Google PlayストアとiOS App Storeの両方からFortniteが削除され、Appleに対して同様の訴訟を起こした数時間後に、Epic Gamesは独占禁止法違反の疑いでGoogleを提訴した。Epic Gamesの訴状は、Playストアでのグーグルの支払い制限が独占を構成しており、シャーマン法とカリフォルニア州のカートライト法の両方に違反していると主張している。

Epicの大ヒットゲーム「Fortnite」はGoogle Playストアから削除されていた。

アップルの訴状は、同社の象徴的な「1984年」の広告の説明で始まったが、グーグルに対するEpicの訴状は、今では有名になった同社の「Don't Be Evil」というマントラに焦点を当てている。「22年後、Googleはそのモットーをほぼ余談の域にまで追いやってしまった。そして、その大きさを利用して、独占するまでに成長した多くの市場で、競合他社、革新者、顧客、ユーザーに悪事を働いている」。

2つの主要な告発内容は、アップルに対するEpicの訴訟と同じだ。携帯電話へのソフトウェアの配信に対する独占的なコントロール、およびそのソフトウェア内の決済システムに対する独占的なコントロールを、独占禁止法違反の疑いがあると主張している。グーグルへの提訴では、EpicはAndroid アプリの販売代理店としての Google Playストアの強力な役割と、Play Store がホストされているアプリがアプリ内での購入にPlay Store Billingを使用することを要求していることを特に懸念している。

Androidでは、Epic社のEpic Games Appをはじめとするサードパーティ製のアプリストアのインストールが長い間認められてきた。また、アプリストアを介さずに、直接リンクを介してアプリをサイドロードすることもできる。

何年もの間、Android用のFortniteは、主にこの種の迂回路を通じて利用可能だった。係争状態が解け、フォートナイトのアプリは4月にようやくGoogle Playストアに復活していたが、再び係争が始まった。

Googleは、Androidアプリのための唯一の実行可能な配布方法としてPlayストアを確立したと主張している。 Androidデバイスを競争に開放するという約束にもかかわらず、Googleは、Androidユーザーにアプリを配布する競合する方法を排除する契約上および技術上の障壁を構築しており、Androidデバイス上のアプリストアからのアプリのダウンロードのほぼすべてをGoogle Playストアが占めていることを確実にしている。

Photo by Offcial GDC

Fortniteに学ぶオープン戦略:ビジネスをプラットフォームに支配されないために
インターネット産業のさまざまな場所にこのようなプロプライエタリな仕組みが適用されているが、その外側に脱出する術をTimはUnreal EngineとFortniteの成功という形で示したのだ。
フォートナイトが採用するゲームの最新型収益化モデル
世界の2億5000万人の若者がFortnite(フォートナイト)というゲームの中で人とのつながりを育んでいる。TwitchやDiscordのような付随するコミュニケーションツールも発展。SNSやメッセージングアプリは上の世代のためのもので、若者はクラウド上に構成されたゲーム空間に移動している。
フォートナイトは次世代のデジタルプラットフォーム?
フォートナイト、ハウスパーティ(Houseparty)などを運営するエピックゲームズについて話し合いました。フォートナイトは3Dのソーシャルメディアの特徴を持ち、ゲーム内通貨やアイテムへのアクセス権等を通じて収益化する新時代のデジタルプラットフォームと目されています。