Shopeeの公式アプリ内デジタルウォレットサービスであるShopeePayは、過去3ヶ月間、競合するプラットフォームを上回っていたと、コンサルティング会社MarkPlusの最近の調査を引用して、Jakarta Postが報じている。

スマートフォンユーザー502人を対象としたマークプラスの調査によると、電子商取引プラットフォームShopeeの子会社であるShopeePayがデジタルウォレット市場の26%を占め、OVO(24%)、GoPay(23%)、DANA(19%)、LinkAja(8%)を上回る結果となった。「回答者は、ShopeePay は他の電子財布よりも魅力的な割引を提供していると答えています。また、最も使いやすいと考えられていた」と、MarkPlusのハイテク、不動産、消費財業界の責任者であるRhesa Dwi Prabowoは水曜日のオンライン記者会見で語った。

東南アジアのインターネット大手であるShopeeを運営するSeaは、eコマースセグメントの継続的な成長を背景に、第2四半期の売上高が前年同期比2倍近い12.9億米ドルに増加したことを受けて、このような展開となった。

Seaの最新の決算報告書によると、Shopeeは前年同期比187.7%増の5億1060万米ドルの収益を記録した。同時に、同社は、デジタル金融サービス部門であるSeaMoneyがShopeeとの統合が深まっていることから、採用が増えていると述べている。

SeaMoneyの下で運営されているサービスには、ShopeePay、ShopeePayLater、AirPay などがある。

Seaによると、SeaMoneyの決済総額は2020年第2四半期に16億米ドルを超えたという。また、オンラインショッピングプラットフォームの最大市場であるインドネシアにおけるShopeeの総注文の45%以上がSeaMoneyを利用して決済されたとしている。

ショッピー (Shopee) 東南アジアECを制するソーシャルコマースアプリ
Shopee(ショッピー)は、東南アジア最大のゲーミング企業であるSea Group子会社のシンガポールの電子商取引プラットフォーム。後発ながらモバイルに特化しソーシャルコマースサービスで地域最大の電子商取引企業に成長した。
Shopee Live 東南アジアで急拡大するライブコマース
Shopee Liveは、東南アジア最大のeコマース企業Shopee(ショッピー)が提供する、販売者が商品をライブストリーミングで紹介することができる機能である。消費者がホームページ上でShopee Liveを見つけ、見たい販売者を選択することができる。また、Shopee Liveから即座に購入することもできる。