public

ソーシャルメディアの兵器化 各国軍隊と工作部隊がしのぎを削る現代的戦場 『「いいね! 」戦争』

ウクライナでの戦争や中東でのテロ、またはシカゴでのギャングの生活を作り変えたように、トランプが選挙に勝つために必要なルールの書き換えを成功させるためには、ソーシャルメディアが中心であったことが明らかでした。

6 months ago

Latest Post RISC−Vとは UCバークレー発「オープンソースの命令セット」 by Takushi Yoshida public

『「いいね!」戦争』(NHK出版)は安全保障、国際関係の専門家である二人が「ソーシャルメディアの兵器化」の脅威を一般に周知する目的で出版されました。著者のP.W. シンガーは史上最年少で米ブルッキングス研究所の上級研究員となり、ニュー・アメリカ財団の戦略家、国防総省および国務省、CIAの顧問を務めています。彼は一般書の出版をしており『ロボット兵士の戦争』『戦争請負会社』いくつかの本の著者でもあります。もうひとりの著者のエマーソン・T・ブルッキングは紛争とソーシャルメディアの専門家、最近では米外交問題評議会レジデントフェローでした。

本書の調査時期は、イスラム国家(ISIS)の台頭と重なっていました、とシンガーらは説明します。 彼らの最も強力な武器は銃や爆弾ではなく、ソーシャルメディアでした。彼らは巧妙に使用して、遠くの人々を恐怖に陥れ、約4万人の外国人をリクルートしました。本書の対象はISISにとどまらず、ウクライナでの戦いからメキシコでの麻薬戦争に至るまでの紛争でソーシャルメディアが果たしている役割も調査されました。

そして2016年の大統領選挙が行われ、調査してきたダイナミクスが、アメリカにも働いたことを認識した、とシンガーらは説明します。ウクライナでの戦争や中東でのテロ、またはシカゴでのギャングの生活を作り変えたように、トランプが選挙に勝つために必要なルールの書き換えを成功させるためには、ソーシャルメディアが中心であったことが明らかだったのです。彼はそれを使用して、注意を喚起し、虚偽情報を広め、古い選挙キャンペーンを圧倒する大規模なオンライン軍隊を組み立てました。彼らはLikeWar(いいね!戦争)は、ソーシャルメディアが戦争をどのように変えたかという話だけではないことに気付きました。それはまた、ソーシャルメディアがどのように政治を変えたかということでもあります。シンガーらは、戦争と政治の境界線はますます曖昧になった、と結論づけています。

シカゴのサウスサイドで非常に成功した新興ラッパーであったシャクオン・トーマスは、ギャングの抗争で死亡しました。彼はギャングの構成員であり、彼はInstagramとYouTubeで、ギャングスターたちとの関係を公に明らかにしていました。そのせいで、彼は、ライバルのギャングのメンバーによる暗殺未遂の対象にされました。2回の暗殺未遂を免れた彼は、YouTubeに大胆な新しいビデオを投稿し、基本的にこれらの人々に彼に再び来るよう挑発しました。「射撃の方法すら知らない」トーマスは「射撃手」というタイトルのビデオでラップしたのです。しかし、3回目の暗殺は成功し、彼は命を落としたのです。

ギャングの構成員が、敵対するギャングの構成員のFacebookアカウントに対し、荒らしをしたり、Instagramに挑発的なコメントを残したりすると、ギャングの抗争に大きな影響を与えます。ソーシャルメディアを通じた挑発のエスカレーションが、もはや特定の地域を争う当事者のギャングだけではなく、遠隔地にいる同じ系列のギャングにまで伝播するようになりました。

アラブの春は、おそらくインターネットとソーシャルメディアに関する技術楽観主義の最高点でした。しかし、権威主義者はそれらの性質と利用可能性を理解しました。

一つは、それらが、人々が考えていることと人々が言っていることを監視する新しい方法を与えるということです。トルコのジャーナリストはSedef Kabasは、Twitterに、今月注目度の高い政府高官の腐敗捜査に対し令状を発さなかった裁判官の写真を投稿し、18,000人以上のフォロワーに彼の名前を忘れないように伝えました。トルコの警察は、遵法している手続きにのっとらずにこれだけの理由で彼女を逮捕しました。

シンガーらは中国の信用スコアについても権威主義の監視に当たると指摘します。そして、ネットワークを駆使して人を監視するのは、ジョージ・オーウェルが想像もしていなかった方法であると指摘します。スコアは、あなたがしていることだけでなく、ネットワークの他の全員がしていることを反映しています。たとえば、あなたの兄弟がオンラインで共産党政権について十分に肯定的でない場合、あなたのスコアは下がります。これは本質的にテクノロジーを使用して、少なくとも中国では政府が望む行動に人々を導く方法です。

本書では、諜報の文脈のなかで、ネット内のオープンな情報を収集して事件の収集を図るOSINT(オープン・ソース・インテリジェンス)という手法が紹介されています。OSINTは長い歴史を持ち、最初に第二次世界大戦中に古典的な対人諜報(HUMINT)および傍受(SIGINT)から分離されました。戦略サービス局(今日のCIAの前身)の連合国のアナリストが、中立国であるスイスで入手可能なドイツの新聞の死亡記事を読むことでナチの犠牲者の数を把握できることを発見したとき、突破口が訪れました。戦争の終わりまでに、これらのアナリストは毎週およそ45,000ページの定期刊行物をカタログ化し、毎日500,000語以上のラジオ放送を書き起こしていました。

冷戦の終結とインターネットの台頭により、2000年代初頭までに、主要なOSINTプログラムの多くはシャットダウンされました。情報がオンラインで急速に広がりすぎて追いつかないことに加え、政策立案者は、OSINTに資源を割く理由はないと信じ始めたためです。長年にわたり、諜報機関のアナリストは、ソビエト連邦の地域で広大な更新された百科事典を維持するために努力していましたが、今やウィキペディアがあるのです。

ソーシャルメディアはOSINTに新しい息吹を与えたのです。本書では、Facebookの情報を抽出することで、イランのドローン企業のCEOの不倫を一時間程度で、発見した例が紹介されています。ソーシャルメディアは諜報機関が利用するための情報の宝庫なのです。Facebookの「いいね!」が平均して68あれば、人々の属性、性格、性的指向を見抜くことができますし、Big Fiveモデル(寛容性、誠実性、外向性、協調性、情緒安定性の5因子による性格モデル)で人々の性格に関する深い洞察を持つことができるともされています。心理的ターゲティングという手法を駆使すれば、通常の広告よりも人々に物品の購買を決意させる可能性が増えることも確認されています。これらの洞察を誤用したのが、ケンブリッジ・アナリティカでした。

Marcin Wichary from San Francisco, U.S.A. - Move fast and break things (CC BY 2.0)

「いいね! 」戦争 兵器化するソーシャルメディア  P・W・シンガー  (著), エマーソン・T・ブルッキング (著)

Takushi Yoshida

Published 6 months ago