過熱するリチウム争奪戦

リチウムイオン電池はこの30年間で97%安くなった。性能も改善した。その結果、採用が爆発的に増え、再エネ産業の鍵となった。原料のリチウムの争奪戦はかつてないほど過熱している。

過熱するリチウム争奪戦
"FMC-Argonne project could expand use of company's lithium technology"by Argonne National Laboratory is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

要点

リチウムイオン電池はこの30年間で97%安くなった。性能も改善した。その結果、採用が爆発的に増え、再エネ産業の鍵となった。原料のリチウムの争奪戦はかつてないほど過熱している。


中国の電池大手・寧徳時代新能源科技(CATL)は、バンクーバーに本社を置く鉱山権益会社Millennial Lithiumに3億7,700万カナダドル(約325億円)での買収を提案したと、ブルームバーグが関係者の話として伝えた

Millennial社は9月8日、名前を公表していない外国のリチウム電池生産会社から、1株当たり3.85カナダドルの未承諾の非拘束提案を受けたと発表していた。今回のCATLの提案は、7月に中国のGanfeng Lithium Co.がMillennial社を3億5,300万カナダドル(1株当たり3.60カナダドル)で買収すると発表したのに続くものである。

9月8日に発表された声明によると、Millennial社はガンフェンに対し、新たな提案を優れた提案とみなすことを通知し、ガンフェンに既存の契約を修正するための時間を9月27日まで与えた。つまり、これはオークションに近い形であり、より高い入札があったため、応札するか決める権利がガンフェンに付与された。

ブルームバーグの報道によると、洛陽モリブデン(洛陽欒川鉬業集団股分有限公司)もMillennial社の入札に参加することを検討しているという。

Millennial社は2005年3月に設立され、アルゼンチンのサルタ州にあるPastos Grandesリチウム塩水プロジェクトの探査と開発に注力している。同社は現在、炭酸リチウム換算で約412万トンの資源を保有している。

中国自動車電池革新連盟が今月初めに発表したデータによると、CATLの今年1月から8月までのパワーバッテリーの設置台数は37.9GWhで、中国での市場シェアは49.7%。

今回の動きは、中国の新エネルギー自動車産業が急速に成長している中で、原料に対する飢餓感を反映したものだ。リン酸鉄リチウム電池の需要が飛躍的に増加する中、供給が不足している。9月10日現在、中国におけるリン酸鉄リチウム原料の平均価格は、1月初旬の37,000元/トンから69%上昇し、62,500元/トンとなっているという。

電池の製造と鉱物のサプライチェーンの両方を支配しているのは中国だが、主要な鉱物をいかにして確保するかは深刻な問題となっている。電池の材料となるリチウム、コバルト、ニッケルなどが不足している。

リチウムイオン電池の価格は30年間で97%下落した

このように需要が急騰した要因として、リチウムイオン電池の性能が著しく向上し、価格が著しく下がったことが挙げられる。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のMicah ZieglerとJessika Trancikは、論文の中で、リチウムイオン電池の実質価格は、エネルギー容量で換算すると、1991年の商業化以来、約97%下落していると主張している。1992年から2016年の間に、エネルギー容量あたりの実質価格は、全種類のセルと円筒形セルの両方で年率13%減少し、累積市場規模が2倍になると、全種類のセルで20%、円筒形セルで24%減少したと推定される。

この現象の背景には、規模の経済がある。電池の生産量が増えれば、生産者は工場建設の初期費用を分散させることができ、サプライヤーに対する影響力を利用して重要な投入物の価格を下げることができる。また、コスト削減にはイノベーションも重要だ。ZieglerとTrancikは、特許出願による技術的ノウハウが2倍になると、価格が40%下がることを発見した。

電池の改良は今後も続くはずだ。現在、リチウムイオン電池パックの平均コストは、1キロワット時あたり約140ドル。BloombergNEFによると、目標は1キロワット時あたり100ドルで、その時点でEVはガソリン車と本質的なコスト競争力を持つことになる。電池メーカーは、今後数年以内にこの目標を達成することができると考えられている。

蓄電池の普及も進んでいる。アメリカでは、2020年に過去最高の1.2ギガワット分の蓄電設備を導入した。また、オーストラリア、ドイツ、サウジアラビアでも、大規模なグリッドスケールプロジェクトが計画されている。したがって、リチウムイオン電池の需要は今後も拡大していくでしょう。そして、価格は下がり続けるはずだ。

もちろん、リチウムへの依存に業界は警戒感を抱いている。リチウムに代わる電池素材の探求は世界中の研究室で進められている。

例えば、CATLは8月に発表した新型のナトリウムイオン電池は、エネルギー密度でリチウムイオン電池に敵わないものの、実験室で計測された性能が量産化に耐えうるものなら、発電施設や住宅に併設される蓄電池としての用途が見込まれている。

CATLの破壊的なナトリウムイオン電池は「本物」か?
蓄電などエネルギー密度が高くなくてもよい領域で潜在性

あるいは、テスラ元幹部とMIT教授が創業したフォームエナジーはリチウムではなく鉄をベースにした空気鉄二次電池を開発している。この技術は、リチウムイオンよりもはるかに低コストでエネルギーを貯蔵することを目的としているが、空気鉄二次電池は、リチウムの競争相手ではなく、補完的な技術として期待されている。フォームエナジーリチウムと空気鉄が一緒になれば「低コストで信頼性の高い再生可能エネルギーの発電所とシステム一式」を作ることができると主張した。

火力発電を消滅させる破壊的な蓄電池
再エネを正当化する発電所併設型蓄電の鍵

参考文献

Ziegler, Micah & Trancik, Jessika. (2020). Re-examining rates of lithium-ion battery technology improvement and cost declines.

📨ニュースレター登録

平日朝 6 時発行のAxion Newsletterは、テックジャーナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。

[平日朝6時]デジタル経済の動向をまとめるニュースレター
あなたのビジネスや人生のための「先知」を提供します。

株式会社アクシオンテクノロジーズへの出資

一口50万円の秋のラウンドに向けて事前登録を募っております。事前登録者には優先的に投資ラウンドの案内を差し上げます。登録は以下のからメールアドレスだけの記入で済みます。登録には義務は一切ともないません。すでに100人超に登録を頂いています。

【2021年秋】(株)アクシオンテクノロジーズ個人投資家ラウンド事前登録
登録を頂いた方には優先して投資ラウンドのご案内を行います。

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無給、現在も月8万円の役員報酬のみでAxionを運営しています。

  • 投げ銭
Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.
  • ウェブサイトの「寄付サブスク」ボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルを支援できます。大口支援の場合はこちらから。
  • 毎月700円〜の支援👇
デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Kinoco, Masatoshi Yokota,  Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 黒田太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca, TAKEKATA, Yuki Fujishima.