Stripeは2021年最大のIPOになる

2021年も巨大な新規株式公開(IPO)が控える年になりそうだが、Stripeは近い将来に株式を公開する可能性のある最もホットな新興企業だ。同社のコアビジネスは、オンライン企業向けの決済処理サービスだ。

Stripeは2021年最大のIPOになる

2021年も巨大な新規株式公開(IPO)が控える年になりそうだが、Stripeは近い将来に株式を公開する可能性のある最もホットな新興企業だ。同社のコアビジネスは、オンライン企業向けの決済処理サービスだ。コロナウイルスの大流行により、買い物客はオンラインでの支出を増やし、商業活動のデジタルチャネルへの全体的なシフトを加速させているため、注目すべき分野となっている。

2020年10月には、非公開の評価で同社の評価額は約360億ドルとされている。11月下旬に発表されたブルームバーグのレポートによると、Stripeは同社を700億ドルから1,000億ドルの間で評価する株式を売却することで資金調達を模索していたという。2021年2月中旬、Stripeはセカンダリーマーケット取引の投資家によって1,150億ドルの企業価値と評価されていると報じられた。この金額は2020年4月にベンチャー企業から投資を受けた際に同社が獲得した360億ドルの評価額の3倍以上である。

Forbesが引用した関係者によると、Stripeは1000億ドル以上の企業価値で新たなラウンドを計画しているという。投資調査会社MoffettNathansonのパートナーでシニアアナリストのリサ・エリスがForbesに語った所によると、は、Stripeが2019年に2000億ドルから2500億ドルのトランザクションを処理し、2020年には約50%の成長を遂げたと予測している。

この会社は、2010年にアイルランド人のパトリックとジョン・コリソンの兄弟によってサンフランシスコに設立された。Pelotonやカナダの電子商取引プラットフォームShopifyなど、大小さまざまな企業がオンライン決済を利用できるように支援しており、取引ごとに手数料を徴収している。コロナウイルス感染症のパンデミックが消費者のオンラインショッピングへのシフトを加速させた一方で、Stripeや同業他社は支払いサービスに対する需要が膨らむのを享受してきた。

オンラインコマースを可能にするために、Stripeは開発者が決済機能を実装できるAPI群を構築している。これらのAPIは、コンプライアンスとセキュリティを確保しながら、受け入れや処理から支払い、決済までのすべてを処理する。

過去10年の間に、Stripeはそのプラットフォームを決済処理にとどまらず、Stripe Connectを通じてより複雑なマーケットプレイスのトランザクションを処理するまでに拡大してきた。

会社 業種 直近のバリュエーション
Roblox Video games $29.5 billion
Affirm Holdings Loan platform $11 billion
Instacart Grocery delivery $30 billion
Bumble Online dating Between $6 billion and $8 billion
Robinhood Financial trading $11.7 billion
Nextdoor Localized social network Between $4 billion and $5 billion
Gitlab Open-source code management More than $6 billion
Coursera Education platform $5 billion
Coinbase Cryptocurrency platform $8 billion
UiPath Robotics software $10.2 billion
Petco Pet retail $6 billion

Stripeが今年株式を公開するかどうかはまだ定かではないが、投資家の間で大きな盛り上がりを見せている有望な企業であることは間違いない。来年公開される可能性の高い企業の現在の見通しに基づけば、Stripeは2021年の最大のIPOになる可能性が高い。2019年12月に石油・エネルギー大手のサウジ・アラムコが約1.88兆ドルの評価額で市場に登場して以来、最大の株式公開デビューとなるかもしれない。

Airbnbは昨年の最大のIPOだった。同社の新規上場価格は投資銀行家から約470億ドルで評価された。実際には、旅行レンタルプラットフォームは上場初日、約1,016億ドルの時価総額を付けることになった。現在のところ、Stripeはそのレベル以上の評価額で取引を開始する可能性は十分にある。

しかし、2021年の最大のIPOの座を奪い取る可能性のある候補が少なくとも1つある。Alipayなど広く利用されているフィンテックサービスを所有する中国企業のAnt Groupは、2020年11月に時価総額約3,130億ドルの株式公開を目指していた。同社のIPOプロセスは、中国の規制機関からの継続的な調査のために脱線したが、政府の承認をクリアすれば、今年最大の株式公開デビューを果たすためにAntが再び登場する可能性がある。

ただし、中国の規制当局は先週末、貸金の仲介を行うオンライン貸金プラットフォームが、ローンの30%の資金提供をすることを規定する新しい通達を発布した。Ant Groupの主力事業であるオンライン貸金業に大きな打撃を与えることになる。また実証実験が進むデジタル人民元は、Alipayの決済ビジネスの多くを代替してしまう可能性がある。

Photo: "Patrick Collison"by jdlasica is licensed under CC BY 2.0

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

Pay Yoshida Takushi using PayPal.Me
Go to paypal.me/axionyoshi and type in the amount. Since it’s PayPal, it’s easy and secure. Don’t have a PayPal account? No worries.

700円/月の支援

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou, 太郎, bantou, ysh_tmk, katsuyukitanaka.

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)