TSMCの値上げにはAppleでも抵抗できない?

TSMCがチップ製造価格の値上げを顧客に通知した。Apple以外の半導体設計企業は値上げを受け入れる見通しで、TSMCの交渉能力の高さを示している。AppleもTSMCなしでは次世代製品を世に出せない。

TSMCの値上げにはAppleでも抵抗できない?
出典:TSMC

TSMCがチップ製造価格の値上げを顧客に通知した。Apple以外の半導体設計企業は値上げを受け入れる見通しで、TSMCの交渉能力の高さを示している。AppleもTSMCなしでは次世代製品を世に出せない。

台湾積体電路製造(TSMC)がAppleやNVIDIAを含むすべての顧客に対して値上げを行うと、台湾紙の経済日報がTSMCの顧客を引用して報じている。2023年1月1日に、8インチウェーハの価格は6%上昇し、12インチは3%〜5%上昇する。

経済日報が引用した台湾IC設計業界の幹部によると、TSMCは業界内で「最も強力な」ファウンドリであり、Appleよりもその地位を維持する能力が高い。 値切り交渉が得意なAppleに比べ、大多数のIC設計会社にとって、「ボス(TSMC)が値上げを言い出したら断れない」のが実情だという。

しかし、市場は在庫過多であり、半導体設計企業の経営が圧迫されている。 チップ価格が是正される一方で、TSMCの値上げを受け入れなければならず、その結果、コスト高となっている。

経済日報によると、業界では、多くのファウンドリがファウンドリの生産能力不足に陥り、狂ったように価格を引き上げる中、TSMCの価格提示は比較的控えめで、結果としてTSMCの価格はUMCの同業他社よりも低くさえあり、「極めて異例」だとされている。「世界的な高インフレ、原材料の高騰など、TSMCが価格を上げるのは避けられず、今回の価格調整後、TSMCの成熟プロセスの見積もり価格は『業界平均より高い』という通常の状態に戻った」と同紙は書いている。

TSMCの顧客の70%はすでに値上げを受け入れたが、TSMCの収益の25%を占めるAppleのような一部の大口顧客は、より高い価格を払いたくないとして交渉を続けているという。

この値上げは、TSMCに数百億台湾ドルから最大1,000億台湾ドル( 約4,540億円)の粗利を確保すると報道は推定している。

Appleはこれらの要求を拒否している。後者はサプライヤーの年間売上高の25%を占めているため、価格交渉のために行き来する機会はほとんどないだろう。MacBook Proの次期モデルであるM2 ProとM2 Maxが3nmではなく5nmプロセスで製造されると報じられた理由の1つはここにあり、両社は価格合意のための中間地点に到達していない可能性がある。

この噂される価格拒否が、次期A17 Bionicの発売スケジュールにどのような影響を及ぼすだろうか。以前の報道によると、次期SoCは、将来のMacのM3と同様に、TSMCの第2世代3nmプロセスを活用すると言われている。第2世代の3nmウェハは製造コストが大幅に上昇するため、AppleがiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Ultraの価格をiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxと同レベルにするつもりであれば、TSMCにそれらの高い製造コストを吸収させるか、ハイエンドiPhoneの利益率を圧迫する可能性がある。

TSMCのCEOである魏哲家(C.C.Wei)博士は、直近の業績報告で、携帯電話、PC、家電製品の需要が弱く、一部の顧客は在庫調整に直面しており、少なくとも2023年前半まではこの状況が続くと予想されるが、自動車、データセンター、 ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)の需要は堅調で、TSMCはこれらの分野への生産能力の配備を進めていると主張している。 この分野では今年も需給は逼迫している。

先端半導体のトレンドは少しも衰えていない
半導体業界は近年享受してきたブームの調整を強いられるとの見方が強いが、5G、AI、HPC、自律走行車のトレンドは勢いを増しており、先端半導体の需要は少しも衰えていない。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)