リライアンス・インダストリーズ(RI)は、小売事業の持ち株会社であるReliance Retail Venturesの15%の株式をプライベートエクイティ投資家やソブリンウェルスファンドに売却することで、6000億〜6300億ルピー(約8670億円〜約9100億円)を調達しようとしている。インド経済紙Economic Timesが報じた

この開発に詳しい関係者によると、投資家には新たな株式が発行され、同社は10月末までに資金調達を完了させる予定だという。同社は戦略的投資家の導入も希望しているが、この件に関してはまだ積極的な話し合いは行われていないと述べた。アマゾンとウォルマートは潜在的な投資家として言及されているが、彼らとの協議は行われていないという。

プライベート・エクイティ・ファンドのシルバーレイクが最初に乗り込んでくる一方で、Jio Platformsの他の投資家であるサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)、アブダビを拠点とするムバダラ・インベストメント・カンパニー、アブダビ・インベストメント・オーソリティ(ADIA)、L Catterton、KKR なども、このリテール・ベンチャーに出資する可能性が高いとみられている

「RIは、Jio Platformsのすべての投資家に打診している」とEconomic Timesの取材源である関係者は述べている。インテルキャピタル、クアルコムは辞退したが、フェイスブックとグーグルは検討中だという。

先月、リライアンスはフューチャーグループの小売事業を買収し、インドの小売業界におけるリーダー的地位を固めた。この買収により、リライアンス・リテールは約1,800店舗のネットワークを掌握することになり、追加売上高で2600億ルピー獲得し、約14,000店舗にまたがる小売業の帝国を築き上げた。

5月、リライアンス・リテールは200都市で食品や食料品を販売するJioMartのeコマース事業を開始。JioMart はリライアンスの野心的な「ニューコマース」戦略の一環であり、RIL の広大な実店舗ネットワークと JioMart の融合を目指すだけでなく、何百万ものキラナショップをラストマイル配送のパートナーとして登録しようとしている。

  1. 現地調査会社Counterpoint Researchによると「多くの人がエントリーレベルのスマートフォンにシフトしていくことが予想されるが、価格はフィーチャーフォンのように15~40ドル台に近づける必要がある」
  2. ホテルチェーンOYOは、従業員の一時帰休期間を2021年2月までさらに6ヶ月延長することを決定した。同社はまた、従業員に任意離職プログラム(VSP)を提供した。
  3. EdtechユニコーンのBYJU'Sは、米国に拠点を置くプライベート・エクイティ投資家のSilver Lakeが主導する新たな資金調達ラウンドで5億ドルの資金調達を行った。BYJU'Sの企業価値は108億ドル。
  4. 資産管理アプリのPaytm Moneyは、顧客数660万を達成したと主張。顧客数300万のZerodhaを上回った。
  5. NTTと地場AlefEdgeは8日、インドでの協業を発表。AlefEdgeのSoftware-Defined Mobile Edge Platformをアプリケーション開発者に5Gベースのエッジインターネットを提供する目的。
  6. 40の市民団体がFacebookのインド政策責任者の退任を要求。「Facebookはオフラインでの暴力に加担すべきではない、ましてや別の大虐殺に加担すべきではない。会社によって表示された不作為のパターンは無策である」とフィルターバブル、先導情報の流布を主張している。
  7. アプリ開発者がFacebookのプライバシー問題と新しい利用規約をめぐり、Facebook認証の採用を止め、代替ログインオプションに移行している。
  8. ラグーラム・ラジャン前インド準備銀行総裁は、インドのGDPデータは「警鐘」を鳴らしていると述べた。元インド準備銀行総裁は、将来の景気刺激策のために資源を節約しようとする政府の戦略は「自滅的」であると述べた。

Image by Jio Mart