public

あなたの仕事は(たぶん)2030年には消滅している

あなたの仕事は10年後には存在しない可能性があります。自動化には技術革新と生産性を高める大きな可能性がありますが、新しい技能を備えた労働力を供給するための教育が必要不可欠です。

4 months ago

Latest Post WeChatのミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル by Takushi Yoshida public

自動化はすでに世界を変えています。ロボットは、あなたの車を組み立て、最新のオンラインショッピング注文を梱包するのに役立っています。チャットボットは、クレジットカードの残高を把握するのに役立ちます。コンピュータープログラムは、企業に届いた大量の履歴書を処理しています。

今から10年後の仕事はどうなるでしょうか? McKinsey Global Institute(MGI)のエコノミストは昨年1月の報告書でそれを解明しようと試みました。この報告書は、MITの労働経済学者 David Autorが2019年1月にアメリカ経済学会で行った講義と重なる側面があるため、こちらのブログ『仕事のスキル要件と賃金の二極化』を先に読むことをおすすめします。

「インテリジェントマシンはすべてのビジネスでさらに普及するでしょう。私たちの仕事はすべて変わるでしょう」とレポートの共著者であるスーザン・ルンドは記述しています。 2030年までに米国の仕事のほぼ40%が、縮小する可能性がありますが、必ずしも消滅するとは限りません。

McKinseyによると、ほぼ2100万人のアメリカ人を雇用しているオフィスサポートは、デジタルサービスで仕事を失うリスクが最も高い、最も一般的な米国の職業です。ホテル、ファーストフード、その他が料理人、食器洗い機などの作業を自動化するため、飲食業も大きな影響を受けます。

同時に「経済は新しい技術を利用する雇用を増やしている」とマッキンゼーのエコノミストは記述しています。これらの仕事には、ソフトウェア開発者と情報セキュリティの専門家(常に不足している)が含まれますが、ソーラーパネルの設置者と風力タービン技術者も含まれます。

補聴器の専門家や在宅医療の補佐官を含むヘルスケアの仕事は、ベビーブーマーが年をとるにつれて、今後10年間高い需要が続きます。マッキンゼーはまた、人間の創造性や「社会感情的なスキル」を活用したり、インテリアデザイナー、心理学者、マッサージセラピスト、栄養士、ランドスケープアーキテクトなどの裕福な人に対する個人的なサービスを提供する仕事の成長を予測しています。これはMITの労働経済学者 David Autorが「富の仕事」(Wealth Work)と呼ぶものです。

一部の職業では、仕事がなくなっても、新しい職業が損失を相殺する可能性があります。たとえば、レンタルを手伝う店員をデジタルアシスタントに置き換えることもできますが、店舗やスタッフの配送センターで買い物客を助けるために、より多くの労働者が必要になる可能性があるとMGIのエコノミストは記述しています。

同様に、2030年までに失われたものを相殺するのに十分な新しい雇用が物流または顧客サービスと販売で作成されます。

雇用主と地域社会は、自動化のリスクを減らしながら、衰退している分野の労働者を他の互換性のある仕事に合わせるために、さらに多くのことを行うことができます。たとえば、簿記、会計、監査の職は段階的に廃止される可能性がありますが、ローン査定者、保険査定人、保険販売人になるよう再訓練される可能性がある、と報告書は説明しています。

ただし、ローン査定者、保険査定人、保険販売人の仕事も自動化される印象があります。会計とトランザクションが完全にデジタル化されれば、そのデータからローン査定、保険査定、保険販売の大半の業務を自動化することは困難ではありません。

自動化は、都市部と農村部での雇用成長の格差を拡大し続ける可能性が高い

2030年までに、雇用の成長の大部分はわずか25のメガシティとその周辺に集中する可能性がありますが、米国内の大規模な地域では雇用の創出が遅くなり、失業すら生み出す、と研究者は発見しました。連邦準備制度(FRB)議長は昨年1月に指摘したように、このギャップは過去10年ですでに拡大しています。

25のメガシティおよびその郊外は、純雇用成長の60%以上を占めるとされています。これらは人口のわずか44%を占めるにすぎません。物流や外食などの一部の仕事は、成長と富裕な高齢化都市で高い需要に直面する一方で、人口が少なく減少している地域では衰退する可能性があります。

しかし、アメリカ人は以前ほど動き回っていません。MGIによると、別の州に移ったアメリカ人の割合は1990年から2017年の間に半減したという。そして、人々が移動するとき、彼らは非常に類似したプロファイルを持つエリアに移動します。これは、同様の仕事の成長と機会を意味します。

人々が単に苦しんでいる地域からより繁栄している都市に移動するという仮定は現実とはそぐわなくなっている、とエコノミストは説明します。彼らは、政府と企業が、より手頃な場所にオフィスを開設したり、遠隔地での仕事の機会を増やすためにブロードバンドアクセスを改善するなど、衰退している地域を活性化するためにもっとできることを示唆しています。

男性は女性よりもわずかに多くの移動に直面する可能性があります。 劇的に危険にさらされるのは、高等教育を受けていない人々です。

米国の労働者の約3分の2は大学の学位を取得していないため、新しい技術で仕事を失うリスクが高くなります。エコノミストたちは、大学に行かなかったり、高校を卒業しなかった労働者は、自動化のために仕事を失う可能性が、学部以上の卒業者の4倍あることを発見しました。「自動化は、既存の教育、収入、富の格差を拡大する可能性がある」とエコノミストは記述しています。

ヒスパニック系の労働者は特にこの影響を受け、高い高校中退率に足を引きづられます。報告によると、ヒスパニック労働者の4分の1以上が、自動化されうる職に就労しています。

成長しており、学士号を必要としない仕事には、建設マネージャー、エレベーターの設置と修理、コスト見積もり、MRI技術、放射線技師などがあります。

女性は現在、登録看護師やパーソナルケアの補佐官など、成長が予測される分野でより多くの仕事を持っています。 これは、2030年までに正味の雇用成長の58%を占める可能性のある、より自動化された将来において良い位置取りをしていることを示唆します。これは、現在の性別内訳がすべての職業で同じままであることを前提としています。

男性は、機械修理作業や機械操作など、最も自動化可能なジョブの一部を支配しています。同時に、彼らは先端技術の仕事も支配しています。また、女性は、事務員や事務助手などの急速に縮小する仕事の大部分を占めています。

「自動化とAIにはイノベーションと生産性を高める大きな可能性がありますが、これらの技術には新しいスキルを備えた労働力が必要です」と共著者のJames Manyikaは記述しています。 「私たちはこれを、仕事をアップグレードし、仕事をやりがいのあるものにし、人々を引き上げる機会に変えることができます」。

Image: Raph_PH - KraftWHelsink150218-4 (CC BY 2.0)

Takushi Yoshida

Published 4 months ago