台湾は、中国への技術移転や本土企業への投資を計画している地元の技術企業による提案をより厳格に審査する方針を示した。英テクノロジーメディアThe Registerが報じた。

「技術ライセンスや技術移転を含むすべての技術協力計画は、事前に審査されるべきである」と経済部の広報担当者はThe Registerに語ったという。計画は約2ヶ月以内に発効するだろう、と広報担当者は言った。

台湾には、世界最大のチップメーカーであるTSMCとメディアテック(MediaTek)のほか、多数の小規模なシリコンメーカーがある。これらの企業は、時には中国のメーカーや他のサービスを使用したり、本土で働くために減税などの他のインセンティブを提供されている。いずれのシナリオでも、中国が彼らの事業を監視し、技術を盗み出す可能性は十分にある。

米中間の緊張が高まる中、台湾政府は、チップ技術が中国のためのバックドアを許容していると見られたくないと考えている。新規制は、政府がどの台湾企業が海峡を渡って移動することを許可するかをより多くのコントロールを与えることによって、この回避策を満たしている。

制限は、台湾のルールを他の多くの西側諸国と一直線上に持って来る。ワシントンは効果的に米国設計のチップへの華為技術のアクセスをブロックした。他の国は、地元の産業への中国の投資を検討している。そしてもちろん、中国もこのゲームをプレイしている。外国企業が国内の巨大な市場を開拓したい場合は、地元企業と合弁会社を設立することを主張している。

最近は、台湾のサイバーセキュリティ企業CyCraftの研究者が、過去2年間で少なくとも7つの台湾のチップ企業に本土中国のハッカーグループによるものとみられるクラッキングがあったことを明らかにしている。また、米商務省がファーウェイへの制裁を厳しくするのに伴い、ファーウェイの半導体設計部門ハイシリコンの台湾支社の大勢の技術者が退職する事案も起きている。

中国のハッカーが台湾の半導体産業の知財を盗もうとした疑惑
台湾は中国との実存的な対立に直面しており、何年もの間、中国国営のハッカーの標的にされてきた。しかし、台湾のあるセキュリティ会社の調査では、中国のハッカーの一団が台湾経済の中核をなす産業に深く侵入し、実質的に半導体産業の機密情報を略奪することができたことが明らかになった。
ファーウェイ半導体部門から技術者が大量流出
中国の通信会社Huaweiに対する米国の制裁が高まる中、Huaweiのファブレス半導体製造子会社ハイシリコンは、技術者を大量に流出させている。Huaweiは45nmプロセスの自社工場を建設しようとしているが焼け石に水だ。

Photo: "Tsai Ing-wen 2016: Taiwan Faces the Future"by CSIS: Center for Strategic & International Studies is licensed under CC BY-NC-SA 2.0