COVID-19

コロナウイルス(COVID-19)は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)による感染症である。 2019年12月に中国湖北省武漢市で初めて確認され、現在進行中のパンデミックを引き起こしている。最初に確認された症例は、湖北省の2019年11月17日までさかのぼっている。2020年8月3日現在、188の国と地域で1,810万人以上の症例が報告されており、69万1,000人以上の死亡者が出ている。1080万人以上が回復している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

各国政府は同じ目標でパンデミック期の経済対策を行ったが結果が異なった

米国は、世界の多くの国々と比べて、より積極的に自国経済をパンデミックから守るために支出した。この戦略は、より急速なインフレを引き起こし、同時に、より速い景気回復と活発な雇用増加を促進することになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

HIS、2年ぶりにハワイツアーを再開

日本の旅行会社HISは、5月1日出発分からハワイへのパッケージ旅行を再開する予定だと発表した。パンデミックによる渡航制限の中で2020年3月に中止して以来、日本の人気観光地の1つへのパッケージ旅行を運営するのは初めてとなる。

吉田拓史
無料会員 公開

コロナ禍のインフォデミックを煽るTwitterボット

コロナウイルスの流行中、Twitterでボットアカウントに遭遇すること可能性は平時よりも高い。カーネギーメロン大学(CMU)の研究者は、パンデミックと自宅待機命令の周りの議論の多くが、ボットを使用した誤情報キャンペーンによって煽られていることを発見した。

吉田拓史
無料会員 公開

Airbnb、コロナ禍を凌ぐため12億ドルの現金燃焼

Airbnbはコロナ禍の影響を最も受けた新興企業だが、米調査報道ニュースサイト「ジ・インフォメーション」によると、同社はパンデミックを凌ぐため、2019年半ばから2020年半ばまでの間に12億ドル以上の現金を燃やしたことがわかった。これは今年初めの世界旅行の急落が、雇用やマーケティングへの支出の大幅な増加によってすでに弱体化したバランスシートを浸食したためである。

吉田拓史
無料会員 公開

インフルエンサーが流布する新型コロナの誤情報が人々を殺している

COVID-19に関しては、マスクの有用性や学校閉鎖の有効性から、社会的距離を置くことの背後にある知恵、さらには未検証の治療法の約束に至るまで、一般の人々に対する絶え間ない誤報の津波が押し寄せている。

吉田拓史
無料会員 公開

スタンフォード大、COVID-19の抗体医薬の治験を実施

スタンフォード大学医学部の研究者たちは、軽度から中等度のCOVID-19の初期症状を、特異的な抗体の組み合わせで軽減できるかどうかの試験を開始した。この試験の早期結果は今月下旬に予想されている。

吉田拓史
無料会員 公開

インドの接触確認アプリが企業に健康状態情報を共有するAPIを追加

インド政府は、接触確認アプリ「Aarogya Setuで収集した従業員の情報に、雇用主などの第三者がアクセスできるAPIサービスを作成した。オープンAPIサービスは、インドで登録された50人以上の従業員を持つ組織や事業体が、Aarogya Setuアプリケーションをリアルタイムで照会し、従業員や同意を得た他のAarogya Setuユーザーの健康状態を取得するために利用できるようになっている。

吉田拓史
無料会員 公開

電子タバコの喫煙者は新型コロナのリスクが高い

スタンフォード大学医学部の研究者が率いる新しい研究によると、電子タバコの喫煙は、10代の若者と若い成人の間でCOVID-19のリスクを大幅に増加させることに関連しています。8月11日に「Journal of Adolescent Health」のオンライン版で公開された研究は、パンデミック中に収集された米国の人口ベースのデータを使用して若者の電子タバコの喫煙とCOVID-19 の間のリンクを検討する最初のものです。

吉田拓史
無料会員 公開

Googleとハーバード大学、COVID-19の予測モデルを公開

Googleは、ハーバード大学と協力のもと、米国の郡や州における今後14日間のCOVID-19患者数、死亡者数、ICU利用率、人工呼吸器の利用可能性、その他の指標を予測するモデル「COVID-19 Public Forecasts」を発表した。このモデルは、ジョンズ・ホプキンス大学、デカルト研究所、米国国勢調査局などの公開データをもとに訓練されている。