トヨタ、デンソー、SBG出資の自律走行企業Aurora、身売りを検討
出典:Aurora

トヨタ、デンソー、SBG出資の自律走行企業Aurora、身売りを検討

自律走行車新興企業Aurora Innovationのボスは、競争で後手を踏み、現金を失う中で、雇用凍結や資産の切り売り、非公開化、AppleやMicrosoftへの身売りまで生き残り策の全てを提示し、波紋を広げている。

吉田拓史

自律走行車新興企業Aurora Innovationのボスは、競争で後手を踏み、現金を失う中で、雇用凍結や資産の切り売り、非公開化、AppleやMicrosoftへの身売りまで生き残り策の全てを提示し、波紋を広げている。

ロイターや米テクノロジーメディアTechCrunchが社内メモを基に報じたところによると、これらのアイデアは、いずれも厳しい市場環境の中で現金を確保し、経営基盤を守ることを目的としている。この社内メモは、8月3日に開催される取締役会向けのものだったが、誤って現在約1,600人いるAuroraの全従業員に送られてしまったという。

ブルームバーグの初報を受けて、Auroraの株価は一時27%も跳ね上がった。株価は15.17%上昇し、2.43ドルで取引を終えた。事業売却や非上場化を期待しての動きだろう。

Auroraの株価は、昨年末に特別目的買収会社(SPAC)と合併し、140億ドルのバリュエーションを得て以来、苦戦している。2日の取引終了時点の時価総額は28億ドルで、最高値から約8割落としている。

今年は、ピッツバーグに本社を置く同社にとって、厳しい年だった。自律走行ソフトウェアを開発し、自律走行型の貨物トラックを走らせるという目標を1年遅らせて2024年としたため、Auroraは約2億3千万ドルの現金を燃焼した。これはWaymoやCruseのようなライバルに大きく引き離されたことを意味する。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

ただし、現金は尽きていない。第2四半期の株主向け書簡によると、「収益前」のAuroraは、2024年半ばまで事業を継続できる現金を持っているという。しかし、事業環境は厳しいようだ。Tech Chrunchが引用した共同創業者でCEOのクリス・ウルムソンが書いたメモでは、金融市場が厳しいために追加資本の調達が困難であることと、完成車メーカーのパートナーによってスケジュールが変更されるために収益化が遅れることを認めている。

ウルムソンは、メモの中で市場環境から10億ドルの資金を調達することは不可能であると指摘。 「今後1年間で3億ドルを調達し、6カ月程度の資金を追加する」こととコストカットが所要な財務戦略になるということだ。

人員削減の他、CEOの株式交付金の廃止、ソフトウェアライセンスの20%削減、年間ボーナスの停止、フードサービスの停止などの支出削減策もメモに書かれていた。

9月3日の取締役会に先立って送られた長いメモには、AppleやMicrosoftなどの大手テック企業や、一次請け(Tier1)サプライヤーへの身売り、Auroraの非公開化も含まれている。ただ、このメモには、交渉が開始されていることを示す記述はない。

他にも、メモには全てのオプションが列挙されている。テストコースや建物の売却から、LiDARやシミュレーション資産のスピンアウトや売却、バランスシート上の現金が「1億5,000万ドルから3億ドル程度」で取引されている他の自律走行車(AV)企業の買収まで含まれる。キャッシュリッチな別のAV企業を買収では、株式交換で現金の支出なしに買収し、相手方の現金を取り込むことができ、重複する人員を削減することでシェイプアップできる。

Auroraは買収の道筋を分析するために投資銀行のAllen & Companyを雇ったという。

Auroraは2020年12月、トヨタ、デンソー、ソフトバンク・グループ(SBG)が出資するUberの自動運転部門を買収した。Uberは統合後の会社の26%の株式を取得し、日本の3社もまた統合後の会社の株主になった。Auroraは2021年に少数株主のトヨタとデンソーとの協業を発表している。

エンジェル投資家を募集中

弊社は残り11ヶ月分の現金で頑張っています。弊社はすでに収益化を終えていますので安心して投資頂けると幸いです。

エンジェル投資を募集中です
株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役社長の吉田拓史です。次世代ビジネスニュースメディア「アクシオン」を運営する弊社はエンジェル投資を募集しております。