1週間のインドテクノロジー業界のニュースをおさらいする「週刊インドテック」。"ほぼ"毎週金曜日、最新シリーズを公開している。


インド最大財閥リライアンス・インダストリーズは、負債を抱えたライバルのフューチャーグループの資産を2471億ルピー(34億ドル)で買収した。月曜のムンバイ取引では、Future Retailの債券が上昇し、株式は20%上昇した。

今回の取引には、フューチャーの小売、卸売、物流、倉庫部門が含まれていると、Reliance Retail Venturesは8月29日の声明で述べている。

アジアで最も裕福な億万長者のムケシュ・アンバニが率いる通信、小売、石油、石油化学のコングロマリットは、競争の激化とパンデミックの影響で資金繰りが逼迫しているフューチャー社と交渉を数ヶ月前から続けていた。

アンバニは、国内第2位の小売チェーンを買収することで、同グループの消費者向け事業へのシフトを加速させ、リライアンスの新興eコマース事業の重要なライバルであり、フューチャー社のパートナーでもあるアマゾン・ドット・コム社を弱体化させようとしている。

市場がフューチャーの経営破綻を懸念していたため、リライアンスにとっては「お買い得」の取引となった。フューチャーの既存の店舗フォーマットをベースにすると、リライアンスの小売部門にとっては、ファッション、ライフスタイル、食料品の分野で最大の競合企業を安値で呑み込むことができたのだ。

この取引により、リライアンスは売場面積を現在の28.7百万平方フィートに加え、フューチャーの23.8百万平方フィートを追加することができたという。

この取引は、ボストンコンサルティンググループと小売業協会インドの2月の調査によると、2019年の7000億ドルから2025年までに1兆3000億ドルの価値があると推定されている分野でのリライアンス・リテールの市場のリーダーシップを拡大することになる。

2016年に携帯電話キャリアを立ち上げて国内最大手となったアンバニは、Eコマースを含むデジタルサービス事業を強化することでリライアンスを変革することを誓っている。その努力は、Facebook Inc.やGoogle、Intel Corp.、General Atlantic、KKR & Co.など、世界最大のテック企業やプライベート・エクイティ・プレイヤーから、傘下のデジタルプラットフォーム企業Jio Platformsへの約200億ドルの株式購入を引き寄せた。

小売事業とデジタルサービス事業の連携が叶えば、アマゾンの強力なライバルが登場することになる。

ニュースダイジェスト

  1. インドのデジタル決済基盤UPI、8月の取引総額2.98兆ルピー(約4兆3300億円)。UPIの取引は、3月と4月、または全国的なロックダウンの初期段階で減少した後、着実に増加している。
  2. Google Pay、インドでNFCベースのカード決済のテストを開始。電話を使ってタップ&ペイ機能を有効にするには、ユーザーはカードの詳細を入力し、OTPベースの認証プロセスを経て一度だけ設定を行う必要がある。
  3. Ola、Uberのドライバーはローン支払いのモラトリアムの延長を要求してストライキ。サルボダヤ運転手協会はまた20〜30%の手数料に対して抗議した。
  4. インド国家統計局によると、6月に終了した2020-2021会計年度の第1四半期のGDPは、前年同期比23.9%の縮小となった。これは、政府が1996年に四半期ごとにGDPの数値を発表し始めて以来、最悪のパフォーマンスである。経済協力開発機構(OECD)のデータによると、同四半期のGDPを発表している世界の主要国の中では最悪の落ち込みとなっている。
  5. Paytmペイメント銀行、小規模金融機関への原則承認を求めるも、さらに2年待たなければならない情勢。中銀は、決済銀行がSFBになるためには、決済分野で5年の経験を積むことを義務付けている。
  6. Paytmモール、グループ購入機能「Bang」をテスト。中国の拼多多のコピーであるBangのベータ版では、バイヤーが一緒に製品を購入して、カテゴリ間の割引やオファーを利用できるようにしている。
  7. サイバーセキュリティ会社CybleはPaytm Mallのデータベースに侵入があったと主張、同社は否定。サイバーリスク情報プラットフォーム「Cyble」によると、「ジョン・ウィック」という別名を持つ既知のサイバー犯罪グループが、Paytmモールの全生産データベースに侵入したと主張している。このハッキングは、潜在的にPaytmモールのすべてのアカウントと関連情報に影響を与える可能性がある。
  8. 音楽ストリーミングサービスGaana、Tencent主導のの530 Mnの評価額で5000億ドルを調達。今回の投資は、テンセントが1億1500万ドルのGaanaへのラウンドを主導してから2年以上が経過した後のもの。
  9. モディ首相のTwitterアカウントがハッキング。クラッカーは彼のフォロワーをクリプトカレンシーを勧誘しようとした。
  10. 政府は中国企業提供のアプリ117件を禁止。テンセントの人気ゲームPUBG Mobileとオンライン決済の巨人Ant Group Co.のAlipayのバージョンを含む。

Photo: "Mukesh Ambani - India Economic Summit 2011" by World Economic Forum is licensed under CC BY-NC-SA 2.0