台湾、中国によるハイテク企業へのスパイ行為を取り締まる
行政院大廈古蹟日近攝 by 林高志

台湾、中国によるハイテク企業へのスパイ行為を取り締まる

台湾の行政院は2月中旬、ハイテク産業の機密を盗むことを目的とした中国の経済スパイの活動を阻止し、処罰することを目的とした国家安全保障法の改正案を明らかにした。

吉田拓史

台湾の行政院は2月中旬、ハイテク産業の機密を盗むことを目的とした中国の経済スパイの活動を阻止し、処罰することを目的とした国家安全保障法の改正案を明らかにした。

蘇曾長首相は、台湾当局が中国の関係者が現地に潜入し、「様々な方法を用いて台湾からハイテク人材を誘い出し、台湾のコア技術を盗んでいる」ことを確認したと述べた。

犯人は中国人の出自を隠し、第三者を利用して台湾の企業に投資することもあるという。その結果「台湾のサイバーセキュリティ、経済利益、産業競争力、国家安全保障に多大な損害を与えている」という。

台湾の対応は、"経済スパイ "と "国家コア技術営業秘密の域外使用 "という2つの新しい犯罪を設立することです。この新しい犯罪には、それぞれ12年と10年の実刑判決が下されている。

新法のもう一つの効果は、国家基幹技術事業に携わる労働者が中国本土に渡航する前に台湾政府の承認を得ることを義務付けることで、違反した場合は多額の罰金が科される。

また、中国企業が台湾企業に投資するために代理人を使用した場合、企業はその事実を明らかにすることが義務づけられる予定だ。

この改正は、台湾の指導者が現行の法律ではスパイ活動への参加を抑止するのに十分でないと感じていることと、中国企業がハイテク知的財産に関する情報を持ち出そうとする試みが絶えないことを考慮して導入されたものだ。台湾の指導者たちは、このような技術は台湾の将来の経済的繁栄にとって重要であると感じている。

しかし、どのような技術が対象となるかは、まだ明らかにされていない。行政院は、近日中に公開することを約束している。

中国は、自国のビジネスは壮大な創意工夫があり、革新への真摯な努力を絶やすことはないと主張している。しかし、米国の連邦捜査局(FBI)は最近、中国による米国企業への攻撃に関するオープンファイルを2,000件保有しており、12時間ごとに新しいファイルを開いていると主張している。また先週には、世界トップの露光装置メーカーで、多くの先端チップ製造の主要サプライヤーであるオランダのASMLが、中国のライバル企業が同社のIPを違法に使用していると告発したばかりだ。

毎月70本のハイエンド記事が読み放題の有料購読が初月無料

アクシオンではクイックな情報は無料で公開していますが、より重要で死活的な情報は有料会員にのみ提供しております。有料会員は弊社オリジナルコンテンツに加え、ブルームバーグ、サイエンティフィック・アメリカン、ニューヨーク・タイムズから厳選された記事、月70本以上にアクセスができるようになります。現在、初月無料キャンペーン中。下の画像をクリックしてください。