SPACは好ましい投資先か?

SPACは決してコストがかからないわけではなく、その構造が一般的に株主に希釈化をもたらす。例えば、従来のIPOと同様に、SPACは「スポンサー」と呼ばれる中間業者を介在させる。

SPACは好ましい投資先か?

SPACは決してコストがかからないわけではなく、その構造が一般的に株主に希釈化をもたらす。例えば、従来のIPOと同様に、SPACは「スポンサー」と呼ばれる中間業者を介在させ、SPACのIPOを立ち上げ、合併相手企業を探し、合併条件の交渉を行い、合併を完了させるのに十分な資金を調達するという作業を行う。スポンサーが2年以内に合併を完了させなければ、IPOの収益は利子付きで株主に還元される。この苦労と引き換えに、スポンサーは取引のカットを取る。それはIPO株式の通常20%で、合併が通過すると、会社と一般株主の持ち分を希釈化して新株引受権(ワラント)が執行される。

株主は、提案された合併が発表されると、自分の株式を償還する権利を持っている。そのため、特に償還額が大きい場合、スポンサーは合併を完了するのに十分な資金があることを確認するために、自社の現金をより多く投入するか、PIPE(パブリック・エクイティからの私募増資)などの他の投資家への誘因を提供することで、20%の株式の一部を手放すことになることが多い。しかし、スポンサーによる希薄化リスクを考え、SPACの構造の他の側面と同様に促進することを考えると、SPACが従来のIPOよりも平均的に安いかどうかは不明であり、すべてのIPOに対して安いというわけではないことは確かだ。概ね高い。

どれくらいの投資家がSPACの資金を償還するか

フロリダ大学教授ジェイ・リッターらが行った研究では、償還の分布は二峰性の傾向があるという。償還額(最初にユニットのために支払われた10ドルに利息を加えたもの)が株式の市場価格よりも低い場合、株主は償還しない。しかし、市場価格が償還額を下回っているのであれば、償還した方が得だ。つまり、相場を見ただけでは、基本的にはどの株主も同じ判断をすることになる。2010年から2018年までのすべてのSPACを含むケースのうち、リッターらが調べた多数のケースでは、ほぼすべての株主が償還を選択しているという。

SPACは好ましい投資か?

「SPACは好ましい投資先か?」という質問に答えるためには、SPACのライフサイクルには、合併前と合併後の2つの期間があることを認識することが重要だ。IPOから合併が完了するまでの期間、あるいは合併が発生しない場合はSPACの清算までの期間において、2010年以降のSPAC IPO投資家の平均リターンは9.3%であった。SPACのIPOは基本的にデフォルトフリーの転換社債に似ていることを考えると、この高いリターンは非常に低リスクでもある。デフォルトフリーであるのは、資金がエスクロー口座に預けられ、投資家はいつでも償還を選択できるからであり、転換社債であるのは、魅力的な合併が実行された場合にアップサイドがあるからだ。このようなリターンと属性を持つヘッジファンド投資家のコアグループ、いわゆる「SPACマフィア」が喜んで購入したのも不思議ではない。

しかし最近になって、より幅広い投資家がSPAC市場に参入してきた。このような投資家の需要の高まりは、上場しているSPACの価格に現れている。歴史的に、SPACは1株10ドルで上場し、その価格で取引されてきた。しかし、2020年には、SPACの価格は通常、上場直後に急上昇し、平均して10ドルの上場価格よりも1.6%高くなった。また、2021年の最初の2週間には53のSPAC IPOが上場され、これまでの3年間で最も多くの銘柄が上場され、その上場価格は平均で6%以上も上昇した。

合併前のSPACの魅力的なパフォーマンスとは対照的に、合併後のSPACのパフォーマンスは期待外れで、私の計算では、IPOの翌年には、より広範な市場を24%下回っている。しかし、より広くIPOと同様に、過去のパターンは将来を予測するために頼ることはできない。企業、投資家、市場が一般的にSPACの経験を積むにつれ、合併後のリターンパターンは少しずつ変化し始めている。例えば、Virgin Galactic、Luminar、DraftKingsのような最近のSPACの合併のリターンは非常に良いものだった。投資家はそれぞれの案件を独自に評価しており、これは今後も変わらないと思われる。

SPACの冷静な見方
SPACは未上場企業にとって株式公開のための安価な方法であるが、SPACの投資家がそのコストを負担しているだけであり、これは持続不可能な状況である。プロセスの中で33%の現金が消え、合併後の株価が平均で3分の1以上下落する。
SPACの基本構造
これは、Ramey Layneらの「Special Purpose Acquisition Companies: An Introduction」(2018)の抄訳。全訳ではない。SPAC調査のメモとして作成したが公開することにした。
SPACは時限爆弾
「裏口入学」のおびただしいコスト

Photo: "Trading Floor at the New York Stock Exchange during the Zendesk IPO"by Scott Beale is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

参考文献

Klausner, Michael D. and Ohlrogge, Michael, A Sober Look at SPACs (October 28, 2020). Stanford Law and Economics Olin Working Paper No. 559, NYU Law and Economics Research Paper No. 20-48, Available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=3720919 or http://dx.doi.org/10.2139/ssrn.3720919

Top of MIND, The IPO SPAC-Tacle. Goldman Sachs Global Macro Research. January 28, 2021.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)