public

コロナが中国ライブコマース市場を急拡大させた

中国ではライブストリーミングも商品の売買手段として人気を集めており、中国のeコマース市場を急成長分野である。コロナウイルスの大流行によってライブストリーミングの採用は更に加速した。

16 days ago

Latest Post 欧州サッカークラブのAI活用が活発化 by Takushi Yoshida public

欧米諸国のライブストリーミングプラットフォームは、主にゲームやエンターテイメントを中心に展開しているが、中国ではライブストリーミングも商品の売買手段として人気を集めており、中国のeコマース市場を急成長分野である。中国の金融サービス会社エバーブライトセキュリティによると、2019年のライブストリーミングeコマース市場は約630億ドルの価値があり、これは同年の中国のeコマース総売上高(7兆2300億ドル)のほぼ9%、または消費財小売総販売額の約1%に相当する。

ライブストリーミングプラットフォームを利用した商品販売が、近年中国では盛んに行われている。中国消費者協会の報告書によると、2019年のライブストリーム電子商取引の市場は4,338億元(610億ドル)に成長した。その急速な成長は、コロナウイルスの大流行によってさらに煽られた。都市封鎖期間、人々が自宅で立ち往生している間にライブストリームを採用したことと関連があるとされている。

中国消費者協会の調査によると、ライブストリーミングショッピングの魅力は、オンラインショッピングに人間的な要素を導入することで、よりソーシャルでインタラクティブなものになり、顧客は商品をよりよく理解することができるということだ。当然のことながら、ライブストリーミングは、特に美容やファッション、食品、家庭用品などのカテゴリーにおいて、新製品、プロモーション、お買い得品を探している中国の消費者にとって、ますます重要な選択肢になってきている。

第三者のデータマイニング・分析会社iiMedia Research Groupのレポートは、2020年には、コロナウイルスのパンデミックによる使用量の増加に助けられ、ライブストリーム電子商取引の収益は2倍の9,610億人民元(1,360億米ドル)になると予想されている。

アリババ所有のタオバオライブには、この分野でいくつかの利点がある。先発企業としての優位性とは別に、淘宝網は中国を代表する電子商取引分野でもあるため、同社のライブストリーミング専用ユニットであるタオバオライブは、市場シェア79%を獲得し、ライブストリーム電子商取引プラットフォームのトップに躍り出た。

Source: iiMedia Research Group

5G技術や中国の国境を越えた電子商取引市場の成長により、成長の勢いは今後も続くと予想されています。昨年11月には、China Unicom、China Telecom 、China Mobileの3社が5Gサービスを開始した。現在、5Gを利用しているのは国民のわずか7%であり、成長の可能性は十分にある。「本格的な5G」はインターネットの速度を大幅に向上させ、ライブストリーミングコンテンツの品質を向上させると同時に、遅延を低減させることができるため、すでに世界最大のライブストリーミング市場である中国では、ライブストリーミングショッピングの人気が高まる可能性がある。

広州、済南、四川省、重慶を含むいくつかの都市は、一連の金銭的なインセンティブを通じて、この有利な市場を利用しようとしている。特に広州の花都区では、成功したインフルエンサーには最大50万元(7万ドル)の住宅補助金を、本土に上場しているEコマース企業には1,000万元(140万ドル)の報酬を提供すると約束している。広州は「中国のライブストリーミング電子商取引の中心地」になることを望んでいる。他の3都市はそれぞれ、オンラインとオフラインの収益を大幅に向上させるために、インフルエンサーの数を1万人増やすことを約束している。

タオバオライブ

Eコマース大手アリババが2016年に立ち上げた専用ライブストリーミングチャンネル「タオバオライブ」は、11月11日のアリババの2019年の「独身の日」期間中に200億元(28.5億ドル)の驚異的な流通額を生み出し、同社の流通総額(GMV)の約7.5%を占め、約2684億元(384億ドル)に相当する。

「See Now, Buy Now」( いま見ていま買う)のスローガンに沿って、タオバオライブでは、ユーザーがライブストリームを見ると同時に買い物をすることができる。放送局は様々なブランドと協力して、ユーザーに直接クーポンや割引を与え(テレビショッピングチャンネルに似ている)、消費者に買い物を促す。有名なライブ配信者やKOLの中には、一晩で何百万もの商品を売ることができるものもある。タオバオで最もホットなストリーマーであるViyaは、2019年のシングルズデーに4500万ドル以上の商品を販売し、そのほとんどは彼女の15時間のマラソンライブストリームの最初の2時間で販売した。キム・カーダシアンでさえも、彼女のブランドのKKWのフレグランスを宣伝するためにViyaのライブストリームに出演したことがあるほどだ。

ドゥイン(TikTok)

Douyinは、テック大手ByteDanceの支援を受けたTikTokの中国版で、現在中国で最もホットなショートビデオアプリで、デイリーアクティブユーザー(DAU)は4億人を超えている。電子商取引のライブストリーミングではタオバオライブに後れを取っているが、Douyinは市場の13%で中国で2位の座に就いている。大規模なユーザー基盤を持つDouyinは、中国の電子商取引において次の大きな存在になる可能性を秘めている。

コロナウイルスの感染拡大は、Douyinのライブストリーミングのブームを促した。4月1日、Smartisanの創設者であり、「中国の第一世代のインターネット有名人」の一人であるLuo YonghaoがDouyinでライブ配信を行った。3時間のライブ配信で4800万人の視聴者を集め、1億1000万元(約1550万ドル)以上の収益を上げた。

快手

中国で2番目にホットなショートビデオアプリのKuaishou(快手)は、2億人以上のデイリーアクティブユーザー(DAU)を抱え、アリババのTaobao Liveの79%、Douyinの13%に続く中国の電子商取引ライブストリーミング市場の8%のシェアを持っている。Kuaishouのライブストリーミングによる収益は2019年に300億元に達し、ゲームと電子商取引による収益の合計は数十億元に達したと報じられた。

快手のユーザーは、ほとんどが下層の都市や町から来ている。アプリには「老铁经济」または「同族経済」という非常に特殊なものがある。快手のライブ配信者は、購入者との親近感を醸成するために、視聴者のことを英語で「老铁」、つまり「ホーミー」と呼んでいる。快手の販売者は、地に足の着いたコンテンツやシンプルな商品を中心に販売している。例えば、中国の農家が快手を通じて農作物の販売をしており、直接都市部の消費者とコミュニケーションを取ることが可能になった。

参考文献

Yilin Chen. Trending in China: Cities Attract Livestreaming Celebrities and Influencers with Lucrative Benefits. Jun 17, 2020. Caxin Technologies.

Karen Hao. Live-streaming helped China’s farmers survive the pandemic. It’s here to stay. MIT Tech Review. May 6, 2020.

中国消費者協会. 「中消协:行业发展势头强劲,消费问题不容忽视」. 2020-03-31.

Image by Alizila.

Takushi Yoshida

Published 16 days ago