IoT

モノのインターネット(IoT)は、相互に関連したコンピューティング・デバイス、ユニークな識別子(UID)を備えた機械およびデジタル・マシンのシステムであり、人と人、人とコンピュータの相互作用を必要とせずにネットワークを介してデータを転送する機能を備えている。 モノのインターネットの定義は、複数の技術、リアルタイム解析、機械学習、汎用センサー、および組み込みシステムの収束によって発展してきた[1] 。 組み込みシステム、ワイヤレスセンサーネットワーク、制御システム、自動化(ホームオートメーションやビルオートメーションを含む)などの伝統的な分野は、すべてモノのインターネットの実現に貢献している。消費者市場では、IoT技術は、1つ以上の共通のエコシステムをサポートし、スマートフォンやスマートスピーカーなどのエコシステムに関連するデバイスを介して制御できるデバイスや家電製品(照明器具、サーモスタット、ホームセキュリティシステムやカメラ、その他の家電製品など)を含む「スマートホーム」の概念に関連する製品の代名詞となっている。

MCUNet: IoT機器での深層学習を高速化する軽量ニューラルネット
ML

MCUNet: IoT機器での深層学習を高速化する軽量ニューラルネット

MITの研究者は、「モノのインターネット」(IoT)を構成するウェアラブル医療機器、家庭用電化製品、2500億の他のオブジェクトに搭載されている小さなコンピュータチップのような、新しい場所にディープラーニング(深層学習)のニューラルネットワークをもたらすことができるシステムを開発した。

デジタルツインの活用法とは
DX

デジタルツインの活用法とは

デジタル・ツインとは、物理的なデバイスの仮想的な複製であり、データサイエンティストやIT担当者は、実際のものを構築して展開する前にシミュレーションを実行することができる。IoTセンサーの爆発的増加のおかげで、その応用分野は製造業からヘルスケア、都市計画と幅広くなってきている。

You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア!
Could not sign up! Invalid sign up link.