public

ミニプログラム (小程序) の役割と市場規模

2017年1月に開始されたWeChatミニプログラム(小程序)はWeChatのインターフェイス上で即座に実行できる「サブアプリケーション」。2019年にWeChatユーザーはミニプログラムを通じて1150億ドルを費やした。超複合的なモバイルアプリの展開手法であるスーパーアプリ(SuperApp)の重要な構成要素である。

2 months ago

Latest Post べリングキャット: 公開情報からすべてを暴き出す新しいジャーナリズム by Takushi Yoshida public

2017年1月に開始されたWeChatのミニプログラム(小程序)はWeChatのインターフェイス上で即座に実行できる「サブアプリケーション」である。ユーザーはアプリストア経由でダウンロードしたり、アップグレードしたりする必要はない。世界中で毎日10億人以上のアクティブユーザーがいるWeChatの重要機能。2019年にWeChatユーザーはミニプログラムを通じて1150億ドルを費やした。超複合的なモバイルアプリの展開手法であるスーパーアプリ(SuperApp)の重要な構成要素である。

ミニプログラムは、その外観、機能、および目的のために多様だ。しかし、それらは、ゲーム、ニュース、ユーティリティ、Eコマースの主に4つの明確なグループに分類することができる。これらのカテゴリに必ずしも収まらない他のアプリもあるが、4分野がミニプログラムの大部分を占めている。

例えば、中国のUberと呼ばれる配車サービスのDidi Chuxing(滴滴出行)にはミニプログラムがある。これは、ユーザーがWeChatを離れることなく、携帯電話のアプリストアに行き、Didiのアプリがダウンロードされるのを待つことなく、乗り物を予約することができるというものだ。Didiのミニプログラムは、どのオペレーティング・システム上でもWeChat内ですぐに実行される。

QuestMobileのレポートによれば、2018年3月時点のミニプログラムの用途に見れば、ゲームが28%で最大。ライフサービス(生活服务、いわゆるサービス産業系)が13%、ショッピングが12%、観光が9%、実用ツール8%、資産運用・財テク7%と続く。

WeChatのミニプログラムが2018年の1年間で倍増したが、その主要因となったのは「跳一跳」というゲームの爆発的ヒット。2019年5月時点で、ゲーム分野の累計アクティブユーザー数で首位は「跳一跳」の3億8914万。IQサプリのような頭脳クイズの「成语猜(※正しくはけものへんに青)猜看」が1億4703万で2位。対戦クイズの「头脑王者」が1億3341万で3位。それ以下は、トランプゲーム「欢乐斗地主(日本語で闘地主と呼ばれる)」1億1285万、文字パズルゲーム「成语消消看」8304万。

ミニプログラム「跳一跳(テャオイーテャオ)」の画面。プレイヤーはタップ時間の長さで、ジャンプできる距離を調整して、ブロックを飛び越えていくゲーム。飛び越えた数だけ加点される、ちょっとした隙間時間にでもすぐに遊べるゲーム。

eコマースに集まる期待

Jisu App(即速応用)の報告書によると、2019年上半期のWeChatミニプログラムのGTV(取引総額)のうち、オンラインショッピングが全体の3分の1弱を占めている。

テンセントの2020年のミニプログラムの目標は「開発者がクローズドループで独自のビジネスを構築できるようにすること」だと、WeChatのオープンプラットフォームの副総経理であるDu Jiahuiは先週、広州市南部で行われたイベントの基調講演で語った。彼のチームはミニプログラム機能を担当している。

彼はミニプログラムのプラットフォームに、より多くのeコマースフレンドリーな機能を追加する計画を発表した。それらには以下が含まれる。

さらにWeChatは、ミニプログラムの開発者に、ライブストリーミング、商品のQRコード、カメラで物体を認識する技術の3つのモジュールを開放し、顧客とのエンゲージメント能力を高めることができると述べている。

ライブストリームの電子商取引は2019年に中国で飛躍し、市場規模は推定4400億人民元(838億ドル)に達している。2019 年11月11日のショッピングイベントでは、アリババのタオバオライブが200億元の売り上げを記録。アリババのタオバオライブの売上高は200億元で、アリババグループ全体の売上高の7.5%を占めている。

ビジネス規模

テンセントのWeChatチームは、2020年1月、2019年にミニプログラムで生成された総取引額が8,000億元(約12兆円)を超えたことを明らかにし、前年比160%の増加となった。

2017年に投入されたWeChatミニプログラムは、現在では毎日3億人以上のアクティブユーザーを集めている。2019年には、ユーザー1人当たりのミニプログラムの平均利用数は98%増加し、平均利用率は45%増加した。

ミニ番組サービスを提供しているJisu App(即速応用)の報告書(中国語)によると、8月の時点ですでにWeChat上では約240万個のミニ番組が運営されているという。

報告書によると、WeChatミニプログラムの累積ユーザー数は8億4000万人に達し、月間ライブユーザー数(MAU)は6億8000万人を超え、WeChatプラットフォームの月間アクティブユーザーの62%を占め、ユーザーの利用習慣が形成されているという。 Alipay(MAU4億人)、Baidu(MAU2億7000万人)のミニプログラムも追走している。

2018~2019年のBATのみにプログラムの推移。出典:Jisu App(即速応用)

Appleとの係争

WeChatを所有するテック大手のTencent Holdings Ltd.は、WeChatとAppleのアプリ内購入(IAPs)のための課金契約の複雑さのために、過去2年間でミニプログラムの電光石火のような成長を軽視しようとしてきました。

アプリ内購入とは、ユーザーがモバイルアプリケーション内で購入できる仮想の商品やサービスのことで、ユーザーが動画ストリーミングサービスに加入したり、オンラインゲームのアバター用のデジタルアイテムを購入したりすると、Appleは手数料を受け取る。

便利さとは裏腹に、ミニプログラムはAppleにとって問題となっている。問題は、WeChatが課金機能を巡ってAppleとの間で合意に達していない間、WeChatが機能を停止しているため、iPhoneユーザーがミニプログラムを介してIAPを行うことができないことだ。

WeChatにとって、ミニプログラムは大きな成長ドライバーとして機能する可能性がある(WeChatの月間アクティブユーザー数は11億人、中国には約14億人がいる)。

この対立の焦点は、Appleユーザーが今、アプリやIAPに費やしている数百億ドル。アプリインテリジェンス企業のSensor Towerによると、App Storeのユーザーは、2018年にアプリ内購入、サブスクリプション、プレミアムアプリで推定466億ドル費やした。

Tencent Cloudでの開発

テンセントクラウド(Tencent Cloud)は、開発者がミニプログラムを簡単に構築できるように、無料で信頼性の高い開発環境と本番環境を提供している。サーバサイドでは NodeJSPHPがサポートされている。WeChat DevToolsを使えば、サーバーとミニプログラムの両方を設定することができる。

クライアントサイドでは、JavaScript(Webの主要なプログラミング言語)のみをサポートしているが、TypeScriptやCoffeeScriptなど、JavaScriptにコンパイル可能な言語もサポートする。

また、WeChat Mini GamesのフレームワークがサポートしているJavaScriptのAPIなどを利用して、グラフィックやアニメーションを描いたり、リアルタイムレンダリングを行ったりすることもできる。Cocos Creator、Egret、Layaの中国3大ゲームエンジンメーカーがWeChat Mini Gamesをサポート。WeChat上のミニゲームの約50%はCocosエンジンを使用しており、2番目に人気があるのはLaya(25%)。今のところ、Phaser.js、Three.jsなどの人気のある海外のHTML5ゲームエンジンは直接サポートしていない。

参考文献

  1. Introduction | WeChat public doc - 腾讯
  2. 2019 Annual Report. Tencent.
  3. Randy Nelson. "Global App Revenue Grew 23% in 2018 to More Than $71 Billion on iOS and Google Play" Sensor Tower. Jan 16, 2019.
  4. Chen Mengfan and Jason Tan. "Apple, WeChat Tussle Over Mini Programs". Mar 13, 2019.
  5. Wei Sheng. WeChat mini programs: the future is e-commerce. Tech Node. Jan 15, 2020.

Photo by Tencent Media Library

Takushi Yoshida

Published 2 months ago