TSMCの売上高、2ヶ月連続で過去最高を更新

TSMC(台積電)は昨日、先月の売上高が前月比3.8%増、前年同月比24.9%増の1,275.9億台湾ドル(約4718億円)と過去最高を記録したことを発表した。同社によると、先月の数字は8月の1,228.8億元に続いて2ヶ月連続の記録更新となった。

TSMCの売上高、2ヶ月連続で過去最高を更新

TSMC(台積電)は昨日、先月の売上高が前月比3.8%増、前年同月比24.9%増の1,275.9億台湾ドル(約4718億円)と過去最高を記録したことを発表した。同社によると、先月の数字は8月の1,228.8億元に続いて2ヶ月連続の記録更新となった。

世界最大のコントラクトチップメーカーであるTSMCは、米国のブラックリスト入りにより華為科技股份有限公司(華為)への出荷を停止せざるを得なかったが、他の顧客からの需要は依然として高い水準を維持しているという。

TSMCの第3四半期の連結売上高は、前年同期比14.71%増の3,564.3億元となり、目標としていた9.3%増を達成した。ブルームバーグの調査によると、第3四半期の売上高は前年同期の2,930億元から増加し、アナリストの平均予測である3,372億元を上回った。

この増加は、主に5G機器、モノのインターネット(IoT)、高性能アプリケーション向けのチップの堅調な需要に牽引されたほか、Appleの次世代iPhone 12、iPad Air、iPad Pro向けの5ナノメートルチップの需要もあったとチップメーカーは述べている。

同社のデータによると、第1~3四半期の累計売上高は9777.2億元で、前年同期比29.9%増となった。TSMCは7月、今年の売上高が20%以上増加するとの見通しを発表していた。

1−9月間の売上高は、COVID-19パンデミックがホーム・コンピューティング機器の需要を煽ったことから、TSMCが成長予測を達成する軌道に乗っていることを示唆している。

調査会社Gavekal Dragonomics(龍洲經訊)の技術アナリスト、Dan Wang氏は、「5Gチップに対する強い需要により、TSMCの第4四半期の売上高は8~10%増加すると予想されており、今年の売上高は20%以上の成長を示す可能性が高い」と述べた。「TSMCはHuaweiを失うという短期的な打撃を克服することはできても、米国政府が中国企業との取引を制限し続ければ、より大きな問題に直面することになるだろう」

TSMC株式は8日、台北取引所で2.26%上昇して453台湾ドルで取引を終え、3月以来の80%以上の上昇を記録した。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)