株価上昇余地の大きい新興企業に即座に移動する米テック人材
シリコンバレーではユニコーン企業や上場企業等の大手の仕事を離れ、アーリーステージのライバル企業に賭ける労働者が増えている。Photo by Annie Spratt on Unsplash

株価上昇余地の大きい新興企業に即座に移動する米テック人材

シリコンバレーではユニコーン企業や上場企業等の大手の仕事を離れ、アーリーステージのライバル企業に賭ける労働者が増えている。レイトステージ(後期段階)スタートアップの企業価値の低下や新規株式公開(IPO)の現象が背景にある。

編集部

シリコンバレーではユニコーン企業や上場企業等の大手の仕事を離れ、アーリーステージのライバル企業に賭ける労働者が増えている、と米テクノロジーメディアThe Informationが報じている。レイトステージ(後期段階)スタートアップの企業価値の低下や新規株式公開(IPO)の減少が背景にある。

初期段階の新興企業では、IPOの停滞や大手ライバルの評価額の低下により、技術系社員の採用が容易になっている。好調時に入社し、ピーク時の株価に基づいた株式パッケージを受け取った技術者は、今年入社し、(下がった企業価値を反映した)より多くの株式や低い行使価格のオプションを受け取った同僚よりも立場が悪くなる可能性がある。

食料品配達サービスのインスタカートは、3月に企業価値を38%引き下げ、240億ドルとし、公開市場の企業価値と同程度にした。この動きは、新しい株式交付にもっと上値を与えることによって、採用や定着に役立つと期待していると述べている。

さらに、金利の上昇や、eコマースなどの分野で広く見られた成長率の鈍化は、成熟した企業の評価がすぐには回復しない可能性があることを意味している。

さらにIPOの停滞も、株式報酬やストックオプションの流動化までに時間を要するようにしている。コネチカットに拠点を置くIPO投資管理・調査会社ルネサンス・キャピタルの最近のデータでは、年初から市場デビューした米国企業は20社未満にとどまったことが明らかになっている。

これらを勘案すると、アーリーステージの新興企業で働くことがより魅力的に見えてくるという。また、シードラウンドの規模が大きくなる傾向にあるため、新興企業はより多くの資金を手に入れ、StripeやGoogleのような企業に負けないような給与を提案できるようになったようだ。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

主にシードやシリーズA段階の技術系新興企業を扱う人材紹介会社Build Talentの共同設立者であるJose Guardado氏は、The Informationに対して「計算された賭けをする人が多くなっている」と話っているという。同社によると、職務を満たすのにかかる平均時間は、2020年の約130日から現在は約110日に減少している。

米ベンチャーキャピタル(VC)のGeneral Catalystのエグゼクティブ人材担当パートナーで投資先企業の採用を支援するケイティ・ヒューズ氏は、The Inforamtionに対して「年間報酬が下がったことで、将来のアップサイドを求める意欲が高まった人がいる」と指摘している。

現在のアーリーステージの新興企業は、株式の魅力的なアップサイドに加え、調達する資金ラウンドが大きいため、以前より高い給与を提供することができる。アップルやマイクロソフトと同等の現金報酬を提供することはできないかもしれないが、その差は縮まってきている。

株価が上がらないと従業員を維持できないのは、未上場企業に限らない。アマゾンは、2021年にS&P500が27%上昇したのに対し、アマゾン株はわずか2.4%の上昇にとどまったことで株式報酬パッケージが魅力を失い、シニア従業員の大量離職に直面していた。最終的に基本給の上限を2倍へと増やすことで対応したようだ。

アマゾン、基本給の上限を2倍へ 16万ドルから35万ドル
アマゾンは、ブルームバーグが確認したメモの中で、7日に従業員に対し「今年は特に労働市場の競争が激しかったため、通常の年よりも大幅に報酬水準を引き上げることを決定した」と伝えた。