやGoogleは先駆者のリードを失ったが、言語AIの進歩が加速したのは間違いない。

HuggingFace、Databricks、Togetherのような著名なAI企業 / ソフトウェア企業もGPUに乏しい。これらの企業には優秀な研究者がいるが、GPUリソースに制約されている、とアナリストたちは指摘した。

第三集団:有効活用できていない

NVIDIAからGPUを大量に購入しているが、元を取れていない中間的なグループもある。SemiAnalysisによれば、カナダのAI新興企業Cohere、サウジアラビア、UAEである。

富めるものはますます…

NVIDIAのGPUの保有と入手は、ハイテク企業間のAI競争において重要な役割を果たしている。このGPU富者とGPU貧者の区別は、AI開発とイノベーションの将来の展望を形作る可能性がある、と彼らは結論づけている。

「富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる」(マタイ福音書13章12節)ということだろうか?

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)