テック業界は厳しい2年の後AIで春を迎える:MicrosoftのナデラCEOが予測

Microsoftのサティア・ナデラ会長兼CEOは、テクノロジー業界は2年間の痛みに耐えないといけないが、人工知能(AI)のような新技術により、業界の長期的な成長見通しは依然として強いと述べた。

テック業界は厳しい2年の後AIで春を迎える:MicrosoftのナデラCEOが予測
2022年11月15日(火)、韓国・ソウルで開催された同社のイベント「Ignite Spotlight」でのMicrosoft Corp.最高経営責任者のサティア・ナデラ. Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

Microsoftのサティア・ナデラ会長兼CEOは、テクノロジー業界は2年間の痛みに耐えないといけないが、人工知能(AI)のような新技術により、業界の長期的な成長見通しは依然として強いと述べた。


「次の2年間は、おそらく最も困難なものになるでしょう。結局のところ、我々はパンデミックの間に力強い加速を経験し、その需要の正常化がある程度あり、その上、世界の大部分が不況に直面しています」とナデラCEOは先週行われたCNBCのインタビューで述べた。

テクノロジー企業はすでに、需要の鈍化と経済的圧力に対処するために、従業員の解雇を含むコスト削減を進めている。Microsoftは10月に人員削減を発表した。Amazonが1万8.000人、Meta Platformsが1万1,000人の雇用を削減している。Salesforceも最近、従業員の約10%、約7,000人を削減すると発表した。

雇用情報調査会社Layoffs.fyiのリサーチによると、2022年に1000社以上のハイテク企業が約15万4,000人の人員削減を発表し、2023年に入ってからは18社が1万7,000人以上を解雇しているという。

長期的に楽観視できる理由として、ナデラは、テクノロジー企業の提供価値が長期的に安定していることを挙げている。経済状況にかかわらず、ソフトウェアとデジタルインフラは、ほとんどの業界のビジネスにとって引き続き重要であるため、需要は軟化するものの、なくなることはないだろうとナデラは予測している。「全体として、技術職は実際に増えているのです。金融サービス、エネルギー企業、小売業、製造業で技術職が増加しており、長期的には、これらの産業で働くすべての従業員が、より多くの技術インフラを消費することになります」

楽観的でいられるもう一つの理由として、ナデラは、AIがコンピューティングの次の時代を促進すると主張している。「モバイルとクラウドが最後のパラダイムだとすれば、次は本当にAIになるでしょう。クラウドとモバイルが大きくなった2007年、2008年を思い出してみてください。AIに関しては、そのような段階にあると思います」。

ナデラは、OpenAIが11月に発表した機械学習による大規模言語モデル(LLM)のチャットボット・インターフェース「ChatGPT」を挙げた。この技術は幅広いユースケースで期待されており、グーグルの中核的な検索ビジネスを脅かす可能性についての憶測を呼び起こした。 Microsoftは検索エンジン「Bing」に統合すると報じられている。

Microsoftは2019年、OpenAIに10億ドルを投資し、同スタートアップと100億ドル規模の投資を行う方向で協議中であると報じられた。複数年にわたって資金を投入することになっているが、最終的な条件は変更される可能性がある、とブルームバーグが引用した関係者は語っている。

ナデラは2022年に一般利用可能になったGitHubのAIプログラミングサービス「Copilot」を紹介し、開発者がAIを使ってコードを書くのを支援できるようになった、と主張した。「ナレッジワーク、インフォメーションワーク、フロントラインワーク、ソフトウェア開発、すべてがAIによって変革されうる」とナデラは語っている。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)