IoT

モノのインターネット(IoT)は、相互に関連したコンピューティング・デバイス、ユニークな識別子(UID)を備えた機械およびデジタル・マシンのシステムであり、人と人、人とコンピュータの相互作用を必要とせずにネットワークを介してデータを転送する機能を備えている。 モノのインターネットの定義は、複数の技術、リアルタイム解析、機械学習、汎用センサー、および組み込みシステムの収束によって発展してきた[1] 。 組み込みシステム、ワイヤレスセンサーネットワーク、制御システム、自動化(ホームオートメーションやビルオートメーションを含む)などの伝統的な分野は、すべてモノのインターネットの実現に貢献している。消費者市場では、IoT技術は、1つ以上の共通のエコシステムをサポートし、スマートフォンやスマートスピーカーなどのエコシステムに関連するデバイスを介して制御できるデバイスや家電製品(照明器具、サーモスタット、ホームセキュリティシステムやカメラ、その他の家電製品など)を含む「スマートホーム」の概念に関連する製品の代名詞となっている。

吉田拓史
無料会員 公開

成長を続けるエッジコンピューティング

米調査会社IDCが最近発表した報告書によると、今年、世界のエッジ・コンピューティングへの支出は2桁の成長が見込まれている。

吉田拓史
無料会員 公開

中国製ミリ波チップ、検出距離世界記録を更新

中国の研究機関は2月17日、検出距離38.5メートルの高性能77GHzミリ波チップとモジュールを発表し、ミリ波パッケージアンテナの最長検出距離の世界新記録を樹立した。

編集部
無料会員 公開

全世界のセルラーIoTモジュール出荷台数は2024年に780万台を超える見込み

調査会社CounterpointのGlobal Cellular IoT Module and Chipset Forecastの最新調査によると、世界のセルラーIoTモジュール出荷台数は2024年に7億8,000万台を超え、売上高は115億ドルに達する。

吉田拓史
無料会員 公開

IoTにおけるフォグコンピューティングとその役割

フォグコンピューティングは近年非常に注目されるパラダイムだ。ここでは、古典に当たる意味も込め、当時シスコ研究部門のトップだったFlavio Bonomiらが2012年に発表した論文「Fog Computing and Its Role in the Internet of Things」を抜粋、紹介する。

吉田拓史
無料会員 公開

IoTの普及に伴い拡大するセキュリティリスク

コネクテッドデバイスが年々10億台規模で市場に参入する中、セキュリティリスクのペースは加速し続けており、開発者は潜在的な脅威に対処するための強力なソリューションを求めている。

吉田拓史
無料会員 公開

アリババがAndroid 10を中国製マルチコアRISC-V SoCに移植、ソースコード公開

Alibabaが所有するT-Head Semiconductorは、Android 10を独自のRISC-Vチップに移植したと発表し、プロプライエタリな代替品に対するオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)の機運が高まっていることを強調した。

吉田拓史
無料会員 公開

MCUNet: IoT機器での深層学習を高速化する軽量ニューラルネット

MITの研究者は、「モノのインターネット」(IoT)を構成するウェアラブル医療機器、家庭用電化製品、2500億の他のオブジェクトに搭載されている小さなコンピュータチップのような、新しい場所にディープラーニング(深層学習)のニューラルネットワークをもたらすことができるシステムを開発した。

吉田拓史
無料会員 公開

Arm買収でRISC-Vに漁夫の利

Armの持ち主の変化は一部の市場参加者から疑問視され、それはArmのライバルであるRISC-Vへの注目を高めることとなり、投資が活発化すると信じられている。

吉田拓史
無料会員 公開

デジタルツインの活用法とは

デジタル・ツインとは、物理的なデバイスの仮想的な複製であり、データサイエンティストやIT担当者は、実際のものを構築して展開する前にシミュレーションを実行することができる。IoTセンサーの爆発的増加のおかげで、その応用分野は製造業からヘルスケア、都市計画と幅広くなってきている。