Uberのソフトウェアエンジニアが会社の方針に反して、Uberが市民立法を試みる、ギグエコノミー労働者を請負業者と規定するための法案「Proposition 22」に反対票を投じると、TechChrunchに寄稿して波紋を広げている。

カルフォルニアでは、AB5と呼ばれるギグワーカーを正規雇用に分類する法律が昨年成立したが、これにより事業の継続性が危ぶまれるUberやLyft、ドアダッシュは1億1,000万ドルを拠出し、AB5を無効化するProposition 22の市民立法を目指している。市民立法はカルフォルニア州の制度で、大統領選挙時に並行して投票を行う仕組みをとる。

UberとLyftは、ギグワーカーを正社員化した場合、事業継続が不可能との考えを示していた。このため、社員がProposition 22に反対するのは会社の考えと正面衝突することだ。

寄稿者のサンフランシスコオフィスのモバイルソフトウェアであるカート・ネルソンは、学生時代にLyftの運転手を経験し、現在もギグ・エコノミーの実情を知るためフードデリバリーをしているという。

「これらの経験から、ギグ経済の重要な要素に気づかされました。Uberが機能しているのは、安くて速いからだ。予約をして、数分後に車が現れたときにすぐに満足感を得られることは、私たちにコントロールの感覚を与えてくれます。友達の家や食料品店、空港に行くのにボタンをクリックするだけで行けるのは、世界で最も便利なことだ」と彼は寄稿のなかで書いている。「しかし、数え切れないほどのドライバーたちが、完全に無給で車に座って迎えを待っているだけで、個人的な時間を費やしているからこそ可能なのだということが、私には明らかになってきました。労働者はその自由な労働力で製品に補助金を出しているのです」。

ネルソンは平均的なシリコンバレーのテクノロジー企業従業員と異なり、ディズニーランドでの接客からピザの配達まで、福利厚生のない低賃金労働の経験を豊富にしている。

彼は、たった3分間のビデオ会議で、COVID−19のパンデミックの真っ只中に3500人の労働者を解雇した件を挙げて、Uberには労働者のことを気にかけない文化が浸透していると非難している。

「Uberのドライバーは全員パートタイムだという誤解がある。多分、彼らは定年後の趣味として運転しているのだろうし、私がそうだったように、大学の授業の後に数時間運転しているのかもしれません。こうしたドライバーは存在するが、Uberのビジネスに欠かせないドライバーはフルタイムの労働者です。サンフランシスコ市が5月に発表した調査では、市内のギグドライバーの71%が週30時間以上働いていることがわかりました。これらのドライバーが大半を占めています。カリフォルニア州の法律では、雇用主は週30時間以上働くすべての労働者に手当を支給することが義務付けられているため、日雇いドライバーの71%は現在、州が求める手当を受けられていません」

Lyftドライバーとしての経歴がなければ、雇用主の主張を額面通りに受け入れていたはずであり、彼らのビジネスモデルは他の企業と同じで、利益を増やすために何があってもコストを削減するというものだ、と彼は雇用主のUberを非難している

彼は、擁護団体「Gig Workers Rising」の組織化を手伝う間に、Uberのドライバーに何人かと話す経験ができたという。「サンフランシスコの生活費が高いことは誰もが知っていることだが、彼らはしばしば最低賃金以下で何とかしようとしています。私は、車の中で寝泊まりしたり、たった一度の医者の予約で経済的に破滅するリスクを冒したり、命を救う薬を飲まずに行かなければならないドライバーに会ったことがあります。UberのProposition 22は、これらの労働者の権利を否定しようとする数百万ドルの努力です」。

ネルソンは、Uber、Lyft、DoorDash、その他のギグエコノミー企業の従業員が、毎日あなたの製品を利用しているドライバーと知り合いになるよう求めている。

サンフランシスコ連邦地検がドアダッシュの運転手を従業員化する差止命令を要求
サンフランシスコに拠点を置くフードデリバリーサービスのドアダッシュ(DoorDash)は、労働者を独立した請負業者ではなく、従業員として扱うよう差し止め命令に直面する最新のギグエコノミー企業になる可能性がある。


Image by VoteNoOnProp22 on Twitter: "Drivers deserve a living wage and benefits. Pay up @Uber #StrikeUberLyft… " via Twitter.