イーロン・マスク、Twitterへの投資をめぐり集団訴訟を起こされる
2021年8月13日、ブランデンブルク、グリューンハイデ。プレスイベントでテスラ・ギガファクトリーの鋳造工場に立つテスラCEOのイーロン・マスク。Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB (Photo by Patrick Pleul/picture alliance via Getty Images)

イーロン・マスク、Twitterへの投資をめぐり集団訴訟を起こされる

イーロン・マスクは最近のTwitterへの投資をめぐり集団訴訟を起こされた。原告はSECへの通知の遅れにより、他の投資家を犠牲にしてマスクが金持ちになったと訴えている。

吉田拓史

イーロン・マスクは最近のTwitterへの投資をめぐり集団訴訟を起こされた。原告はSECへの通知の遅れにより、他の投資家を犠牲にしてマスクが金持ちになったと訴えている。

イーロン・マスクがTwitterの筆頭株主になってからまだ数週間しか経っていないが、彼の投資への対応を巡ってすでに集団訴訟に直面している。Twitterの株主は、SECへのTwitterへの投資の正式開示が11日間遅れたことについて、マスクに対して集団訴訟を起こした。

米証券法上、マスクはTwitterへの出資比率が5%になってから10日後の3月24日までにSECに書類を提出する必要があったが、4月4日まで提出されなかった。この遅れは特に重要ではないと思われるかもしれないが、1億5,600万ドルもの利益を彼にもたらした可能性がある。訴状によると、原告はこの利益は、同様に利益を得られなかった他の株主の犠牲の上に成り立っている、と主張している。

「マスクがTwitterの所有権を開示する必要があった2022年3月24日から、実際の開示が行われた2022年4月4日までの間にTwitterの株式を売却した投資家は、マスクの購入に市場が反応した結果、株価の上昇を逃し、それによって損害を受けた」と、訴状では述べられている。

訴訟を起こした株主によると、彼と他の投資家は、マスクの行動の結果、「人為的に萎んだ」価格で株式を売却したという。また、マスクは、「Twitterの5%の株式を取得したことを投資家に必要なだけ開示せず、重大な虚偽および誤解を招く発言と不作為を行った」と訴えている。

テスラCEOでTwitterを頻繁に利用するマスクは当初、Twitterの取締役会に参加することに同意していたが、マスクはTwitterのフォロワーに社名を変更すべきかどうかを投票したり、Twitterのサービスが「死につつある」のではないかと推測したりと、数日間に渡る奇妙なツイートをした後、この決定を突然覆した。